読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

アイドルネッサンス 「Funny Bunny」リリースイベント ~年末まで駆け抜けるネッサンス!!~ @大宮ステラタウン

https://www.instagram.com/p/_Npi1-mrt0/

本日の現場。

基本情報

  • アイドル名:アイドルネッサンス(新井乃亜、石野理子、比嘉奈菜子、南端まいな、宮本茉凜、百岡古宵)
  • 日時:2015年12月13日(日) 一部:11:30~ 二部:14:00~ 三部:16:30~
  • 会場:大宮ステラタウン メローぺ広場ステージ

感想

今年の4月、『YOU』のリリイベで来た時は、まだアイドルネッサンスの現場としては3回目でCDの手売り会なども含め、ある意味でアイドルネッサンスに完全にハマる神イベになったリリイベだった。

shaka.hatenadiary.jp


主催のバンダレコードが力を入れてくれていることは前もってわかっており、今回も絶対に素晴らしいリリースイベントになる、ということで友人たちと朝早くから大宮入り。

ショッピングモール開店前の朝9時半に到着したら、既に5,6人のルネオタの方々がいて、私は下手側の最前に位置を取りました。前日に喉をやられてお見送り会を途中退場した古宵ちゃんが心配だったこともありますし、今日の三回のセトリを予想しつつの位置取りでした。

最初見たときはバミリ3番ゼロズレだったので、茉凜ゼロズレ3回はやりにくいなあ、と思っていたのですが、後になってスタッフがバミリを修正したところ、2.5番ゼロズレになったので、キタコレ、お願いだから『YOU』やって! と祈っておりました。
『YOU』での下手2.5番はまいなちゃんの神位置になるのです。

10時半を過ぎたあたりでメンバー登場してのリハーサル。最初はマイクを持たずにフォーメーションの確認。
この時点で『星のラブレター』と『ガラスのジェネレーション』があることはわかりましたが、かなり入念にフォーメーション確認していたのは、この2曲は7人時代に披露してから、6人になってからは1、2度しか披露してなかったということもあると思います。
バミリ3番に立つメンバーにとってはスピーカーがやや邪魔な位置だったこともあり、話し合いの結果ステージの前っつらをスピーカーの後ろにすることにして、煽りや『Funny Bunny』の横一列以外はステージ際まで来ない、などの話し合いがなされていたのを聞けたのは興味深かった。

『YOU』の斜めに並ぶところも、奥行きが短くなったことで「浅く角度をつけよう」と茉凜からの指摘があるなど、振り付けの先生だけでなく、メンバー同士で意見を出し合う姿はいつものことですが、今日は特に入念かつ熱心でしたね。
ということで、『YOU』がくることが決定し、この日の勝利はこの時点で確定しました。
『YOU』のリハからは音出しで普通に踊ったので、まいなちゃんも当然気付きますw
リハなのでこちらからは指差ししませんでしたし、まいなちゃんも指差し散らしたりしないので、延々まいなちゃんの指差しをいただくという、リハの時点から天国でした。

残念だったのは古宵ちゃんで、マイクは持っていたものの、一切声は出さずでした。
基本的には古宵ちゃんパートはまいなちゃんが歌い、一部は乃亜ちゃんが担当していました。
ニゾンも古宵ちゃんの声がないだけでいつもとは違う聴こえ方。古宵ちゃんの声に特徴があるせいもありますが、やっぱり寂しく感じてしまったのは仕方のないことでしょうか。
リハの直前に運営からは、今日のお見送り会も古宵ちゃんは欠席、と告知があったので、心配だったのですが、古宵ちゃんの身体の動き自体はキレキレでした。

リハーサルの時間くらいまでは雨も降ってるかどうかギリギリな感じでしたが、いざ一部の本番が始まる時は多少の小雨となり、レインコートを被る観客もチラホラ。
4月の時もまったく同じような状況だったのでデジャヴのようでした。
そしてあの時も、最前ではなく3列目でしたが、下手バミリ2番(あの時は7人だったので位置が微妙に違う)でまいなちゃんの指差しくらったなあ、と懐かしく思い出したり。

