読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

私家版 アイドル楽曲大賞 2016

本家が発表になったので、私家版も公開しておきます。

どうしても推し現場が多くなりますし、楽曲マニアでもないので、まあ、順位とかはあんまり気にしないでください。

  • 第1位 Cheeky Parade『SUPER STAR』
これを1位にするのは自分くらいじゃないかと思ったりもしますが、ひょんなことからYouTubeで流れ着いたこの曲にドハマリして、結果的には今年一番再生してしまった(YouTubeも音源も)のだから1位にせざるを得ない。
推しグループでもないのに1位ってのもどうかとは思いますが、気に入ってしまったものは仕方ありませんね。
チキパらしくない、可愛らしい歌詞と振りの曲ですが、そこかしこにチキパらしいダンスが取り入れられているのも魅力。
自分はアイドルとファンの関係性を歌った曲が大好きなのですが、この曲も実はよく歌詞を見るとそういう部分が臭わされてて、それがまたちょっとニクイ。
とにかくカワイイし、いろいろと妄想できる曲なので、推しグループに一番カバーして欲しい曲ナンバーワンでもある。
 

  • 第2位 わーすた『ワンダフル・ワールド』
この曲は問答無用に楽しい!
昨年のカルチャーズ定期での初披露の時から大好きで、シングルとしてでもアルバムリード曲としてでも通用する一曲なのに、結局アルバムの中の一曲として収まってしまったのが残念。
わーすた流EDM(カワEDM)ということですが、それもわかるくらいに聴けば勝手に体がノリ出しちゃう。
わーすたのツインボーカル(なっちゅん&るかちゃん)のバランスもとてもいい。
大サビのなっちゅんの「アイスクリーム」はたぶん、二重の意味で歌われてるんだろうなあ。
とにかく、アイドル曲としては最強に楽しくてカワイイ。
 

アルバムも出たし、どの曲を選ぶのかはなかなか迷うところでしたが、やはり初のツアーが今年一番の思い出で、この曲は共に駆け抜けたことを考えると外せない。
この曲もまた自然と体が動き出しちゃう一曲で、見ていてもメンバー全員の笑顔がとても眩しい。出だしが全員でサークル作るというフォーメーションなのも好きですね。
そしてMVがまた、なっこ撮影の映像なのがメチャクチャいい。作りこまれたMVもいいですが、メンバー全員の自然な笑顔や姿が堪能できるこのMVは今年のMV大賞です。
 

個人的には『タイムマシン』の方が好きかも、とは思うのですが、アイドル楽曲として考えた場合、どうしたってこちらに軍配が上がる。あと、歌っててとても気持ちいい(カラオケで歌ってみた)。
歌詞の厨二病感がたまらないけど、ギリギリ許せる厨二病感であるのもいい。こういう気持ちってまさしく誰もが一度は持ったことがあるんじゃないだろうか、っていう共感性もね。
まねきケチャの楽曲はホントいいので、『タイムマシン』も是非聴いてみて欲しい。
 

  • 第5位 欅坂46『世界には愛しかない』
普通に考えたら『サイレント・マジョリティー』なんでしょうが、こちらを選びました。
欅に関しては正直、歌詞に恵まれてないという印象で、いやまあリアルな若者世代なら別でしょうが、それなりに経験も積んだオッサンたちからすると、サイマジョの歌詞はどうなんだと思うし、この曲に関してもこのタイトルとサビだけ聴いたらありえないくらいに陳腐で安っぽい。
自分も最初CMとかでサビとかしか聴いてなかったから鼻にもかけてなかった。
ただ、音源で全曲聴くと、その音楽性の高さにビックリします。
ポエトリー・リーディングがとてもいい、というわけではありませんが、それを採用したために、とにかく楽曲全体での音の厚さというか豊かさが凄いことになってる。
ぶっちゃけ、この曲に関してはボーカル抜きのinstだけでもこの順位に選べます。
サイマジョもとても音楽性が高いけど、instで聴くとオケでしかないんですが、この曲に関しては一曲まるごとBGMとして使えるレベル。
個人的には今のエンタメ音楽の最先端であり、最高峰のひとつだと思います。もっと上位でもよかったかな。
 

