読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

nanoCUNE 「悲劇のマッチョマン」リリース記念イベント ミニライブ&サイン会 @タワーレコード秋葉原店

http://instagram.com/p/ybvmogmrpa/

タワレコアキバで見てきました。かなり久しぶりだったけど良かった。

基本情報

  • アイドル名:nanoCUNE(大原歩、門田茉優、西岡亜弥実、木下こころ)
  • 開催日:2015年1月29日(木) 18:00開始
  • 開場:タワーレコード秋葉原店 イベントスペース

感想

約5ヶ月ぶりのnanoCUNE。空け過ぎ。まゆちゃんに顔向けできん。

ライブが始まるまでに流れてた今回のカップリング曲『放課後の奇跡』がとてもよかった。

4人登場で、やった!今日は新曲のマッチョマン衣装。なかなか見れないと聞いていたのでこれはラッキー。しかもまゆちゃん三つ編み。可愛いー。俺得。
あゆちゃんますます背が伸びた気がする。そしてただでさえ小さい顔がさらに小さく見えるよ。

最初が『テンプラ』だったので、知っている曲だったのでこっちも上がりやすかった。今日は被せは強めだった気もするけど、場所の問題もあるだろう。つりビットの時もそうだったし。

2曲目の『可憐に咲く、マーガレット』は初めて聴く曲だったけど、やはりnanoらしい曲で、狭いステージ(段差はないけど)でも相変わらず場所移動が激しくて人の頭の中の間から見てる身としては今誰がどこにいるのかわからなくなりまくり。
初めて聴く曲ってのはこういうところが困るね。

で、3曲目が表題曲の『悲劇のマッチョマン』。これは歌詞をちゃんと聴きたいというか読みたいなあ。振りがまたタイトルらしく、nanoらしい力強い振りになってて、最前の人が力入れて振りコピしているのを見てまゆちゃんが笑顔になっているのがとてもよかった。

PV早く公開して欲しいですね。早く見たい。

まあでもやはりnanoCUNEに関しては、激しいコールと推しジャンありの現場で見た方がもっと楽しめるんだろうなと。まあ他のアイドルの場合でも大概そうですけど。
なので、もう一回くらいどこかでリリイベ行っておきたい。

特典会はあまりに久々(色んな意味で)だったので、腰が引けて今回はパスしました。30秒あるのは長くて嬉しいっちゃあ嬉しいんだけど、話す内容とか決めておかないと逆に苦しむ。今日は師匠もいなかったので、特典会の最初だけ見てから会場を後にしました。
あゆちゃんがピンクのヘアピン付けてたのがとても可愛かったです。

おそらく今日は運営側から推しジャンとコール禁止の注意があったからだと思うのだが、nanoCUNE現場とは思えないほどの平和(?)な現場であった。
それでも名前コールのところでは面白いことにそれぞれ一人ずつくらいがコールしてて、これがそれぞれTOだったりするのかしら、自然とTOだけがコールできるようになってたらスゴイな、とか思ってました。

セットリスト

1. テンプラ
2. 可憐に咲く、マーガレット
3. 悲劇のマッチョマン

諸情報

  • チケット:フリー
  • 特典会:今回はパスしました

その他所感

タワレコアキバはステージがないので、身長の低い私のような人間には見るのがとても辛い現場である。なんとかならんものか。
そんなせいもあってしっかり見ることができなかったのでレポが淡白でスミマセン。

 

悲劇のマッチョマン(初回限定盤A)

悲劇のマッチョマン(初回限定盤A)

 
悲劇のマッチョマン(初回限定盤B)

悲劇のマッチョマン(初回限定盤B)