読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

V.V.POPS vol.4

https://instagram.com/p/897_sQmro_/

そして今日のメイン現場。

基本情報

  • アイドル名:アイドルネッサンス(新井乃亜、石野理子、比嘉奈菜子、南端まいな、宮本茉凜、百岡古宵)、せのしすたぁ(まお、みか、ゆーたん)
  • その他アーティスト:GIRLFRIEND、藤岡みなみ&ザ・モローンズ ※出演順
  • 日時:2015年10月18日(日) 16:30開場 17:00開演
  • 会場:下北沢GARDEN

感想

当然アイドルネッサンスお目当てだったわけですが、約7ヶ月ぶりにせのしすたぁ現場にも行けるってことで非常に楽しみにしていました。持ち時間45分と長かったですし。

アイドルネッサンスの物販および特典会が事前ということもあり、GARDEN名物の地下に潜ってまずはお見送り会。
事前ということもあり、今日は衣装のままでのお見送り会だったので、ようやく衣装をじっくり見ることができました。
お見送り会の並び順はいつもの逆順で、
茉凜ちゃん→古宵ちゃん→理子ちゃん→まいなちゃん→奈菜子ちゃん→乃亜ちゃん
でした。

並んでて次に自分、という時点で茉凜がチラッと確認してきたから、なんか話したいドルオタネタがあるんだな、とわかった。そしてその通りだったw
茉凜に、先週はReNY、今週はGARDENと、ベビレの定期会場が続くね、といいかけたら、
「GARDENですよ、GARDEN! 私もう嬉しくって、(私が)来たら絶対この話しようと思って! あ、そっか先週のReNYもそうでしたね! そういうことですよ!」
と、興奮してまくし立てておりました。目キラキラ輝かせてベビレを語る茉凜は正直カワイイ。

古宵ちゃんには、盛岡楽しみだし、古宵ちゃんが紹介してくれたところ巡るスケジュールとか考えてるから、と言ったら、
「回りきれないくらいに紹介しますから、好きなところだけ行ってくださいね!」
とのこと。まだまだ盛岡紹介は続くらしいw 盛岡に行くよ、ってここ何回かのお見送り会で話してるんだけど、古宵ちゃんの表情がそのたびに「ぷわぁー」と明るくなるのが嬉しくてたまらん。

理子ちゃんには、スマイルネッサンス決まったね。もう歌う曲は決めたの?と聞いたら、
「今は何曲か候補を上げてて、まだ決まってないんです」
とのことでした。理子ちゃんがなに歌うのかは興味津々だよなあ。あとは、チケットが取れるかどうかだ…。

そして、まいなちゃんには東野圭吾の話(ブログで好きな小説の話を書いてた)を振って話してたら、ひとしきりその話が終わるとまいなちゃんが前のめりになって、奇跡の
「今日も絶対に見つけますね!」
と言ってくれた喜びで天にも昇る気持ち。話をいったん切ってからの言葉だったから、言おうと決めてくれてたんだろうなあ。この前のタワレコ新宿辺りからまいなちゃんの優しさが戻ってきた気がして本当に嬉しい…。
事前お見送り会最高か!

奈菜子ちゃんには、みんながスーパーメーゴーサー言うだろうから、私は奈菜子ちゃんに言ってもらおうとして、比嘉ハチ子さんでしたっけ?、あ、違うわ、奈菜子さんだ、ばっぺーたー!、と言ったら、意表をつきすぎたらしく奈菜子ちゃん固まってしまい、まさかの
「あ、ゴメンナサイ…もう一回お願いします…」
でしたw
で、同じ遣り取りをもう一回繰り返してからの、
「スーパーメーゴーサー!」
いただきましたw
「皆さんが言ってくるから混乱しちゃって…」
奈菜子ちゃんはいつも人の話をしっかり聞いて対応してくれるんだけど、予想外のことがくると反応できなくなっちゃうのがカワイイw

乃亜ちゃんには、ようやく衣装がちゃんと見れた。ワッペンは今回グレーなんだね、と言ったら、
「そうなんです。これまで色んな色ありましたからねえ。水色でしょ、黄色でしょ、ピンクでしょ、えーとそれから…」
で、剥がされてお互い苦笑いw