ようやく、ここにきてEMOTIONAL IDROCKのひとつの結実を見た、というキモチ。
これまでのベビレの路線を捨てず、むしろ久々にそうした材料を歌詞にてんこ盛りにして、楽曲的にはさらに一歩前に進んでくれた感。
そして、それを表現できるだけの力がメンバー一人ひとりについた、という。
昨年末からずっと『夜明けBrand New Days』が話題になることが多かったベビレですが、個人的にはもっともっとこの曲で押していって欲しい、と思えるだけの楽曲になったと思います。
ライブで聴いた時のすごさをひとりでも多くの人に味わってほしい。
アルバムも結果的にはコンセプチュアルなものになったので、今後のシングルなどにも正直期待している。
 

今年の春くらいに初めて生で聞いたときのインパクトがデカすぎた。
そこでようやく本格的にオサカナちゃんに興味を持つようになる。
この楽曲についてだけではなく、オサカナちゃんについては、楽曲と彼女たちのパフォーマンスのギャップが大きな特徴となっていて、これこそがまさにアイドル現場ならではの雰囲気を醸し出している。
この曲は特にその特徴が色濃く出ていて、というかギャップの凄まじさが凄い。
その凄さを味わってもらいたいので彼女たちが踊るMVだけでなく、オケを演奏してる動画もあわせて紹介しておく。
 

  • 第8位  つりビット『渚でラテアート』
こういう曲をサラッと出してくるところがつりビットとしかいいようがない。しかもそれをフェスや対バンでもサラッとやっちゃう。
現在のアイドルシーンはとにかく盛り上がるか、エモイバラード聞かせるかのほぼ二択なんだけど、それらとは一線を画すこの楽曲は、単純に聴いてて気持ちがいい。
つりビットの中では珍しくユニゾンではなく、ソロパートが一人ずつしっかりある点でも個人的には好き。
ただまあ、こういう時にさっと紹介できるような動画をつりビット運営には用意して欲しいなあと毎回思います。
 

すげーイイ曲であることは間違いないんだけど、去年の『スーパーヒーロー』が好きすぎて、それと比較すると落ちるので、順位的にもあえて下げてみた。
というか、このところのエビ中は本当にハズレ曲がない。
今回のランキングの中では欅坂の『世界には愛しかない』と、この曲だけがまだ生で聴いたことがない曲。と並べてみて思ったけど、この曲に関しては欅坂の影響を感じさせるなあ。
それはそれとして、生で聴いたら確実に泣いちゃう曲。
ただ、ややド直球に感動させ系の曲なので、個人的には『頑張ってる途中』みたいな曲をもっと歌ってほしい。
という要望も込みでこの順位。
 

  • 第10位 ミライスカート『ギ・ミ・ユ・ラ』
『おねがい』を去年のうちに知っていたら去年のベスト10には間違いなく入れた。
今年はシングル『千年少女~Tin Ton de Shon~』しかリリースがなく、音源も3曲しか新しいものは出なかったが、この曲はそのカップリング曲。
何度も言っているように、私はアイドルとファンの関係性を歌った曲が大好きなのですが、この曲はもうその極致ともいえる。
特に私のようなKSDDにとっては、ヒジョーに耳が痛い。この曲だけはれいにゃんの目をまともに見れない。
ミラスカ楽曲は京都弁も上手く使っている曲がいくつかあるんですが、この曲もそのひとつ。
サビの「かましまへん」「おかえりやす」という言葉が余計に切なさを煽る。
 

  • 番外 超特急『Yell』
アイドル楽曲というなら男性アイドルもありじゃね? というわけでもないんですが、アイドル楽曲という点で今年絶対に忘れられず、大好きな曲なので一緒に紹介。
いわゆるウェディングソングになってるんだけど、MVの作りも含めて、いやいやそれは反則でしょ、という泣き曲になってるし、実際に生で聴いた時に彼らの歌の上手さにも感動した。
@JAM EXPOは来年も男性アイドル呼んでくれてもいいと思う。そういう機会でもないとなかなか聴けないしね。
この曲に出会えてよかったなあ、と思いました。
ちなみに超特急ではもう一曲『シンクロニズム』という曲もメチャメチャ良かったです。
 

 
他にも入れたい曲はありましたが、そう言ってても仕方がないので、ひとまずこれで。
来年もたくさんのいい曲に出会えますように。