読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

つりビット 月曜フィッシング劇場 2016 ~歌って踊って釣らNIGHT!!~ vol.1

https://www.instagram.com/p/BEF3HDDGrtW/

Instagram

基本情報

  • アイドル名:つりビット(聞間彩、安藤咲桜、長谷川瑞、竹内夏紀、小西杏優)
  • 日時:2016年4月11日(月) 18:30開場 19:00開演
  • 会場:AKIBAカルチャーズ劇場

感想

いつか何処かで逢っても「変わらないね」って
今の青さを忘れないでね 蒼いフォトグラフ

松田聖子『蒼いフォトグラフ』

昨年から実現を心待ちにしていたつりビットのカルチャーズ定期公演がようやく叶った。

カルチャーズ劇場で見るつりビットに期待しないわけはなく、実際数日前からワクワクが止まらなかった。

唯一心配だったのは集客。
つりビットの平日公演はなかなか人が集まりにくいことが多く、過去のカルチャーズでも空席が目立つことが多かった。
しかし、今日の公演に関しては開場前から人が集まり、廊下は人でいっぱいになったので一安心。さくら学院現場では有名な某外国人父兄も見に来ており、この定期公演の注目度が窺えた。
開演時間を19時からにしたのも英断。アイドルネッサンスは18時半、わーすたは18時開演で、社会人にとってはかなり厳しい時間帯だったんだけど、19時だと多少は楽になる。メンバーには負担がかかるけど、この時間にしたことも集客を助けていたとは思うので運営には感謝。

整理番号60番台だったので、4列目のちょっとだけ席が高くなる列*1を狙い、上手バミリ1.5の位置に座れたので良しとする。つりビットの場合はみーちゃんとさくちんのどちらかのゼロズレ取れればそれでOK。

驚いたのは、スクリーンでカルチャーズで通常流れている宣伝映像ではなく、つりビットの専用の映像が流されていたこと。他のグループでもそういうことはあったが、この定期への力の入れ具合が伝わってきた。


客席も椅子席はほぼ埋まり、立ち見も2列くらいはできていたので200近くは入っている感じがした。初回でこれなら及第点だろう。

スモークがたかれ、いよいよ開始が近づく。下手の袖からはメンバーが気合を入れる声が聞こえてきた。今日は一発目だし、新曲『Chuしたい』の衣装で、もしかしたら久々のOveture使うことがあるかもなー、と思っていたら19時と同時に聞きなれた『スタートダッシュ!』のイントロが。
そのイントロに合わせて、「つりビットの定期公演行くぞ!」の声で会場を煽ってから、メンバーが登場。なんと衣装は『負けないガッツ』の制服衣装でした。髪型も当然それに合わせてきている。うぉー! この衣装と髪型約一年ぶりじゃないか!

定期公演へのプレッシャーや不安、直前の気合入れの声、そういったものからもっと圧を感じるかな、と思ったけど、ステージに姿を見せたメンバーからはそういった気負いは感じられず、いつもの笑顔が満ち溢れていて、むしろそれらを楽しむかのようにいつも以上の笑顔を振り撒いていました。

そして、もはや定番になってきた『スタートダッシュ!』からの『はじめのキモチ』のメドレー。
Overtureから始めたらどうだろう、と思っていたものの、これはこれで正解だったなーと思うのは、定期公演の初回で、それなりに新規の客もいる中で、つりオタがすんなりといつもの流れに乗って会場の盛り上げに一役買えたことですね。おそらくメンバーの緊張もこれでかなりほぐれたと思います。みーちゃんは既に汗かいてたけどw

MCになって、いつもの自己紹介。それぞれに学年が変わって、特にみーちゃんの「大学一年生」には会場からヒューヒューの声がw
初めて見た人とか知らなかった人はどう思ったのか知りたいw

ここで、カルチャーズの定期公演に関しては毎回テーマを決めた公演にすることが発表される。
今回は「別れ、旅立ち、それは桜の頃に」というテーマと聞いて、衣装が制服であることの意味がわかる。そして、間違いなく私が大好きなあの2曲が披露されることも確定したので心の中でガッツポーズ。

他のグループの定期公演などではMCは長めにとったりすることが多いんだけど、あっさりと終わらせて次の曲へ。
ここで来ました『旅立ちキラリ。』。シーズン曲ということもあって今の時期にしか聴くことができない曲なんですが、私はつりビットの中で一番好きな曲。それを制服衣装で聴ける喜び。

続いての2曲がちょっと意外で『サバイバルドリーム』と『負けないガッツ』。
実はこの後しっとりパートが待っていたので、このパートでは盛り上げることを重視した選曲になっていたということなのでしょう。『サバイバルドリーム』は個人的に久々に聴いたのでテンション上がった。

