読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

もしもしにっぽん FESTIVAL 2014

基本情報

  • アイドル名:たくさん(公式サイト参照)
  • 開催日:2014年9月28日(日) 12:00開場 13:00開演 20:00終演
  • 開場:東京体育館

当日の行動

※セトリについてはわかる範囲で記入。情報があればお教えください。

1. SUPER☆GiRLS(もしもしステージ)※2曲で移動

2. DIANNA☆SWEET(以降全てにっぽんステージ)

  • SPIDER LOVE
  • GO AHEAD
  • キミは誰推し!?白状しチャイナ!

3. アイドルネッサンス ※2曲で移動

  • ミラクルをキミとおこしたいんです
  • 初恋

4. predia

5. Cupitron

6. CAMOUFLAGE

  • リアルキニナルガール
  • ドメスティック夏ガール
  • 夏恋一番乗り

7. Una

8. GALETTe

  • She is WANNABE!
  • G
  • ダンスフロア☆フィーバー

9. Yun*chi

  • Your song*
  • Wonderful Wonder World*

10. 武藤彩未

11. 南波志帆

  • たぶん、青春。
  • プールの青は嘘の青
  • 髪を切る8の理由。

12. NEKO PUNCHI

13. Luce Twinkle Wink

  • 刹那ハレーション

14. ANNA☆S

  • 人生!本気(マジ)もったいないよ!
  • だって LOVE ME DO
  • 恋予報

15. つりビット

  • 踊ろよ、フィッシュ
  • 恋愛戦線異常あり
  • 真夏の天体観測

16. 山口活性学園

  • Overture
  • イグニッション
  • 長州SEVEN
  • カーニバル
  • IDREAM
  • Closer

17. Cheeky Parade ※1曲目途中で移動

  • チィキイファイター

感想

昼まで別件が入っていたので、ゆとって13時45分頃に到着。いきなり中には入らず、既に特典会が始まっているANNA☆Sの特典会の様子を見に行く。まだ結構並んでいたので間に合いそうだな、ということでCDを買いに行き、特典券をもらって再び特典会会場に向かったらなんと特典会終わってた…。ショックで呆然としていたら、ちょうど宣伝チラシ配りながらANNA☆Sメンバーが歩いてきたので「特典会終わっちゃった?」と聞いたら、杏奈ちゃんが「ごめーん終わっちゃったの!」と答えてくれてある意味直接話ができたのでこれも特典じゃね?
とりあえず「来週のつりビットイベント(ANNA☆Sも出る)で!」とご挨拶した。リリイベとかのその日しか使えない特典券ではなくANNA☆Sの特典券だったから別の機会に使えるのかなコレ。使えるといいな。

で、ちょっと傷心で柵に座りながらおにぎり食べてたら目の前でYun*chiがインタビュー撮影してた。ホントにすぐそこで、何度か「後でライブ楽しみにしてます」と声かけようと思ったんだけど、結局できない小心者です。

ようやく中に入ったら、ちょうどにっぽんステージでスパガが始まるところで、『花道!!ア~ンビシャス』がかかったからこれは見ないと、と思って慌ててアリーナへ移動。この曲好きなのよね。周囲にあわせてコールしたり振りコピしてたら、隣で見ていた外国人女性が、「この女の子たちはなんというグループですか?」と日本語で聞いてきたので、思わず「スーパーガールズです」と思いっきり日本語発音で答えてしまった。ちょっと恥ずかしい。
女子力まで聞いて、そういやDIANNA SWEET見たかったんだと思い出して慌ててにっぽんステージへ移動。

幸い10分遅れで進行していたので、DIANNA SWEET最初から見れた。TIFの時よりも良かった。可愛いしね。ちょっと衣装が黒すぎるのは重い感じするかな、と思ったけど。

アイドルネッサンスもちょいと興味はあったので見てみた。噂に聞いていたようにレベル高い。年齢に見合わないくらいパワフルだし。にしても村下孝三の初恋カバーしてるのはちょっと驚いたけど。

入ったばかりだというのに先は長いことを思い出して、またいったん外に出てタバコ休憩。特典会会場が外のせいもあって、結構普通にアイドルが歩いてた。
友人と合流してフードチケット使ってクレープを食べた。どうでもいい情報。

再びにっぽんステージに戻って、しばらくは後方で楽しむ。ハコが小さいから後方でも十分見やすい。あと、オタ芸のスゴイ人を初めて見てビックリした。

CAMOUFRAGE終わりで前に移動したらなんかスルスルッと前に行けてしまい、気づいたら3列目にいた。前にいた知り合いが「前過ぎるからちょっと後ろ行きます」と入れ替わってくれたので、GALETTeからは前から2列目。しかもドセンターです。おまけに最前の人がセンター挟んで並んでたからセンターゼロズレ最前になってしまった。おかげでGALETTeからもレスもらっちゃった。

Yun*chiの時もゼロズレだから『Your song*』メッチャ楽しかった。新曲もよかった。リリイベ始まるらしいから他の現場と被らなければ是非聞きにいきたい。

そして本命ともいえる武藤彩未さん。まさか彩未さんを最前ゼロズレで見れる日がくるとは…。あまりの感動にポーっとしてしまったほど。今日の彩未さんも最高に可愛くて、クワトロの時から髪が伸びてて前髪パッツンで超カワイイ。
一曲目に『A.Y.M.』は意外だったけど、『Seventeen』、『RUN RUN RUN』で盛り上がって、ラストはまた『交信曲第1番変ロ長調』と意外なところできた。
個人的には『宙』が聴けなかったのは残念だったけど、次の機会を楽しみにしよう。というか、こんな距離と位置で彩未さん見れるなんて二度とあるかどうかわからないので、頑張って眼に焼き付けました。