6人がステージ上に登場して、斜めに並びます。きたよ、いきなりの『YOU』だよ。
まいなちゃんからの指差しガンガンにいただきました。互いに笑うしかありませんw 途中何度か指差し散らすところでは右斜め前にいる古宵ちゃんに向けて「君だけを君だけを離さない離さない」のところで手を伸ばしあったりできたので、もう言うことなどありません。
ぶっちゃけ、ここだけでも今日はもう天国でした。

自己紹介の際に、古宵ちゃんが今日は声が出せない、という説明があるのですが、「身体は元気なので」と乃亜ちゃんが説明すると、古宵ちゃんピョンピョン跳びはねて元気をアピール。メッチャバネあったわw
ちなみに古宵ちゃんの自己紹介は茉凜が代役でやりました。

そしてここで乃亜ちゃんがぶっこんできましたw
「『YOU』の時もお世話になったバンダレコードさんにこうして戻ってくることができてとても嬉しいです。今日は雨も降って寒いですが、今日はここで「私たちなりの学芸会」を目指してやってやろうと思っていますので、最後の三部まで全部見ていってください!」
「学芸会」とは大宮からすぐのさいたまスーパーアリーナで行われている私立恵比寿中学のライブに絡めての発言であることはいうまでもなく、ここでの二部を終えてからSSAを回すオタに向けて、そして当然エビ中に向けての宣戦布告ですw
エビ中回そうとしているオタからはどよめき、それ以外のファンからは歓声でしたw
やるなあ、乃亜ちゃん。

続いての3曲はちょっと意外で、やさしめな曲を3曲続けて。『初恋』(これも4月にここで聴いたなあ)、『タイム・トラベル』『雪が降る町』でした。
もっと意外だったのは『夏の決心』のリリイベでは、基本的にリリースする3曲は順番は変えつつも必ずやって、残り2曲を他の曲、という構成にしていたのに、今回は『Funny Bunny』しかやらなかったことですね。
お昼とはいえ、午前中から始まるリリイベなので、いきなりがっつりと煽るよりも、聴かせ系で入った、という感じだったのかもしれません。
そんなわけで、一部のラストが『Funny Bunny』というセットリスト。

『Funny Bunny』のラストのサビ、古宵ちゃんが目の前にくるんですが、当然歌ってない。でも、声は出てなくても口はちゃんと歌詞を辿っていて、声は聴こえずとも古宵ちゃんの想いは伝わってきました。
ちょっとウルッときちゃった…。

一部のお見送り会、並び順はいつも通りなのですが、古宵ちゃんがいない…。なので、
茉凜→理子ちゃん→まいなちゃん→奈菜子ちゃん→乃亜ちゃん
でした。

茉凜とは、最前で見たら下ろした髪の毛の奥の方を小さな束にして結んでいるのが見えたので、そのことについて。
私「よく見ると、奥はちょっと結んでるんだね。やっぱりほどけないように?」
茉凜「この髪型、嫌いじゃない、っていうか好きなんですけど、激しく踊るのとかは向いてなくて、この辺(おでこの辺り)が崩れてきちゃうんで、ちょっとだけ補強してるんです」
私「近くで見るとそういうところまで気付けて楽しいよ」
茉凜「ありがとうございます」

最近の茉凜との会話では一番無難に済んだなw

理子ちゃんとは、
私「シルエット大好きだから絶対聴けると思ったのに、聴けなくて残念だわー」
理子「あー、いやでも、まだあります!」
私「最初の回だから落ち着いた感じで入ったの?」
理子「そうですね。こういうのもあるんだぞ、っていうのを見せたかったですし」

たぶん似たようなことを言った人が何人かいたんじゃないかな。
特典会終わりで、二部と三部のセットリストの予告がありました。

まいなちゃんには、
私「『YOU』キター!ってリハから思ったよw」
まいな「はい! 正面でしたねw」
私「今日もありがとうございます」
まいな「いえ! こちらこそいつもありがとうございます!」

まいなちゃんには相変わらず面白いことのひとつもいえない…ダメすぎる。

奈菜子ちゃんは、
私「今日はいつものなっこスマイルが見れて良かった」
奈菜子「元気ですよ! ホラ!(動く)」
私「もう大丈夫なの?」
奈菜子「今日はコルセットもしてますから、昨日よりは全然良くなりました!」

