読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

DOUBLE COLOR session8~ @JAM EXPO直前スペシャル~

f:id:shaka:20150821162545j:plain

基本情報

  • アイドル名:わーすた(坂元葉月、廣川奈々聖、松田美里、小玉梨々華、三品瑠香)、アイドルネッサンス(新井乃亜、石野理子、橋本佳奈、比嘉奈菜子、南端まいな、宮本茉凜、百岡古宵)、drop(三嵜みさと、滝口ひかり、大場はるか)※出演順
  • 日時:2015年8月20日(木) 18:15開場 19:00開演 ※事前物販・特典会17:00~18:00
  • 会場:新宿BLAZE

感想

前日のOTODAMAに行けず、グギり死にそうになっていたので、この日はいくことができて本当によかった。
物販および特典会が事前で、時間が17時から18時となっており、急いで会社を飛び出して17時45分ごろ到着。
知人に物販はお願いしていたので、なんとかお見送り会に間に合いました。自分の5人後ろくらいで終わったからギリギリだった。

今日のお見送り会は事前だったので、時間もそんないないしさっさと剥がされるかな、と思っていたら、思ったよりも緩くて(人数あんまりいなかったからかな)、理子ちゃん以外全員に昨日のOTODAMAの話を聞いたら、全員が満面の笑みで楽しかった想い出を話してくれました。
で、散々OTODAMAの楽しい想い出を聞いてから、「楽しかったんだねえ。…行けなかったから泣きたい…」と言うと、みんな「あ!ごめんなさい!」と謝ってくれたりして申し訳なかった。
そんな中、乃亜ちゃんだけは、「だーかーらー、全部来ないとダメですよーw」と煽ってくれましたw

みんなが海やライブの思い出を語る中、茉凜に関しては、とにかく一から十まで色んなアイドルに会えて最高だった、という話を聞かされ、特にGEMのかこちんと2shot撮った話は鼻息荒かったw
個人的にはさ学と夢アドの話聞きたかったんだけどなw しかしまあ、いかにも茉凜らしくて微笑ましかった。

理子ちゃんには前髪の話しを振ったら「切り過ぎちゃったんです!」、いやいやでも結構似合ってるし、そんな理子ちゃんもカワイイよ、と言ったら、「いいんです!この話はもうやめにしません?」と、また困らせてしまい、多分理子ちゃんからは厄介認定されてる。

行けなかったけど、OTODAMAの話を本当に楽しそうにするメンバーを見てたら、なんだかこっちの心もほぐれてきて、まあ推しだからなんだろうけど、古宵ちゃんとまいなちゃんの身振り手振りの激しい思い出話を聞けただけでも良しとする、というか可愛すぎた。
古宵ちゃんは「ばーん!」連発してたもんなw

佳奈ちゃんには、美白シスターズ的には日焼けは大丈夫だったの?と聞いたら「もう、たっぷりたっぷり(日焼け止め)塗りましたから!」と、コントチックな身振りと表情で返され、こういう佳奈ちゃんのキャラクターはもっともっと出していって欲しい、と思いましたね。

直前まで「当日券あります」がアピールされてたし、火曜日のSHOWROOMも明らかに明らかにテコ入れだったから、どんなもんなんだろうな、とは思っていましたが、確かに人は少なくて、300人くらいだったのかなあ。
チケットの振り分けは、なんとなくですけど、わーすた→アイドルネッサンス→drop、の順番で振り分けられていたような気がします。出演順どおり。これはある意味正当な方法ですね。
なので、整理番号としては60番台でしたが、入ったら3列目のセンター取れて、前はほとんどわーすたオタの方だった。

開演して、3グループが登場。
今日はSHOWROOMでの生中継もあるってことで、ご挨拶から。
このMCを務めたのが我らが宮本茉凜でした。おそらくはこの場で最年少グループである14歳のうちの一人。そんな茉凜が向こうを張ってMCです。ちょっと噛んだりもしたけれど、ルネファンとしては誇らしい気持ちになりましたよ。
エールの交換的なものがあって、いよいよライブが開始。

トップバッターはわーすた。
カルチャーズの真夏のシンデレラ公演でも評判は高く、自分もアイドル横丁夏祭りで初めて見て、「こりゃいいわ」と思っていただけに今日のパフォーマンスも楽しみにしていましたし、十分楽しめました。初見時は、黄色の坂元葉月ちゃんと青の小玉梨々華ちゃんがいいなあ、と思っておりましたが、今日の時点で坂元葉月ちゃん、通称はーちん一択となりました。
ビジュアルが好みなのはいうまでも無く、ダンスも私の好みのタイプ(ステップ系が軽やか)だし、なんといっても黄推しのモノノフとしては、担当カラー黄色でショートカットというのはポイント高すぎた。ちょっとタレ目っぽいところもいいよなあ。