まいなちゃんの一言があまりにも嬉しすぎて、知り合いを見つけては「聞いてくださいよ!」と吹聴してしまうほどであったが、皆さんにはご迷惑をお掛けいたしました。
場合によっては7/20のお見送り券使ってループしようかと思ってたけど、今日はもうこれ以上の満足はない、ということでループはしませんでした。このお見送り券、もう使えないかもしれないけど、そしたら記念にとっておこう。

とまあ始まる前からテンションMAXで、いよいよライブ本番。
今日は整理番号が10番台とよかったので、上手バミリ2番の最前が取れた。今日はもうまいなちゃん側と心に決めていた。
7月の彩未さんライブで奇跡の1番を引いて以来、GARDENは最前続きなのでゲンがいいな。ベビレ時代はクソ番しかなかったけど…。

トップバッターは、GIRLFRIENDS。
女子中学生4人組のバンド(ギター2人、ベース、ドラム)ということでどんな感じかな、と思っていたんだけど、中学生の女の子四人組とは思えないくらいに驚くほどに良くって、技術的なところもさることながら、一曲一曲で観客をノセるグルーヴ感が素晴らしかった。堂々としていながら時折見せる女子中学生っぽさ(ギター振る所作がちょっとぎごちなかったり)がまた良かった。
GIRLFRIENDはバンドということもあるし、大阪がホームということもあって、なかなか見る機会はないかもしれないけど、なんかの形でまた見たいなあ、聴きたいなあと思わせてくれるものがありました。あ、ちなみに可愛かったのは言うまでもない。
でも可愛さを押し出すことはなく、真っ向勝負バリバリのロックバンドでした。

バンド編成から次はアイドルってことで、演奏後に機材の片付けがあるんですが、それをローディーだけでなく、メンバーも自らキビキビと行う姿がまた好印象。
自分たちがせっかく温めた空気を冷ましたくない、ということもあると思うんですが、本当にテキパキと片づけをしていて、彼女たちが機材持ってはける時に会場からは結構な拍手が湧いた。

そんな形で熱いロックで温まった空気の中、アイドルネッサンス
理子ちゃんから入場してきた時点で、「あ、YOUだな」と思ったらその通り全員が後ろ向きになってからの『YOU』でした。
おお、ありがたや、『YOU』での上手2番は出だしのまいなちゃんゼロズレだぜ。しかも、指差しでは古宵ちゃんがゼロズレだぜ、ってことで、古宵ちゃんからは一発目の指差しをいきなりいただくことができて腰が砕けそうでした。

まあ、最前だったので当然まいなちゃんもすぐに見つけてくれて(お見送り会で前にいるよとは伝えてた)、苦笑いしながらも目線を何度もいただくことができました。
逆に奈菜子ちゃんや理子ちゃんは、目の前でももう指差しくれなくなってきた…(推しバレてる)。

2曲目は『ガラスのジェネレーション』。
理子ちゃんの「つまらない大人にはなりたくない」がいつもよりかなり歌い上げてた。そのせいでちょっと声が途切れっぽくなったのが逆に凄く気持ち感じました。

MC入って自己紹介はショートバージョン。
客席からステージが近すぎたせいなのか、自己紹介の時に、まいなー!と全力で叫んでたら、まいなちゃんに苦笑いされたのは恥ずかしかったけど、嬉しかったです。
いつもは無反応だったからなんかもう今日はまいなちゃんデーでした。こんなにまいなちゃんばかり見たのも久しぶり。まあ、盛岡では古宵ちゃんばかり見ることになるだろうからおあいこ(なにがだ)。
とかいいつつ、古宵ちゃんのことも見てるんだけど、古宵ちゃんがところどころでこっちを見て、
「よし!楽しそうですね!」
と確認してくれる笑顔がたまらなく好き。まあ、もしかしたらちゃんと古宵ちゃんのこと見てるかのチェックかもしれないけど…。外してないか怖いな。