続いてのMCタイムでは、この3月4月に卒業・入学という岐路を迎えたメンバーに話を聞く、ということでMC隊長のさくちんではなく、唯一卒業と入学を経験していないあゆタンがMCになって場を回します。これもまた新鮮。
まずはじめに、高校を卒業したみーちゃんに「卒業式はどうだった?」と聞くと、
みーちゃん「あのねえ、皆は泣いてたんだけど、私は泣かなかった!」
あゆタン「よしよし、エライエライ(なでなで)」
みーちゃん「いえーい!」
中学生に誉められて上機嫌な新大学生w
そして、あゆタンの大物感ねw

中学卒業三人組にも感想をということで、
ちゃんあや「私は泣いた」
なっちやん「あたしも泣いた!」
さくちん「私、泣かなかった…」
二人「ええー!」
泣かなかったみーちゃんは誉められたのにw

他のグループだとここで企画コーナーとかがあって時間を使うんだけど、ここもあっさりと終わらせて、「次の曲にいきましょう」となる。
とにかく、パフォーマンスを見せたい、という彼女たちの熱意が感じられた。客席の熱も冷める時間もないのでこれはこれで本当に良かったと思う。
もちろん定期公演の間のどこかでは企画コーナーとかでメンバーの個性を発揮して欲しい思いもあるけど、初回としてはパフォーマンスを見せることに徹した姿勢が完全に功を奏しました。

そして、定期公演では毎回カバー曲の披露があるということが告知され、今回はテーマに合わせて「松田聖子さんの…」ときたので、衣装のこともあるし『制服』かなー、と思ったらなんと『蒼いフォトグラフ』!
自分は本当にこの曲が好きで、30年間の間ずっと聞き続けてきたくらいに好き。それをつりビットがこの衣装で歌ってくれるんですから嬉しくて仕方がありませんでした。トベタバジュンさん、ありがとう。

また普段の曲のほとんどはユニゾンで歌うつりビットですが、このカバー曲ではそれぞれがソロパートを持って歌うのもとても新鮮でした。
みーちゃん→なっちゃん→ちゃんあや、そして2番があゆタン→さくちん、だったかな。ちょっとうろ覚え。
あゆタンの「次に誰か好きになっても こんなピュアに愛せないわ」がちょっとヤバかった…。ホンのちょっとだけ身をくねらせるようにしてこんな言葉を語られたらズキーンときてしまいます。この歌詞を最年少の中学生であるあゆタンが歌ってドキマギさせちゃうんだもんなー。

この曲に関しては当然初めてなので振りコピとかも忘れて延々見入っていました。
つりビットにはこういう切ない曲が本当に似合う。表情がまたひとりひとり切なさの出し方が違うのが本当にいい。
みーちゃんは今にも泣きそうな表情を見せるし、さくちんは哀しさと寂しさ、あゆタンはすがるような表情で、なっちゃんはどこか強がってる表情だけど俯くという表現いれてくるのが素晴らしい、そしてちゃんあやのあまり変えない表情の中に時折見せる目の奥の寂しさ。この辺はあとで映像でしっかりと見たいです。

その雰囲気のまま、『桜じゅうたん』、そして『おさかな形キャンディー』です。
正直、この3曲の流れはもう至高の時間でした。大好きな『桜じゅうたん』、そしてみーちゃんが爆裂的な可愛さを放出する『おさかな形キャンディー』。『蒼いフォトグラフ』から続いた約15分はまさに天国でした。
『桜じゅうたん』はサビ終わりに見せるストップモーション的な振りがいつもとても気になっていて、あの表現の意味を聞きたい、と毎回思っているんだけど忘れちゃうんだよな…。いつか聞いてみたいけど、下手したら来年まで聞けないからな…。

会場全体が完全に彼女たちに見入る時間帯になっていて、その集中の熱気がすごかった。その雰囲気に気押されたのか、『おさかな形キャンディー』のラスト、みーちゃんの「自然なキミがとても好きさ」の後に(約一名)入る「オレモー!」のコールが途中で消え去ったほどです。無言の圧力になるほど、会場中が集中していた証拠だと思います。

ここでも『蒼いフォトグラフ』どうでしたか? くらいのあっさりMCで済ませて、続いてはラブソングを、ということですぐに『ムーンライトキッス』。
折角の雰囲気を壊さぬままに次から次への曲披露。そして地味に3曲続けて、というのが2回続きました。
アイドルネッサンス見すぎてると忘れがちなんだけど、つりビットで3曲続けてってのいうのは正直珍しくて、それが2回続くのは本当にまれ。それだけ体力も含め力がついてきた、ということと、アイドルネッサンスとの対バンや絡みが増える中で、連続で曲を披露することのメリットをつりビットも取り入れてきた、ということなんじゃないかと思います。

