読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

ベイビーレイズ 虎ノ門道場 #54

基本情報

感想

ベイビーレイズの武道館一万人署名の期限が9/20までと聞いて、TIFや@jamでも署名の機会はなくはなかったんですが、うまくタイミングが合わず延び延びになっていたのでなんとか署名したいなと、思い切って虎ノ門道場に行ってみることにしました。

虎ノ門道場とは、ベイビーレイズが所属するポニーキャニオン本社の1Fイベントスペースで行われるフリーイベントで、基本的には毎週木曜日にやっているものです(他のイベントなどとかぶらなければ)。
フリーということもあり、署名ついでに参戦してこようと虎ガーでもないのにお邪魔してきました。

署名締め切り直前ということもあり、普段よりも人は多そうで、整理券的には300ちょっと出てたんじゃないかな。椅子席が50ほどあり、あとはその後ろに立つ形。300人は入れてました。
私は280番台だったのでかなり後ろ。でんちゃん狙いで下手に回ったんだけど、人の頭でほとんど見えず、角度の関係で逆になおすけとりおトンがよく見える結果に。まあそれはそれでよかったけど。

タイミングがタイミングだけにもっとピリピリとした空気になるかと思ったんですが、いつもどおりな感じ(初めて行ったけど過去動画とかと比べての話)で、この日も普通に稽古が始まりました。

武道館署名で熱くなっている皆の頭を冷やそう、ということで「怖い話でクールダウン」というテーマでメンバーがそれぞれ怖い話(怪談)を話す、というなんとも季節外れな企画w

話す順番は、リコピン→りおトン→でんちゃん→なおすけ→まなっちゃん(だったと思う)。
まあ、いわゆる怪談を話すわけですが、それはそれ、オチがイマイチだったり、なんだかんだで怖くはならないのでした。
それでも、うまいことオチで誤魔化した感のあるでんちゃんが優勝。御祓いグッズもらってました。
個人的にはりおトンの笑い声が一番怖かった。あれはそのまま効果音として使えるレベル。

で、その後ライブタイム。
前の着座席はこのとき立ち上がっていたのかどうかよく見てなかったというか見えなかった。
2曲やって、アンコール後に1曲。これが毎週フリーで見れるならありがたい話である。
TIGER SOUL』は先週やってしまったと知っていたので、聴けなかったのは残念だが、まあ仕方なし。

その後、退場時にメンバーとハイタッチでお別れ、と接触までついてくる(毎回なのかは知りません)。お得なイベントだわホント。

しかしこの日の私は署名をしにきたわけで、なんと署名する人は会場に残らされて、ハイタッチが終わった後に署名する、ということに。ちょっと恥ずかしいぞ。まあ100人くらいいたからよかったけど。
署名組は全員とはハイタッチできず、メンバーぞれぞれが署名用ノートを持っているので、誰かのところで署名して、そのメンバーとハイタッチ、というレギュレーション。しかも誰かは選べない。空いた列に誘導される。
結果として私はりおトンのところでした。りおトンに「ギリギリになっちゃってゴメンね」と伝えたら「んー全然全然」とサバサバと対応されたので、ちょっとだけ寂しかった。キャラ的に絡んでくれると思ったのに。
できればでんちゃん狙いと思っていたのはナイショだ。まあ、りおトンでも不満はありませんが。

そんなこんなで約一時間のイベントなんですが、これがフリーというのは本当にお得。彼女たちも完全にホームだから力もいい具合に抜けててトークも楽しいし、ライブまで聴けちゃう。
虎ガーでもないのにとても楽しんでしまったので、無事に署名一万人を突破して、今後も虎ノ門道場続けて欲しいですね。正直また遊びに行きたくて仕方がない。

ひとまず来週については虎ノ門道場あることが発表されてるんで、お時間のある方は是非行ってみては。まあ平日の18時半から(開場は18時10分から)というのは社会人にはなかなかハードル高いですけど。
私は来週名古屋なので行けませんが、次に行く時は頑張って着座席かその後ろの立ち見最前を狙いたいものです。

セットリスト

1. ロックオン・ダーリン
2. ぶっちゃけRock'n はっちゃけRoll
EN1. ベイビーレイズ


諸情報

  • チケット:フリー(先着で着座、その後は立ち見)
  • 座席:下手後ろで立ち見(整理番号280番台)
  • ハイタッチ:りおトン 

自虎紹介 (初回限定盤A)

自虎紹介 (初回限定盤A)

 
ベイビーレイズ

ベイビーレイズ