古宵ちゃんの時も思ったけど、コルセットしてるだけでも大丈夫じゃないから心配だよ…。
でも笑顔は本当にいつものなっこスマイルに戻っていたので安心しました。

乃亜ちゃんには、
私「雪が降る町での乃亜ちゃんの表情が凄く良くて、思わず見入ってしまった…」
乃亜「えー、どこだろ」
私「どこだったかなー。とにかく良かった」
乃亜「嬉しい! ありがとうございます!」

最近、乃亜ちゃんとは一番問題なく会話ができる。
乃亜ちゃんが名前覚えてくれて(どうやって知ったのかは謎)、今までよりも仲良くなった感じがあるので乃亜ちゃんも話やすいのだろう。

特典会終わりで暇になって来た時、まいなちゃんと奈菜子ちゃんが戯れながら踊ってたんだけど、互いの振りが逆になって頭をごっつんこしていたのは笑いましたw
そして前述したように、二部と三部のセットリストについての告知が。

乃亜「二部はシングルの中から2曲を、三部は…3曲をやります! その他の曲も全部違いますし、回ごとにライブの雰囲気も変えるのでぜえええったいに最後まで見ていってください!」

と再びの威嚇w

二部が始まるまでの間、昼食を摂っていたら、友人が、「来た!」とTwitterを見せて来て、そこには「まいなちゃんと乃亜ちゃんがCD予約のお手伝いをします」と書いてあったので、取るものもとりあえず会場へ向かう。あまりにも急いでいたのでトレーとか食器とか片付けもせずに行ってしまい、友人には迷惑をかけてしまった…。(テーブルにまいなちゃん乃亜ちゃん推しが私しかおらず、移動したのは私だけだった)

エプロン姿の二人が登場して、もう「カワイイ…」しか言えねえ…。
予約票に記入すると、二人が引き取り券に名前を書いてくれる。なんとサインではなく、「まいな」「のあ」と書いてくれるので、これはこれでレアだなー。
まいなちゃんに「今日も店長なの?(前回は南端店長でした)」と聞いたら、
まいな「ハイッ! まいな、店長です!」
と元気な答えが返ってきたんですが、
乃亜「乃亜も店長です」
と乃亜ちゃんも主張してきたので「え? 二人とも?」と聞いたら、
乃亜「二大店長です」
とのことでしたw

https://www.instagram.com/p/_OBQuamrqH/

アイドルネッサンス、CD予約お手伝いは、引き換え券にまいなちゃんと乃亜ちゃんのサイン入ります。

ループしたい気持ちをグッと抑えて二人の店長姿を眺める。エプロン姿、マジカワイイ。
バンダレコードは前回に引き続き二人の名札も用意していて、本当に力を入れていることがわかる。
そして、二部と三部の間には、茉凜、理子ちゃん、奈菜子ちゃんが予約お手伝い、という告知が。
古宵ちゃんはやっぱりいないのか…寂しいな…。

『YOU』が一部でやってしまったこともあり、二部は、友人と位置を入れ替わって上手のバミリ2番最前に移動。
『Funny Bunny』での古宵ちゃんソロを今日はまいなちゃんが歌うので、その時になるべく近くで二人を見たいな、と思ったのです。
そしたら、またここで神イベ、神セトリがきました。

しかし、その神イベの前にまずは自己紹介から。
ここで、奈菜子ちゃんの「ななことば(アイウエオ作文)」があって、「アイドルネッサンス」でのななことばはなかなかの出来(あとでブログに上がるんじゃないかな)だったのですが、全員で「アイドルネッサンスの「ア」!」と合いの手を入れる形で進めていったら「ア」「イ」の次にまいなちゃんが大きな声で「ウ!」と言ってしまうというねw それはホントの「アイウエオ作文」ですがなw まあ「アイ」と続いたから言いたくなる気持ちもわかるけどw
で、みんなでまいなちゃんをいじってたら、乃亜ちゃんも「実は新井も「ウ」って言ってました…」と告白。
まあ、こういうのもアイドルネッサンスらしくていいよね。

