読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

チームしゃちほこ シャンプーハット発売記念FreeなLive @ららぽーと柏の葉

http://instagram.com/p/vvgYuIGrp3/

本日のパネル。

基本情報

感想

地元駅の始発に乗って、柏の葉キャンパスに着いたのが6時35分。おそらくこの時点で300人から400人くらいが並んでいたのではないだろうか。
個人的には『いいくらし』のリリイベの時のラクーアラゾーナに比べたら、というかあれからのしゃち人気の高まりから予想したよりは少ない人数だな、と思った。

友人と合流して、10時まで駐車場に並び続け(さすがに結構寒かった)、10時になって先頭から観覧エリアへの入場当落の抽選を引く。ほとんど全当みたいなもんだったようですが、何枚かは「はずれ」も入っていたみたい。
私は無事に「あたり」を引いて観覧エリアへ。特に整理番号などはなく、そのまま観覧エリアの場所取りになったので、今回のレギュレーションは早い者勝ちであった。なので、別行動で最も早い始発で到着した友人たちは優先エリア後ろの最前が取れたらしい。
ちなみに徹夜組は最も早い始発組の後ろに回されたそうだ。

観覧エリアに入って、握手券希望者はCD購入列に並ぶ。今日は、暖色チーム(ほーちゃん、ちゆ、ゆず)、寒色チーム(菜緒ちゃん、柚姫、ハル)の2チームに分かれており、CD1枚購入で1チームと握手。購入制限は一人2枚までだったので、2枚買えば全員と握手できる、というわけで2枚購入。

10時半過ぎには観覧エリアの場所を取って、ということになるので、ここから開演の12時半まではひたすらこの場所で待ち続けることになる。友人と交互でトイレに行ったり休憩を取ったりしつつ、12時半までひたすら待つ。我々は400番目くらいだったので、さすがにいい場所は取れず、階段のCブロック辺りに陣取る。すり鉢状になっているとはいえ、ステージの高さが低いので、前の人の頭でステージが隠れてしまい、正直あまり良く見えない。なので、今日に関しては視界は諦めモード。
また、後ろが女性だったこともあり、推しジャンもセーブすることに決めた。自分ルールで10回までは飛んでいい、というルールは組みましたが。

開演30分前になってメンバーが客席の脇を通って登場。混乱は起きずに済んだ。そして、ハルが歩いている! その姿をみて沸き立つ観客。ただ、ステージ上では椅子に座ってのパフォーマンスでした。それでもハルが元気に歩いて皆の声援に応えている姿を見れただけでも嬉しかったなあ。

リハーサルは、『エンジョイ人生』を2コーラス、『シャンプーハット』をフルコーラスでした。

本番は5分くらい押したかな。出囃子から全員登場、いつもならしゃちの掛け声からすぐに曲に入るところだが、今日はいきなりMC。初めての経験かも、こういうパターンはちょっと記憶にない。
今日は天気もいいし、ららぽーと柏の葉に人も沢山集まったから、皆でいい汗かいちゃおうか、という流れからいきなりの『ピザです!』まったく予想してなかったw
さらには『そこプレ』で、いきなりいい汗かいちゃいます。

次のMCでは、シャンプーハットについて曲の説明をする菜緒ちゃん。しかしはたと途中で、「聴いたことある人ー?」と質問してほぼ全員が挙手。「あ、フリーライブだから知らない人もいるかと思って詳しく説明したけど、ほぼほぼ皆知ってたね」w
まあフリーとはいえ、通りがかりに見れるもんでもないしなw
その流れでそのまま『シャンプーハット』。

次のMCでは告知コーナー。
鯱詣が一般発売して即完売。ツアー大阪は追加席が今日から発売。そして12月13日、代々木公園でのイベント開催ですね。代々木公園イベントは店長が拡散キボンヌだそうです(ゆず談)。
そこからはちゆの煽りで「暴れたいよねー。ちゆは暴れたいなー」と来て「ここから4曲連続いっちゃうよ!覚悟はいい!」ということで4曲連続、しかもラスト2曲が『アイドンケア』と『アンセム』ですよ。超盛り上がったわ。

ラストのほーちゃん「踊って汗かいたらみんな忘れちゃったと思うんで、もう一度告知を復習します」といいつつ、ほーちゃんが全部忘れて結局全部人に言わせてたなw ほーちゃんらしいとしかいいようがない。

フリーライブにも関わらず7曲。しゃちらしい、と思って満足していたが、実際はこれでは終わらなかった、というのが最後になってわかる。

とまれ、ここからは握手会、ということでメンバーはいったん控え室に戻って、20分くらいの間があってから握手会に入りました。
美味しいものは最後に食べたいタイプなので、菜緒ちゃんをラストに、ということでまずは暖色チームに並ぶ。

