読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

チームしゃちほこ ZIP!春フェス

https://instagram.com/p/0ssBBJmrtT/

今日の現場はここでした。

基本情報

感想

最近思うのは、しゃちほこの現場の楽しさってのはもはや遺伝子レベルで刷り込まれてるものに訴えかけてるんじゃないかということ。大袈裟に聞こえるのはわかっているけど、そう思わずにはいられない無条件の楽しさがここにはある。
最高に楽しすぎました。

色々あって、俺のしゃちほこ以来2ヶ月以上ぶりとなってしまったしゃち現場。楽しみにしていないわけがなく、久々に野菜生活体操ジャージに袖を通して戦闘体勢モードに。
とはいえ、整理番号は1500番台なのでどうしたもんかな、と整列しながら考える。しかも、ナオト・インティライミファンが多いのか、5割以上が女性客。こりゃー気をつけないと迷惑でしかない客になるな、と前を狙うかどうするか悩んでいた。
すると入り口付近で友人たちと合流することができ、友人たちも悪い番号ということで、一緒に後方で沸くことにする。その方が迷惑にもならないし、なにより動ける場所がある。
というわけで、下手の最後方付近に位置取り。ステージが高いせいもあって非常に見やすくてよかった。周囲はほとんどが女性客でした。

ZIPのアナウンサー2人のMCから、トップバッターのダイスケ登場。
申し訳ないことにまったく知らないアーティストだったのですが、良かったです。包み込むような温かい雰囲気のシンガーでした。後で友人に聞いたらご年配の女性ファンも多くいたらしく、それも納得。嫌味のない、ストレートな歌詞とメロディは聴いていて心地よかったです。
ファンの方たちの見方というか聴き方もとても好感が持てました。

さて、続いてはしゃちかな、と思っていたらなんとビックリきゃりーですよ。
なんだかんだで昨年の6月以来4回目のきゃりー。下手なアイドル現場より見てるなw
今回も楽しませてもらいました。新曲の『もんだいガール』は聴きたいな、と思っていたしやるだろうとは思っていたけど聴けてよかった。
そして、4回連続で『にんじゃりばんばん』の振り指導を受けw、これまた4回連続で『ファッションモンスター』での締め。フェスでの定番なんだろうな。
毎回きゃりーは楽しいんだよねー。そして振り指導あって振りで動いたのでいいウォーミングアップになった。

いよいよしゃちです。一応周囲に子どももいたので、「申し訳ありませんが少々騒がしくなります」と一言お断りを入れる。皆さん「どうぞどうぞ」と言ってくれたのですが、その表情が始まったら一変驚きに変わってたw

久々に聴く出囃子。もうこれを聞くと勝手にアドレナリン出る身体になってる。菜緒ちゃん登場で当然のようにジャンプして、いつものしゃちほこポーズからの、『エンジョイ人生』キター!!!
友人たちと、今日は『エンジョイ人生』聴きたいと話していた矢先の一曲目に『エンジョイ人生』ですから、いきなりトップギア
そしてイントロのうりゃおいで周囲が引く引くw あー、こういう感覚久しぶりだな、とか思ってましたけどw

一曲目での『エンジョイ』はホントヤバイ。武道館思い出すってのもあるし、このギターイントロ聴くだけで湧き上がってくるものがある。周囲がうりゃおいで腕を前後する中で、振りコピで左右に振りつつ、最初の菜緒ちゃんの「もうちょいやりたいこともあるし」で早速推しジャン。
正直、最近本気の推しジャン現場行ってなかったので飛べるかどうか心配だったけど、しゃち現場で菜緒ちゃん目にしたら身体が勝手に飛んでくれた。
柚姫の「だけど勉強だって大変だったり 色々ツラいこともあるもんだ それが現実」も聴けたし(このパートの柚姫が大好きなんです)、最高だった。そして大サビの菜緒ちゃんソロで飛びまくり。しゃち現場はまだまだ飛べるから本当に幸せだ。

一曲終わってMCと自己紹介あるかなーとか思ってたら、いきなり聴きなれぬイントロ。聴きなれぬ、ってことはあれしかないですね、まさかの『天才バカボン』でしたよ。
ただ、個人的にはこの曲にはあまり期待はしていなかった。原曲をリアルに聴いている世代(さすがに初回放送ではないけど)だし、あれをどうアレンジしたって限界あるだろうな、と。
楽曲的には、もちろんあの『天才バカボン』なんだけど、一言で言えば緩急がスゴい。というかある意味緩急だけの曲。しかし、その「急」に関しては完全にしゃち曲でした。それは驚きだった。しゃち曲になってる、ということはつまり楽しい、っていうことです。
そして、全国のほーちゃん推しの皆様はほーちゃんの「これでいいのだー」で萌え死んでください。私も危なかったぜ…。
しゃちオタさすがだな、と思うのは2番になったらもうある程度振りコピできてるってことだよねw まあスタダ現場にはありがちだけどw