今日のイベントはヴィレッジヴァンガードが主催ということで、ヴィレヴァン愛を奈菜子ちゃんが語ろうとすると、理子ちゃんがそれを制して、
「私は広島のヴィレッジヴァンガードさんに4週間にいっぺんは行く!」と熱弁。いや、4週間にいっぺんって、一月にいっぺんなんじゃないの、と思ったのはナイショだw
それに対して、奈菜子ちゃんはまったく引くことなく、、
「私の方が好きだもん。下北沢のヴィレッジヴァンガードさんにも何度も来たことあるし!」
の一言で、理子ちゃんがしゅんとなる。そりゃまあ理子ちゃんは下北沢のヴィレヴァン来たことないだろうよ…。
とどめに、奈菜子ちゃんが、「たまにはいいとこ見せちゃうぞ!」と、ぶりっ子風にセリフを言ったときの古宵ちゃんのリアクションが、まいなちゃんの「待ってるにゃあ」聞いた時と同じ「うへぇ」っていうしかめっ面で、古宵ちゃんはこの手のセリフがホントに苦手なんだなあ、と思ったw
今日は事前お見送り会で「待ってるにゃあ」が聞けなかった分、ここで古宵ちゃんのしかめっ面が見れたのは嬉しかったですw

ミュージックカードの告知から、収録曲含めて6曲連続続けて、ということで『タイム・トラベル』。この曲はやはりストーリー性があって見ていて楽しい。
そして、最後のタバコをふかすようなポーズがカッコイイんだよねえ。個人的には理子ちゃんが目を細めるのを見るとシビれる。

『Lucky』では、最前、しかもGARDENの距離でまいなちゃんの表情をじっくりと見つめることができました。『女の子は泣かない』とか、この『Lucky』でのまいなちゃんの表情は本当に素敵で、それをこの距離で見ることができたことが本当に嬉しい。それこそ、この半年で、まいなちゃんがどんどんと大人の表情になっていったことを『Lucky』を見るたびに思います。

続いて大好きな『恋する感覚』。なぜかこの曲は前にいるときに聴くことが多い。今日も目の前でエアギターを楽しめた。
フォーメーション変わったから今までは理子ちゃんと向かい合うことが多かったけど、今日は奈菜子ちゃんでしたね。
個人的には『恋する感覚』の時は、古宵ちゃんの「恋する感覚」というタイトル紹介からイントロに入るのが好きなのでそれがなかったのは残念。

『PTA』でのセリフ、キチンと聞き取れなかったのが失敗。いつもここのやり取りをメモりたいと思うけどさすがにそれはできないからなあ。
そして言っても詮無いことだけど、やはりこの曲で一人ずつ名前をコールしていくとき、佳奈ちゃんの名前を呼べないことに違和感を覚える。
最後に二度同じ名前をコールするのはなんとなく違う形にしたくなるのは私だけかしら。

続いては『ガリレオのショーケース』。今日は対面が奈菜子ちゃんで、なんか挑戦された気がしたから奈菜子ちゃんとのヘドバン対決でしたw

そして、『17才』。先日から二段階で手を挙げることにしたわけだが、どうなんだろうなあ。古宵ちゃんとまいなちゃんのにはバレてるのかなあ。
今日は上手にいたので茉凜に見つかる心配はありませんでしたがw

ラストは『ロングシュート』。今日は奈菜子ちゃんが目の前だったので、奈菜子ちゃんのマイクに向かって叫びまくりでした。
円陣のシーンで、みんなの楽しそうな表情が近くで見れたのも嬉しかったなあ。

対バンイベントといえども、45分間で9曲。カルチャーズ時代も10曲前後だったことを考えれば、かなり満足。しかもこの距離で最前だし。
残念だったのは、『う、ふ、ふ、ふ、』がなかったこと。次に最前行けるのなんていつかわからないから、「ふっ」はもらっておきたかったなあ。

この時点で既に汗だく、疲れもあった。周りのルネオタは後ろに下がっていった。だけどまあ、7ヶ月ぶりのせのしすたぁ現場はやっぱり心底楽しみたくてそのまま最前に残って、しかも上手だからまおさんに煽られ続けながら久々に暴れた。ルネとは全く逆方向の楽しみがそこにはあって楽しかったなあ。

一発目が『アイドルなんかなっちゃダメ!ゼッタイ!』で、そりゃもうアガるしかなくって、そこから『ハートブレイカー』続けてきて、さらにはMCで「今日は降りちゃダメって言われた」と言いつつ、『ワタシアイドル』がきて、当然まおさんフロア降りてくるっていうねw
初っ端から全開だったし、久しぶりのせのしすたぁ現場でもついていける楽曲の連打だったからあっという間にぶち上がれました。
膝がアイタタタだったんで、土下座は中途半端になってしまったけどw