暖色チームの順番、ちゆ→ゆず→ほーちゃん。5秒で肩叩き、というレギュレーション。
今日は全員コンディションも最高で、可愛さ半端なかった。どうしようもないくらいに可愛かったね。全員推したいレベルだわー。

ちゆにはいきなり「反抗期のちゆ、こんにちは!」と入ったら、さすがのちゆも意表を突かれたようで、握手の手を揺らしながら「ちがうもーん!」。そのちょっとすねた感じの笑顔がまた最高に可愛かった。我ながらいい仕事したと思いましたw ちゆの頭のお団子が大きくて可愛かったんで、お団子大きいねえ、髪伸びたんだ、と言ったら「そうだよー」とお団子アピールするちゆが猛烈に可愛かった。

今日のゆずは正直特筆すべき可愛さ。白い肌がツルツル。ホントに可愛くなったね。横浜での鍵開けした青推しです、と言ったら「あー!」とは言っていたけど覚えてるかは不明。ブログ楽しみに読んでるよ、と伝えたら「メッチャ嬉しい!ありがとう!」と返ってきた。私自称ゆずブログオタなんでね。

ほーちゃんには、さいたま最高だったよ、でも直接言うね、誕生日おめでとう!と言ったら「わーい、嬉しいーありがとー」とほーちゃんの最高の笑顔をいただきました。脳内金庫に永久保存です。

そして寒色チーム。順番は、柚姫→ハル→菜緒ちゃん。5秒で肩叩きは同じ。
ここで奇跡起きる。寒色チームの握手、次の次が自分というところでメイク直しタイムになり、目前で繰り広げられるメイク直しとわちゃわちゃ。それを5分近く見ていられた。最高過ぎてもはや何も言えん。
ハルの髪に櫛を入れる柚姫、ハルにリップ塗ってもらう菜緒ちゃん、抱き合ってわちゃわちゃする柚姫とハル。いずみさんたちと笑って話する菜緒ちゃん。それをずっと目の前で見てた。私の前に並んでいた人(知らない人である)とも「これは素晴らしい時間ですね」と互いにニヤけながら話す。ずっと「いいわー、これいいわー。このまま時間止まってほしいわー」と呟いていたせいで、周りのスタッフやいずみさんには「いい感じにキモイですね」という表情で笑われる。
さらにこの間、暖色チームには幼稚園児くらいの女の子二人が握手に並んでて、それにちゆとゆずとほーちゃんが食いつき、三人が仲良くテーブルに顔寄せて子供向かって「カワイイー」と叫ぶ姿を目にすることができたわけですが、ハッキリ言って、そういう風に顔寄せて並んでる君たちの方がカワイイよ!w
まさかの神タイムでした。

柚姫は向こうから「それ野菜生活体操ジャージじゃんw」と話かけてもらった。まあ、この格好で柚姫と会うの四度目だけどなw
こっちが、最近の柚姫はキレイになりすぎで困るよ、と言ったら、こちらがハルに流れるのに合わせて柚姫も横に流れてきて、ハルに「だって!むふー」と言いながらハルの頬に顔寄せる姿がもうたまらんかった。ハルは「ハイハイ」と流してましたけどもw あれだけ喜んでもらえれば本望だ。

ハルには、今日は、ハルが立った!と嬉しくなったよ、と言ったら「クララじゃないんだからw」と百点満点の答えをいただきました。ハルもこういう返しが出来るようになったのだねえ、オッサン嬉しいよ。

んでもって菜緒ちゃん。菜緒ちゃんにだけは緊張してしまって軽口叩けない。ので、今日は菜緒ちゃんに会えて最高に嬉しいよ、と言ったら菜緒ちゃんこっちの目を下から真っ直ぐに見据えて、「ありがとう。こっちも嬉しいよ。また会おうね」ですもん。ああもう菜緒ちゃん私はもう壊れてしまいそうでダメでごわす…

あー、菜緒ちゃんには、大ライス!と言おうと思ってたのに忘れてた!
メイク直しタイムで感動しすぎて頭空っぽになってたよ! あーもう失敗したわあ(そこまで悔やむネタではない)。

全握は久しぶりでしたが、この一年というか10か月で何度も握手をしてきて思うのは、彼女たちの可愛さ、美しさには磨きがかかりすぎ。ホントにもう今日は頑張って来た甲斐があった。そして、やっぱりまだまだ会いたいなあ、と切に願う。大きくなっても会える存在でいつづけて欲しいなあ…

いったん、我々も休憩に入って、握手の感動を友人と分かち合って一息つく。
で、再度会場に戻ると、列がだいぶ短くなっており、最後の挨拶までそのまま待つことにする。
暖色チームの鍵締めも寒色チームの鍵締めも知り合いだったのはナイショだ。あの二人いったい何分喋ってるんだ…っていうか何枚積んだんだよ…(※最後には購入枚数制限がなくなってたので何枚買ってもOKでした)。