そして緩急のつけ方も最高で『ムーンライトキッス』の後、そのまま『恋愛戦線異常あり』です。静から動への切り替わりすごすぎw
これまでじっくりと聞くことに集中していた会場が一気に盛り上がり、「オレモー!」の大合唱。なっちゃんが会場にマイク向けて、観客の声を聞いて「うんうん」と頷く姿が最高でしたw

最後は新曲『Chuしたい』。お宝くじに続いて聴くのは2度目。この曲、露骨にChuするような振りはないものの、そこがまた逆にとても可愛くて、つりビットの中では珍しい軽やかなアッパーチューン。6月に発売なのですが、夏に向けても十分キラーチューンになる一曲だと思います。

1時間弱で計11曲。つりビットのライブとしてはワンマン以来の曲数披露だったと思います。
今回のテーマが出会いと別れ、ということで全体的にラブソングテイストの曲中心に聴かせてくれたわけだけど、これがまた持ち歌の良曲ぶりを思い知らせてくれた。
これだけのセットリストなのに、伝家の宝刀である『真夏の天体観測』も『ウロコ雲とオリオン座』も『バニラな空』もやってないんだぜ。この先も楽しみでなくてなんだというのか。

セトリからも伝わってくる本気度なのに、つりビットのメンバーからはそのガツガツさがいい意味で感じられない。あくまでも観客のために、楽しく、笑顔のライブ。
その素晴らしさ。特典会の間、会場に流れる今日のライブ映像を見ながら、全員の笑顔にひたすら見惚れました。

ちゃんあやはいつもぽわーんとしてるからわかりにくいんだけど、昨日はちゃんあやなりに気合い入ってたなー、と思うのはダンスがいつも以上にキレキレだったこと。ただ、ちゃんあやが踊ると、キレキレというのとは別の表現使いたくなる。つまりなんだその天女のようでした。

強い気持ちの伝わってくるライブももちろんいいけど、それを裏に秘めながらも観客には最高の笑顔を見せてくれるつりビットメンバーたちに私は感動を覚えたし、理由とかそんなの関係なく最高に幸せだったな、としか思えなかった。他の気持ちや感想が入り込む余地のない、最高に楽しい、それがすべて。

レス回収もちゃんとできたんだけど、今日のライブに関してはレスがなくても全然大満足だったと思う。いやまあ、あった方が嬉しいには違いないんだけど。それくらいの満足度でした。

特典会は、あゆタンが中学生ということでシンデレラタイム。全員握手の後、あゆタンの2shotチェキとチェキサイン優先という告知。
このときステージ上で説明する餃子さんにスポットライトが当たり、なぜか「ヒューヒュー!」w
あゆタンはいつものツインテールではなく、髪を下ろしており、「この髪型は今日だけだから!」と観客を煽る。

この前アイドルネッサンス現場に見学に来たあゆタンと同じ髪型、それに無銭がっつきしてしまった自分は行くしかないかな、と思っていたところに、さらに追い討ちをかけるようにあゆタンからロックオンされて手を振られたので「行くしか!」と慌てて買い増しに向かいました。

全握ではとにかく今日は最高だったということを伝えました。つりビット現場に通うようになって2年経つけど、その中でも最高のパフォーマンスだった!と熱く語ったら全員が本当に嬉しそうに喜んでくれました。ま、ちゃんあやの嬉しさは伝わりにくかったけどw きっと喜んでたと思うw
特になっちゃんは、
私「今回はマジ最高だった! 今まで見てきた中でもベストだった!」
なっちゃん「ホントに?!そう言ってもらえるとマジ嬉しい! 次は来る? 来るよね?」
私「絶対来る」
なっちゃん「そしたらね、超えるから。楽しみにしてて!」
なっちゃん、頼もしい! だがしかし続けて、
なっちゃん「っていうか全通っしょ?」
と釘を刺すことも忘れないのはさすがでした。でも絶対全通したいよ!