あと、自己紹介と挨拶の間中、乃亜ちゃんが小刻みに身体を動かしながら小声で「寒い寒い」を連発。
ずっと説明を続けていた茉凜が「ちょっと、そこうるさいよ!」とツッコむレベルでしたw

そして、ライブが始まるわけですが神イベの前に『星のラブレター』『ガラスのジェネレーション』で問題が。
茉凜が2番ゼロズレになり、真正面。茉凜は指差しやレスを散らすタイプではないので正面に向かって打ってくるんですが、最初は、
「どうせ私の指差しとからないでしょ」
とばかりに適当で、そのうちに
「あれ? 今日は私に向かって指差ししてきてるからこっちもしてあげよう」
に変わり、それが最終的には、
「もういいですよね?」
とばかりに再び指差しが適当になる、という顛末に。
いやいやいや! 私も観客だしファンなんだからちゃんと指差ししてよ! ハートマークもちょうだいよ!
隣で見ていた友人すら笑うレベルで明らかに茉凜のやる気はなくなっていった…。

しかしその後の『う、ふ、ふ、ふ、』では、イントロの時点でいきなり古宵ちゃんの投げキッスというか投げ「ふっ」をいただいてしまいメロメロになり、途中では下手から上手に向かっての「ふっ」をまいなちゃんと交し合うことができて、もう最高でした。
にしても古宵ちゃんのイントロ「ふっ」は不意打ちだっただけに破壊力抜群だった…。
あと、『星のラブレター』でのスカートの裾を持って踊るところは全員破壊力MAX。茉凜がまたちょっと照れてる感じがカワイイじゃねえかこんちくしょう。

そして4曲目に『Funny Bunny』来た! ということはラストは『シルエット』!
ということで、『Funny Bunny』からテンションMAX。
しかし、古宵ちゃんソロパートは、古宵ちゃんはやっぱりちょっと悔しそうに見えた。まいなちゃんは一生懸命歌ってるのですが、古宵ちゃんは最後までそちらには視線は向けなかった。その分表情で、ということだったとは思いますが、正面から見ているとやっぱりその二人の姿にグッときてしまった。

そして『シルエット』。今一番聴きたくて、一番盛り上がるのがこの曲。
「いっせーのせーで」の乃亜ちゃんとまいなちゃんのハモリが最高で、それだけでもう一気に気持ちが上がって、周りと肩組んでノリまくって、サビで腕振って、タイミング合わせての2回のジャンプが楽しくて仕方がない。
『ミラクル』や『ガリレオ』とはまた違う、勢いはあるけど、決して煽る感じではないこの曲が今本当に楽しい。
サビでは理子ちゃんゼロズレだったんだけど、「シルエット」の指のポーズがちゃんとできてるかチェックされてた気がした…。安心してください。できてますよ。

と最高の2部、と言いたいところだったのですが、実はあれだけ入念にリハでチェックしてた『ガラスのジェネレーション』では古宵ちゃんのパートが抜けてしまい、理子ちゃんのハモリだけが聴こえてきたり、それで動揺したのか移動の時にぶつかってしまったり、雨のせいでスピーカーの調子が悪くなってしまったり、とメンバーにとっては心残りがあったであろう回になってしまいました。

ただ、こういうことがあると、それをすぐにリベンジするのがアイドルネッサンスなので、三部が楽しみになったのもまた事実。
PAの方とスタッフの方が、ライブの途中で必死にスピーカーをなんとかしようとしている姿も個人的には好感が持てたというか、「頑張ってくれ!」と心の中で叫んでいました。

お見送り会は今回も古宵ちゃんのいないいつもの並び。
茉凜→理子ちゃん→まいなちゃん→奈菜子ちゃん→乃亜ちゃん
でした。

予約お手伝いで買い足ししてしまったのでループ。

茉凜には例のやる気のなくなった指差しについて苦情を申し立てたら、
茉凜「違いますよ。あれはやる気なくなったんじゃなくて、同じ人にずっと指差しとかしてるとなんか照れちゃうんですよ。それでああなっただけです」
いやいやいやいや、私以外にそんな被害聞いたことないし!
ループの時に、まあ私相手じゃそうなるのも仕方ないよな、と言ったら、
茉凜「いや、そんなことはないですよ。なんていうんですか、あれですよ、どう言ったらいいかなあ…」
で、剥がし。返事まで適当になったよ…。