で、握手が終わって待っていたら、挨拶だけでなく、なんとおまけの2曲が追加です!
それも、ほーちゃんの「ペンライト持ってる人いるー? いたら出してー」ですよ。これは!『もーちょっと走れ!』しかない! 私の一番好きな曲! アガりまくり!
さらにはラスト、菜緒ちゃんの「ねー、なんか寒くない? 菜緒動いて暖まりたいー」からの『乙女受験戦争』ですよ! なんだこの最後に待ってたユートピアは! たぶん現場は今日イチ熱かったと思います。

最後の挨拶。イルミネーション三段オチ、第一弾。
柚姫「今日は遅くまでありがとう。陽が落ちるのも早いから途中でイルミネーションが点いてキレイだったね」
(ここでオタからの柚姫の方がキレイだよ、コール)
「えー」と照れる柚姫に萌え死。

イルミネーション三段オチ、第二弾。
ちゆ「イルミネーションみたいにみんなの笑顔が輝いてたよ」
オタ「おおー!」
ちゆ「うっそぴょーん」
オタ「ええー!?」

イルミネーション三段オチ、第三弾。
ハル「イルミネーションなんかよりも、お前らの笑顔の方がキレイだぜ!」
オタ「うおおぉー!!」
ハル「一度言ってみたかったんだ、カッコいいセリフ」
ハルか菜緒ちゃんにしか言えないよな、この手のセリフ。

そんなこんなで長い、そしてとても素晴らしい一日が幕を閉じました。
早起きして寒い中我慢して、長いこと立って疲れたけど、本当に、本当に行ってよかった。

握手会終わって、挨拶に入るまでの時間、先に終わって休憩に入った寒色チームを待つため、ほーちゃんゆずちゆがマイクなしで「ちょっと待っててねー」と大きな声で呼び掛けてくれる姿。一番疲れているのはあの子達なのに、我々に向かって一生懸命に呼び掛けてくれるその姿に感動した。

ほーちゃんはさらに、「店長? 店長はねえ、あっちにいっちゃった。せいねんかん?」と報告する姿が可愛すぎて死んだ。ハイ、死んだ。

結果的に、彼女たちは延べ4時間以上握手をし続けたことになります。その姿にみんな感動してました。疲れているだろうに笑顔を絶やさず、リアクションし、おまけに最後に2曲も歌ってくれました。

本当に、本当にありがとう。そしてお疲れ様でした。

最高の一日でした。

セットリスト

0. 出囃子
<MC>
1. ピザです!
2. そこそこプレミアム
<MC>
3. シャンプーハット
<MC>
4. エンジョイ人生
5. colors
6. アイドンケア
7. 抱きしめてアンセム

~握手会後~
8. もーちょっと走れ!
9. 乙女受験戦争

諸情報

  • チケット:フリーライブ
  • 座席:オールスタンディング(優先エリア最前列のみ着座)
  • 全員と握手

その他所感

最後の挨拶で、ほーちゃんと菜緒ちゃんが、オタである我々と運営に対して、言葉は違えどおそらく同じ意味の、信頼と期待とを込めて伝えようとした言葉がとても大切だと思ったので、うろ覚えですが書いておきます。

ほーちゃん「しゃちは昔からフリーイベントの後、握手とか撮影会の後に最後になんかやるんだろう、と期待されてて、私たちもスタッフさんも今回は何をやってやろうか、と考えるのがとても楽しくて、大好きなの。だから、これからもそういうことができるしゃちでいたいなあ、と思っています」

菜緒ちゃん「私ね、最後の曲(乙女)の時、その辺に座って歌ってたの。最近はね、大きなところとかでも歌わせてもらえるようになって、それは嬉しいんだけど、こういうゆるいしゃち現場が少なくなっちゃった。でも、これからもしゃちらしくこういう現場も続けていきたいなあ、と思いました」

ほーちゃんと菜緒ちゃん、言葉は違えど、オタに対しては、こういう現場を続けていけるように問題を起こしたり、周りに迷惑をかけたりしないでね、というメッセージであり、運営に対しては、私たちからこうやってファンと一緒になって楽しむ場を奪わないでね、というメッセージに私は勝手に感じました。

メッセージというと重く固く聞こえるかもしれないけど、とにかく二人が、いやおそらく六人が全員、こういうファンとの交流イベントを楽しみに、大切に思ってくれているんだなあ、ということがとても嬉しかった。

アイドルとファンとの信頼関係で成り立つ現場、ゆるいことも笑って受け入れられ、それを一緒になって楽しめる、そういう現場はやっぱり楽しいし、気持ちがいい。しゃち現場がこれからもそういう現場であることを切に願います。

 

シャンプーハット

シャンプーハット