南波志帆さんはそれまでのアイドルがアゲアゲできてる中、スローテンポなしっとり系で聴かせてくれた。最後の『髪を切る8の理由』はとてもよかった。トークも軽妙だし、また聴く機会があればいいな。

次のNEKO PUNCHIはインパクトあったわー。最初にベース持った男性と謎のダンサー(?)男性が入場してきて、「おや?」と思ったら続いてスタイル抜群のセクシー外国人美女(ピンキー)が登場。決して露出が激しいわけではないのに、滲み出るセクシーさで眼のやり場に困りました。なので、聴きながら10秒ごとにピンキーから眼を逸らしてダンサーの男性見てたんだけど、こちらの踊りのテンションがまたおかしくて、初めて見たにもかかわらず3曲の間まったく飽きなかった。コール合戦も含めて楽しかった。

Luce Twinkle Wink☆からも目線、指差しメッチャもらってしまいました。最初気に入って見ていたのが紗希ちゃんだったんですが、そのうち幸乃ちゃんが目線と指差しくれまくったのでそっち見るようにしてみました。優しくしてくれるアイドルは大事にしないとね。

で、第二のメインイベント、ANNA☆Sとつりビットという俺得する流れがきました。
今日はつりビットタオマフだったので、優奈ちゃんにはタオマフ見られないように首から腰にタオル移動して入場を待ったら、三人がタオル持って登場したので、「あ、コリャタオル曲あるな」とこの時点で覚悟は決めました。
一曲目『人生!本気(マジ)もったいないよ!』で一気に盛り上げて、『だって LOVE ME DO』で可愛さを見せてくれて、『恋予報』でタオル振って会場熱くする、という流れ。LOVE ME DOで指差しもらえなかったのは残念。
まあ、ANNA☆Sの場合はほぼ最前のこの時よりもこの前のリリイベの方が近かったので、がっつきすぎずに楽しむことが出来ました。優奈ちゃんにはつりビットタオルバレたかもしれないけど…。

で、つりビット。この時はまごうかたなき最前ドセンター取れてました。いやもう最高だわ。しかし逆に近すぎて、みーちゃんとさくちん(二人推しなのです)見ようとすると、左右に首を振るしかなく、当然その度にセンターのちゃんあやに目がいく。するとちゃんあやが目線くれる、という流れになり、ちゃんあやに結構視線持って行かれた。この距離でちゃんあやの可愛さ見たらそうそう視線外せないって…。
それでも退場時にみーちゃんに声かけたら手を振ってもらえたし、やっぱ最前最高。あゆたんもなっちゃんも可愛かった。来週はさすがにこの距離では見れないんで、一足先に貯金した感じです。

山活とチキパの時は後方に移動して見てました。山活は、というか愛媛勢も含めてなぜこの地域のグループはMCなしで一気に曲を通すのか。そのパワフルぶりはホントにスゴイ。この日も息をつく暇もなく一気に駆け抜けた感じです。

さすがに疲れたのと帰りの混み具合を避けるため、チキパを見つつ退場。なんか私がチキパ見るときはいつもあの衣装なんだけど、他の衣装が見たい。正直あの衣装はあまりよくないと思います…
帰りがけもしもしステージではちょうどきゃりーぱみゅぱみゅがやっていたので見たくもあったんですが、混雑具合を見てそのまま会場を後にしました。

そんな感じで今回のフェスも多いに楽しめたわけですが、最前はやはり神ですな。彩未さんとつりビットをあの距離で見ることができるなんてなんて幸せな一日。特に彩未さんはその癒しオーラパワー(こう書くと怪しいな)受けまくって浄化されたような気持ちにすらなりました。

Yun*chi南波志帆、NEKO PUNCHIなどこの手のイベントでしか見れないアーティストも見ることができたし、こういうイベントはまたやって欲しいですね。

セットリスト

当日の行動にわかる範囲で記入予定。

その他所感

このイベントは日本の「KAWAII」を外国に発信する、という名目があったので、外国人は無料で参加できるイベントでした。そのため、かなり外国人の方々が多く、私が見た限り皆さん楽しんでいたし、スパガの名前を聞いてきた外国人女性からもわかるように、興味津々でした。そういう意味ではイベントの趣旨的には成功だったのではないかと。
まあ、KAWAIIを展開したファッションブランドのブースとかは近寄れませんでしたけど。

会場が東京体育館ということもあったのかもしれないですが、さすがにあの入退場の動線はちょっとどうなんだ、と思いました。私は最後までいませんでしたが、おそらく最後は相当ヒドイことになっていたと思います。
やはり運営としてはそういうところまで気を遣って欲しいな、と。ただ、バイトの方々は好感の持てる方々が多かったです。そこはとてもよかった。

諸情報

チケット:3,500円(フードチケット付)チケットぴあ
座席:オールスタンディング(一部スタンド席)

関連リンク



関連動画