理子ちゃんには、シングル3曲の中ではどれが一番好き?、と聞いたら、
理子「Music Loversですかね。歌うのはとても難しいんですけど」
とのこと。でも他の人に聞いたら『Funny Bunny』と答えてた、という話もあるので、理子ちゃんも私相手は適当なのかも…凹むぜ。

まいなちゃんには二日間、最高の体験をありがとう、とだけしか伝えられなかった…。
本当に、推しに対してはボキャブラリー貧困になるのどうにかしたい…。

奈菜子ちゃんには「ななことば」良かったけどダジャレはないのね、という話。
まあ、私も今日は奈菜子ちゃんにダジャレ言ってませんけど。

乃亜ちゃんには、「寒そうだったねー」と言ったら
乃亜「私本当に寒いの弱いんですよ!」
盛岡でも寒そうだったからなー。

とか言ってる間に、途中でカイロとコートが用意されて、メンバー大喜び。
でも、まいなちゃん、あんまりカイロを口につけない方がいいよ…鉄分が口に入るよ…。でも、カイロを口に当てる姿はハンパなくカワイイよ…。

奈菜子ちゃんと乃亜ちゃんがシェイカーのようにカイロ振り撒くってる姿に笑うw
奈菜子ちゃんに、そんなにすぐに温かくならんでしょ、と言ったら、
奈菜子「そんなことないです! 比嘉の太陽パワー! なんていうんですか? 自家発電?」
言いたいことは伝わってきたw

乃亜ちゃんにも同じこといったら、
乃亜「うぉぉぉーー!」
と叫びながら激しく振り撒くってましたw 乃亜ちゃんww

茉凜はグレーのコート、理子ちゃんは白のダッフルコート、まいなちゃんは赤のダッフルコート(ぷーにゃの時着てたやつ)、奈菜子ちゃんは黒のダウンジャケット、乃亜ちゃんはあれはなんていうんだろうかバーバリーっぽい柄のコートでした。

そして二部と三部の間は、茉凜、理子ちゃん、奈菜子ちゃんによるCD予約お手伝い。
厳密には推しはいないわけですが、まあ買うよねw

私「店長は誰?」
理子「あ、茉凜です。いや、適当ですけど、たぶんw」
私「奈菜子ちゃんは赤ペンなんだね」
奈菜子「ファ?!」
私「聞いてないんかい」
奈菜子「○○○(私の本名)、○○○、名前読むのに必死になってましたw」
オイコラー!
私「こよい、って書く?」
茉凜「(ニヤリ)書きましょうか?」
私「いや、いいです」

というわけで、二度目のお手伝いではそこら中でオタの本名がメンバーにバレて名前を呼ばれる、という神イベなのか罰ゲームなのかわからない現象が起きており、オタ動揺w

https://www.instagram.com/p/_O23P9GrvW/

理子ちゃん、奈菜子ちゃん、茉凜の予約お手伝い。


やっぱりバンダレコードでのリリイベはただでは終わらなくて楽しいなー。

で、いよいよ三部。
陽も落ち、ライトアップされた中でメンバー登場。
二部同様、自己紹介から始まりますが、ここでの古宵ちゃんの自己紹介で茉凜がおそらくは古宵ちゃんのモノマネしながら自己紹介して古宵ちゃんがプンプンw
あれはまた聴きたいなw

そして最後の最後で、一気にきました5曲連続。
それもいきなり『Funny Bunny』。この時点で『シルエット』での締めが確定したので、このリリイベは最高の形で終えることができることは確信。
おそらくは盛り上げるセトリでくるだろう、と思っていたらその通りで、続いての2曲目が『ミラクル』。
3曲目に『Music Lovers』持ってきて、間奏での身体を反りながらの振りをする時は奈菜子ちゃんと茉凜の腰が心配になったりしたけど、やはりこの曲はカッコイイ。
全員がクールな表情なのがまたいいんですが、まいなちゃんのクールな表情は普段滅多に見れないので、個人的には好きです。