そんでもって次が『colors』ですもん。バカバカしい曲からの一転ロック。個人的には超アガりました。推しジャンしどころがあるってのももちろんあるんですが、この曲は各メンバーの聴かせどころが多くて好きなんだよねー。菜緒ちゃんは言うまでもなく、特にちゆと柚姫。サビのちゆだけパートと、ラストの柚姫が最高に好きです。菜緒ちゃん推しなんだけど、いつもは柚姫のラストパートでは推しジャンしちゃうくらい好き。今日は後ろに柚姫推しの友人がいたので遠慮しましたけど。
あと、しゃちにしては珍しくステップワークが多くて、それも好きだし、今日は動けるスペースがあったのもよかった。

そして、ここからはもう怒涛です。全く休みなく『777』キタコレw
しゃがみで周囲をまたもドン引きさせますが、そんなことに構ってられません。こちとらしゃち現場に飢えてたところに『777』ではじけないわけにはいきませんよ。後方だったのでしゃがむ余裕があるところでよかった。
たがしかし、大サビの菜緒ちゃんソロの辺りでは飛びすぎで既に膝がきつくなってきてました。

きゃりーが7曲だったんで、しゃちも6曲か7曲あろうな、そしてアンセムはあるだろう、と思っていたところに『アイドンケア』ぶち込まれて、あ、これは殺しにきたパターンね、とw ぶっちゃけ『アイドンケア』の2番のサビ辺りではもう死にそうになってたw

ここでようやくゆずがマイク持って話始めたからMCなのかな、と思ったら「いくぜー」で『アンセム』。もう笑うしかないし、やるっきゃないw 

最高に疲れたけど、最高に楽しかった。初参加のフェスで自己紹介もMCもほぼなし。攻めのセトリに、バカボン初披露。やってくれたよ!
メジャーシングルはバカボンだけ、しかもそれ初披露。エンジョイとcolorsというロック系を見せたかと思えば、777で一般客を困惑させ(しゃがみは皆唖然としてた)、アイドンケアとアンセムで暴れまくり。爪痕残す、それに注力したセトリだったなあ。

最終的には私の周りの他のアーティストファンも777では、まーえうしろまーえうしろを小さく真似たり、アンセムでは腕を前後させたりしてたから、巻き込み成功だと思う。私らのことも驚いてはいたけど笑いながら見てくれてたしね。まあ、ドン引きの人もいましたけど。

頭を空っぽにして心底楽しめるこの現場の感覚は、やっぱりしゃちならではだなあとあらためて思った。場数のせいももちろんあるけど振りコピも推しジャンもコールも勝手に身体が動いてくれる。だから止めようがない。それがあれだけの集団で行われるんだから巻き込まれるなっていう方が無理だと思うw

ほーちゃんが「しゃちは踊る現場だから」と言っていたけど、より精確には「参加する現場」なんだと思う。もっといえば「参加せずにはいられない現場」か。振りコピであれコールであれ、しゃちや周囲と一緒になってライブに参加するあの感覚。しゃちにとっての一番の強みはそこにあると思う。

今の自分にとってはしゃちとドロシーが現場で得られる満足感の双璧なんだけど、明らかにその性質は違って、しゃちはパフォーマンスを楽しむのと参加するのが5:5に近い割合の楽しみで、ドロシーは8:2くらいでパフォーマンスを楽しんでる。その違いがまた自分にとってはいいんだよな。

楽曲もダンスパフォーマンスもそれこそアイドルだからビジュアルも大切だけど、この「周り中を巻き込む力」ってのは、教えてできることでもないし、簡単に真似できるものでもない。他の部分(ビジュアル以外)は訓練でレベルを上げることは出来ても、「巻き込み力」に関してはなかなかそうはいかない。
そういう意味で、しゃちは他のアイドルにはない唯一無二の武器を持っていると思います。

今日はホントに楽しかった上に、超久々に推しジャンで、菜緒ちゃんから目線(と半笑い)もらうというラッキーもあった(と思い込むスキル)ので最高でしたわ。菜緒ちゃん推しジャンには滅多にレスくれないからなあ。ちょうど、菜緒ちゃんが箱馬乗って上から見下ろす位置がゼロズレだったのも幸運だった。久々だったせいもあるし、あまりに菜緒ちゃん追いかけすぎて他のメンバーの記憶あんまりないくらいに菜緒ちゃんに幸せにしてもらいました。上手最前の爆レスもらってた人達にはとても敵いませんが…。