ゆーたんに会えたのが8ヶ月ぶりだったのも嬉しかった。前半で涙目になっちゃうところも変わってなかったなあ。 みかちゃんは相変わらず可愛かったし、まおさんは、またビッグになってましたw(いろんな意味で)。

今日は基本、攻めのセトリで、『Maybe I Like You』とか『恋キラキラ』が聴けなかったのは残念でしたが、やっぱりせのしすたぁ現場はアガる!
暴れ現場はあんまり好きじゃない私ですが、せのしすたぁ現場だけはなぜか好きなんだよねえ。

まおさんのトークは相変わらずでしたが、みかちゃんの例の件だけはさすがにやりすぎw
あと、後ろでアイドルネッサンスメンバーが見てたと後で知って、戦々恐々。いや多分、私の身長で最前いたから多分見られてないだろう…。
今日はまおさんの「優勝!」はありませんでしたね。

せのしすたぁ終わってさすがにもうヘロヘロで、とりあえずドリンク交換して後ろに下がって柵に寄りかかる。体力的にも膝的にも限界だった。
ステージ上では再びバンドセットが準備され、トリは、藤岡みなみとザ・モローンズでした。チューニングの風景がもう、なんかとてもいい雰囲気だった。
ここまで明らかにアッパーな展開で盛り上がったライブが、彼らの心地良い楽曲で締まる、というのがまた良くて、大変気持ち良くライブ会場を後にすることができた。
興奮から恍惚へ、と言ってもいいくらいに場をまとめあげてたなあ。

昼もライブがあったそうで、セットリストを完全に変えようと思ったけど、前のグループの盛り上がり見てたら攻めたくなりました、とのことでしたが、ちゃんと自分たちのペースは守って、というかさすがはトリという落ち着きがあって、聞いている側としても無理にアガる必要もなく、リズムとメロディーに身を任せていればよかった。

熱い気持ちのまま終わる、それこそ先週の6MIC7SOULSみたいなライブもいいけど、こういう風に気持ちよい風に吹かれて終わるライブもまたいいもんだなあ、と。
二週続けての対バンライブでしたが、いい意味で違った雰囲気を味わえました。

終演後、物販を覗きに行きましたが、せのしすたぁの列があんなに長くなっているとは思わず、なんというかこの7ヶ月でせのしすたぁが獲得してきたものの大きさを感じることができましたね。
並ぶ体力がなく、結局接触は諦めて会場を後にしました。
森永さんにChelipの新曲のこと話すことができなかったのは残念だった。ホント、期待しています。

アイドルフェスや対バンとは違って、バラエティ豊かで、それぞれの得意とする部分、見せ方が違う4つのグループを楽しめたのはお得としかいいようがない。しかもそれぞれの持ち時間が長かったし。
こういう対バンは貴重ですね。コスパも含めて、もっとこういう対バンがあってもいいのになあ、と思えるだけのイベントでありました。

セットリスト

※アイドルのみ

アイドルネッサンス
1. YOU
2. ガラスのジェネレーション
<MC>
3. タイム・トラベル
4. Lucky
5. 恋する感覚
6. PTA ~光のネットワーク~
7. ガリレオのショーケース
8. 17才
<MC>
9. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

せのしすたぁ
1. アイドルなんてなっちゃダメ!ゼッタイ!
2. ハートブレイカー
<MC>
3. ワタシアイドル
4. JUMPING
5. aLIVE
<MC>
6. 運命
7. パーティはこれから
8. ラストチューン
※記憶が曖昧、間違ってたらご指摘お願いします

諸情報

  • チケット:3,500円(+ワンドリンク500円)整理番号10番台
  • 座席:オールスタンディング(上手バミリ2番最前)
  • 特典会:アイドルネッサンス全員お見送り会(茉凜ちゃん、古宵ちゃん、理子ちゃん、まいなちゃん、奈菜子ちゃん、乃亜ちゃん)

その他所感

感想戦でレス厨としての真価を発揮したら、なぜか羨ましがられた。
初めての経験だw