そして4曲目、『恋する感覚』! 自分が大好きなせいもありますが、最初のドラム2発聴いただけで会場全体が盛り上がるのがわかった。
久々にまいなちゃんと向かいで腕上げして、理子ちゃんとエアギター、楽しすぎる。
とはいえ、「きゅるり」が古宵ちゃんではないのは、やはり残念。お台場フェスティバル広場での古宵ちゃん欠場の時を思い出した。あの時同様、「きゅるり」は2回とも乃亜ちゃん。古宵ちゃん、センターにはいたけど、手で「きゅるり」ポーズもしなかったなあ。

で、『恋する感覚』からの『シルエット』ってなによ、最高でしょ!
気分的にはもう最高の形で盛り上がったし、寒さなんか吹っ飛ぶセトリでむしろちょっと汗かいたw
アイドルネッサンスの5曲連続を味わってリリイベ終了って気持ちよすぎる。

そして、最後に明日のMUSIC JAPAN収録の話になり、会場の皆さんからパワーをもらいたい、という乃亜ちゃんの言葉があって、全員で「どっかーん」ポーズで写真撮影。
こういう時に限って最前にいるんだけど、まあいいか。
大きな声でお願いしますね、に、
奈菜子ちゃん「今日イチの声で!」
乃亜ちゃん「違う違う、人生イチの声で!」
というわけで、全員で「どっかーん」して写真撮影でした。
本当に頑張ってきて欲しい。

そんな盛り上がった気分のまま特典会へ。
三部の並び順は会場に来た順、ということで、
まいなちゃん→理子ちゃん→奈菜子ちゃん→茉凜→乃亜ちゃん
でした。

今回はコート着用の上に、『雪が降る町/ガリレオのショーケース』のミュージックフォトカードジャケットの手袋も着用です。
最初の「特典会始めるネッサンス」の時に親指立てたら、手袋の親指が長すぎて奈菜子ちゃんが「長っ!」とか驚いてたのが笑ったw

まいなちゃんには、
私「今日は黄色いパーカーじゃないの? ぷーにゃはいないの?」
まいな「あ、今日は違うんです。なので、ぷーにゃはいません!」
私「ぷーにゃに会いたい…でもホントその赤いコート似合うね」
まいな「ありがとうございます! それにこのコートとっても暖かいんです!」
とコートを捲ったりしながら見せてくれるまいなちゃんが究極的に可愛くて卒倒しそうでした…。「見てください」というポーズとってる女の子って可愛すぎるよね…。

理子ちゃんには、
私「明日は日本中の人に理子ちゃんの歌声聴かせて、虜にしてきてね」
理子「なんかそれすごくプレッシャー与えてません?w」
私「いや、本気だから。理子ちゃんの歌声にはそれだけの力があるよ」
理子「期待に応えられるよう、全部出し切ってきます」
理子ちゃん、本当に頼むぜ。理子ちゃんの歌声にしびれない人なんていないから。

で、奈菜子ちゃんで事件発生。
奈菜子「あ、メガネになんかついてますよ」
私「え? なんのダジャレ?」
奈菜子「ダジャレじゃないですよ! んーもう! なんで騙されてくれないんですか!」
私「(ああそういうやつだったのか)ゴメンゴメン、てっきりダジャレの前フリかと思って」
奈菜子「あ、ここ(おでこの辺り)になんかついてますよ」
私「ええー、なんだろー(メッチャわざとらしく芝居した)」
奈菜子「もう! キライ!!!」
まさかの奈菜子ちゃんからの「キライ!!!」発言。
茉凜にも言われたことないのに!(アムロ口調)。

茉凜には申し訳ないけど、
私「ゴメン、お願いがある。古宵ちゃんに、明日頑張ってね、と伝えて欲しい。パワー送ってるからって」
茉凜「わかりました。いいですよ。伝えておきます」
茉凜が皮肉でもなんでもない笑顔で受けてくれた。ありがとう。
古宵ちゃん、喉のこと心配だろうけど、頑張ってきてね。古宵ちゃんならできる!