とまあ、あまりにも激しく興奮して自分の中にあるものを全て出し切ってしまい、おまけに右膝は痛い、という状況になり、とりあえず休憩、とロビーに出て休んでいたら、たまたまロビーで桃太郎さんに会ったので、今日のセトリは誰が考えたんですか?と聞いてみたら「店長じゃない?」というお返事でした。初参加のフェスでこの攻めのセトリは個人的には最高だな、と。

やりきった感に包まれて満腹だったのは私だけではなかったらしく、友人たちも「もうこれ以上なにも入ってこない」ということになって惜しいとは思いつつもナオト・インティライミが始まったのを横目に見つつ会場を後にしました。
実際問題、今のこの満たされた感覚には何も夾雑物を混ぜたりしたくなかった、というのが本音でした。
ナオト・インティライミの盛り上がり見てたら惜しくはなったけど、それで余計に記憶の上書きするのを恐れたのもあった。

後で聞いたらナオト・インティライミのラストでしゃちメン出てきたってことだったんですが、それはもうアンボルデクリスマスの時と同様、おまけみたいなもんで、それが見れなくとも全然満足だった。

そんなわけで久々のしゃち現場はもう最高で、久々に会うことのできた菜緒ちゃんも最高で、それ以上何を望むっていうね。
今週末の札幌には行けませんが、来週の赤坂BLITZは運よく夜の部を当てたので一週間後にしゃちに、菜緒ちゃんに会えると思えばそれだけで頑張っていけそうです。

追記:

ライブの後にMCとのトークがありました。さすがにしゃちメンも息を切らしていたので息が整うのを待ってからのトーク。ZIPを持ち上げまくるいつものDDぶりを見せつけw(それを臆面もなくやれるところがしゃちのいいところ)、柚姫の「ZIPに出て食レポしたい」発言から、MCがZIPのエンタメコーナー内での生ライブを是非、という話になったので、近いうちにあるんではないでしょうか。観覧ありにして欲しいなあ。

それと、ちゆが今日の感想を聞かれて「今日の会場はブロックが細かく分かれててジェットコースターみたいで」という謎の発言w 誰一人理解できず、最終的には菜緒ちゃんが「スミマセン、ちょっとあの子頭弱くて」でオチにするという展開w 同じくだりがもう一回あったりして、マジガチでもそうですが、最近ではすっかりちゆがアホの子としてオチ担当になりましたな。かつては柚姫の位置だったのにw

そういう意味では少しずつ役割というか立場も変わっているのかもしれませんね。

セットリスト

ダイスケ
1. ?
2. ?
3. ?
4. あなたしかできないこと

きゃりーぱみゅぱみゅ
1. もったいないとらんど
2. ファミリーパーティー
<MC 振り指導>
3. もんだいガール
4. CANDYCANDY
<MC 振り指導>
5. にんじゃりばんばん
6. インベーダーインベーダー
7. ファッションモンスター

チームしゃちほこ
0. 出囃子
1. エンジョイ人生
2. 天才バカボン
3. colors
4. トリプルセブン
5. アイドンケア
6. 抱きしめてアンセム

ナオト・インティライミ
1. おまかせピーターパン
2. 今のキミを忘れない
3. いつかきっと
4. The World is ours!
5. カーニバる?
※残念ながら観覧はしていません

諸情報

  • チケット:6,400円
  • 座席:アリーナオールスタンディング(下手最後方付近)

その他所感

今日はもう所感も何もないね。最高に楽しかった、それだけ。
あとは、久々に友人たちと感想戦できたのもとても楽しかった。本当にいい夜でした。

あ、でも周囲のお客様にご迷惑をかけていたら大変申し訳ありませんでした。もし、楽しんでいただけたのなら何よりです。

 

ZIP!春フェス2015 無事終了しました!!ダイスケさん、きゃりーぱみゅぱみゅさん 最高のパフォーマンスでした!桝さんは・・・!?最後はナオトさんとチームしゃちほこの皆さん、そして会場の皆さんが一緒になってジャンプ!!とにかく大盛り上がりでした!!この春フェスの模様は、明日のSHOWBIZ TODAY、そしてSHOWBIZ BRAVO!のコーナーでたっっっぷりとお伝えします!!お見逃しなく!!

Posted by ZIP! on 2015年3月26日