あゆタンとの2shotの時、
私「この前は無銭がっつきしちゃってゴメンね」
あゆタン「平気平気w」
私「あの時と同じ髪型のあゆタンと撮らないわけにはいかない」
あゆタン「えーw なにそれw」
私「まああの後、古宵ちゃんたちに叱られたけどね」
あゆタン「あゆも、気をつけてね、って言われたw」
要注意人物扱いだったのか…

https://www.instagram.com/p/BEF1DA_mrq7/

昨日のつりビットあゆタンとの2shot。

その後のチェキサイン。実はあゆタンから個別にサインもらうのは初めてだったので、当然あゆタンは私の名前を知らない。説明してる時に、一文字一文字確認するようにこちらの顔見てくれるあゆタンは丁寧だなー、と思った。
結構な列になったんだけど、餃子さんも特に焦らせるようなこともなく、シンデレラタイムギリギリまであゆタンはしっかりとひとりひとりとの時間を取ってからお別れ。
相変わらず最年少とは思えないくらいしっかりしてるなあw

さくちんとの2shot。
つりビットの新曲「Chuしたい」には、さくちんがセンターで上手と下手に向かってビシッと指差しするところがあるのですが、自他共に認めるレス厨の私が、
私「あの指差しが欲しいなー」
とお願いしたところ、
さくちん「わかった!」
と言っていただけたので、次回に期待します < オイ。

https://www.instagram.com/p/BEF08dOmrq0/

昨日のつりビットさくちんとの2shot。

みーちゃんとの2shotでは「Chuしたい」のポーズで、と伝えたら、みーちゃん何を誤解したのか、
みーちゃん「恥ずかしいよぅ~」
とか言い出してぶっちゃけその姿にメロメロになりました…。

その後のチェキサイン時には、みーちゃんにとある相談を持ちかけたところ、速攻で的確なお返事をいただいて驚いた。そこまで把握しているのね。

https://www.instagram.com/p/BEF03UAmrqx/

昨日のつりビットみーちゃんとの2shot。

そしていつにも増してさくちん列が長い! 人気ももちろんあるけど、さくちんはサインをとにかく丁寧に書いてひとりひとりと話をちゃんとするので、長くなるんだよね。本当にありがたい。
今日のつりビットに誘った友人がなんと、チェキを出したところ、さくちんが自ら「これはボケちゃってるから撮り直ししましょう」と言って、スタッフにお願いしくれていた。スタッフが準備する間もずっと友人がさくちんと話しているのを見てちょっとグギったのはナイショだw

つりビット現場はチェキの撮り直しはかなり積極的にしてくれる。こちらが言い出さなくてもしてくれるレベル。
以前にチェキ持って並んでいたらそれを見た餃子さんが「それは撮り直ししよう」と言い出したほどで、これくらい別にいいですよ、と答えたら、「いや、いい写真を持って帰ってもらいたい。その方が嬉しいでしょ?」と言ってくれたときはマジ感動したからなあ。

そういう雰囲気も含めて、今日のライブ、そして特典会、全てが最高でした。
絶対に楽しい保証するから来た方がいい。 つりビット知らない人も、見たことあるけど響かなかったって人にもぜひ見てもらいたい。

セットリスト

1. スタートダッシュ!
2. はじめのキモチ
<MC 自己紹介>
3. 旅立ちキラリ。
4. サバイバルドリーム
5. 負けないガッツ〜いつか世界を釣り上げます〜
<MC>
6. 蒼いフォトグラフ(松田聖子カバー)
7. 桜じゅうたん
8. おさかな形キャンディー
9. ムーンライトキッス
10. 恋愛戦線異常あり
11. Chuしたい

諸情報

  • チケット:2,500円(+ワンドリンク500円)整理番号60番台
  • 座席:前方着座(上手バミリ1.5番四列目)
  • 特典会:全員握手(あゆタン→みーちゃん→ちゃんあや→さくちん→なっちゃん)、2shotチェキ&サイン(あゆタン、みーちゃん、さくちん)

その他所感

やっぱりカルチャーズの定期って改めて素晴らしいな、と思った。
この一ヶ月くらいルネでも充分に楽しさや幸せをもらってたし、それで満足してたと思ってたけど、今日それを越えちゃったことにビックリ。
やっぱりリリイベや対バンの30分とかは物足りないんだなー。そして、見ることに集中できる環境ってのは素晴らしいなー、とホント思った。
ルネももっと定期とかやって欲しいです…

それと、つりビットの新曲『Chuしたい』のリリースイベントは4/24から始まる予定だそうです。 

Chuしたい(初回生産限定盤)(DVD付)

Chuしたい(初回生産限定盤)(DVD付)

 

新衣装もメチャクチャかわいいので、ぜひお時間のある方は一度ならず二度三度と通っていただければ幸いです。

詳細はつりビットの公式ホームページをご確認ください。

tsuribit.com

*1:カルチャーズの座席は4列目と後ろから3列目から座席の高さが変わります。ご参考になれば