乃亜ちゃんは手袋してて、チラシが上手く配れない。
乃亜「ああ、ごめんなさい! 取れない!」
私「あ、自分で取ればいいのねw」
乃亜「セルフサービスです! 乃亜の手がこんななんで!」
乃亜ちゃん、今日は終始ハイテンションだったなw

買い足ししたからループになって、ループ後は全員に明日のパワーを送った。
まいなちゃん「ハイ!」
からの、なぜか自分もパワー送ろうとしてたので、いやいやいや、となったw

理子ちゃんはパワー送ったら反り返って
「来てます来てますー」
と珍しく愛嬌たっぷりで、いつまでも吸い込もうとするので、これ以上吸われたら死んじゃう! でもいいや持ってって! といったら
「いただきました!」
でした。

奈菜子ちゃんは、まださっきのことがあって、
私「あ、奈菜子ちゃんここになんか付いてるよ」
奈菜子「騙されませんよ! Heart on wave~」
なぜか昨日披露したWinkの『淋しい熱帯魚』で睨まれたw
私「明日は決めてきてね。信じてるから!」
奈菜子「勝ちます!」
勝ってこい!

茉凜は、
私「明日は頼むよ。なんだかんだいって私は茉凜のこと頼りにしてるんだから」
茉凜「頼りになるかどうかわかりませんけど、私ハートだけは絶対誰にも負けないんで」
ぶっちゃけ、この一言にちょっと泣きそうになった。
茉凜ほどこの言葉が似合う娘いない。いつもいつも本当に負けず嫌いだなあ、と思っている茉凜がそういうからこそ説得力ある。
たまにこういうのがあるから茉凜は困っちゃうよ…。

乃亜ちゃんには、
乃亜「連続出場できるように頑張ってきます!」
私「今度は私たちが観覧申し込みできるようにしてきてね!」
乃亜「ですよね! メインのゲストで呼ばれて皆さんが観覧しにきてくれるように絶対します!」
乃亜ちゃん、頼もしいよ。そして、その言葉、信じられるよ。

MJ観覧についてはまだ諦めているわけではないのだが、行ける人に任せて、自分は運良く行けたら、くらいにつもりでいる。
出待ち行きたいと思ってるけど、会えるかなあ…。
とりあえずNHKホールには行こうかな、と現時点では思ってますが。

そんなこんなで三部あって、15曲、10種類の曲を聴ける贅沢。しかもこれが全部フリー。最高だろ。
丸一日、朝から晩までいたわけですが、大満足以外の何物でもない。
前日の定期公演と合わせて、最高すぎる二日間でした。

12月26日にも幕張新都心のイオンモールで一日三部のリリースイベントがありますので、気になる方は是非お越しください。
ここでの夏のリリイベも最高だったので、今回も間違いなく最高になるはず。
CD手売り会もあります。

今の彼女たちを、ぜひ多くの人に見て欲しいなあ。
ハマるかハマらないかはわからないけど、とにかく見て欲しい。ただ、それだけです。

セットリスト

一部
1. YOU
<MC 自己紹介>
2. 初恋
3. タイム・トラベル
4. 雪が降る町
<MC>
5. Funny Bunny

二部
<MC 自己紹介>
1. 星のラブレター
2. ガラスのジェネレーション
3. う、ふ、ふ、ふ、
<MC>
4. Funny Bunny
5. シルエット

三部
<MC 自己紹介>
1. Funny Bunny
2. ミラクルをキミとおこしたいんです
3. Music Lovers
4. 恋する感覚
5. シルエット

諸情報

  • チケット:フリー
  • 座席:立ち見(一部:下手バミリ2.5番最前、二部・三部:上手バミリ2番最前)
  • お見送り会:3回

その他所感

バンダレコードの皆様、今回も本当に素晴らしいイベントをありがとうございました。
懐かしの等身大フラッグ、そしてステージの飾りつけ。
たくさんの写真。
なにより、スタッフの方々の愛が伝わってきて、それこそがこの素晴らしいイベントを生み出してくれたと思います。
ぜひまた、アイドルネッサンスのリリースイベントを、よろしくお願いいたします。
何度でも行きたい!

https://www.instagram.com/p/_O5m4pGrkh/

ステージ側から見たボードの裏に書いてあったバンダレコードから、アイドルネッサンスメンバーへのメッセージ。リリースイベントでここまでしてくれるショップなんて初めて見ました。

 


アイドルネッサンス「Funny Bunny」(MV)

 

Funny Bunny

Funny Bunny