わーすたは、緑の廣川奈々聖ちゃんとピンクの三品瑠香ちゃんの二人がほとんどのボーカルを担当し、残りの三人はサビのユニゾンでしか歌わない、というスタイル。あとで知ったら、アイドル横丁夏祭り前までは、完全にボーカルユニットとダンスユニットが区別されてて、ダンスユニットはマイクすら持ってなかったみたいですね。
今後どうなるのかわかりませんが、ボーカルユニットの歌は確かに見事で、安定感あるななせちゃんと、声がとてもエモイるかちゃんというバランスも素晴らしかった。
まあ、はーちん推し(予定)としては、ダンスユニットの3人が歌う場面も欲しいとは思いましたが。
個人的にボーカルバランスが偏っているグループはあとあと苦労すると思っているので、今後どうなるのか気になりますね。

わーすたのみ写真撮影可だったんですが、この辺もSNSを活用したアイドル、というコンセプト通りで面白い。ブログの写真とかも他のアイドルに比べるとはるかに解像度高い写真がバンバン載ってるし、YouTube(わ→Tube)という動画の提供もあるし、個人的にはこういう活動の仕方は今の時代にマッチングしているし、自分のようなオタにとっては非常にありがたいな、と思いました。
とはいえ、近くで見れていたこともあり、あまり自分自身は写真を撮らず見ることに集中していました。すぐ目の前でカワイイ女の子たちがパフォーマンスしているのを目に焼き付けんでどうする、っていう。それでも何枚かは撮りましたが、あんまりいい写真は撮れなかった。特にはーちんのいい写真が撮れなかったのは痛恨。

ちなみに、8月28日のカルチャーズの真夏のシンデレラ最終公演は予約しましたw

続いて、アイドルネッサンス
前日のOTODAMA行けなくて鬱憤(?)溜まっていたので、盛り上がりたいなー、と思っていたところに全員登場して右手上がった瞬間オレ歓喜。
いきなりの『ミラクルをキミとおこしたいんです』ですよ! もうクラップして叫びまくってましたw
この時点で前のわーすたオタの方があまりにもうるさい私に気づいて、前を譲ってくださりました。ありがとうございます。結果的にセンターゼロズレ2列目取れちゃったよ。

そこから『恋する感覚』『Gooda day Sunshine』『YOU』という鉄板曲の連続。
リリイベで日替わりでは聴いてはいたものの、鉄板曲の連打は実はとても久しぶりだったので、メッチャ上がりました。
アイドルネッサンスは対バンだと燃えるメンバーが多いのもいいんだよねー。こういうシチュエーションでの、古宵ちゃんの「みなさーん! 声出してくださいー!」は気合入りまくってる。

位置が位置だっただけに、古宵ちゃんは何度もレスくれたし、センターだったので理子ちゃんも乃亜ちゃんも、そして茉凜までくれたにも関わらず、まいなちゃんは(多分)ノーレスでフィニッシュです…切ねえ…。
まあ、対バンの時とかは他オタ中心のレスにはなるのはわかってるけどね…
夏の決心始まる時にチラッと見てくれたような気がしたから、来るかな、来るかな、ラストチャンス、と思っていただけにちょっと凹みました。明日のカルチャーズで期待したい…。
まあ、『GdS』のしゃがみパートで古宵ちゃんから笑いかけてもらったから良しとしよう…。

5曲ってのは正直物足りない部分もあるんですが、3マンだし仕方なし。

アイドルネッサンス終わりで後ろに移動。
この時に会場が真っ暗になってしまうのはちょっと危険だと思いました。入れ替わりが発生するタイミングなのに人が見えないからぶつかったりが結構あった。
こういうところは改善して欲しい。薄く客電点けるとか、方法はあると思います。

dropは後方の柵前から見ました。
人が少ないせいでここからでも十分見えるし、むしろここの方がレス来るんじゃね?とか考えてしまうレス厨。まあ、さすがにdropでがっつきはしませんでしたけど。
dropは見るのは5度目で、3人になってからは3度目。
2.5次元を標榜するグループならではのパフォーマンスは何度見ても飽きないんだけど、そもそもが自分がそのエリアのオタではないので、深いところには刺さらない、という感じなんだよな。
見て、聞いてる分には楽しいし、オタの盛り上がりも後ろから見ている分には楽しいんだけどね。
推すならたっきーだな、とは思う。たっきーのツインテールほとんど見たことないけど。
自分がもう少し若くて、この属性の人間だったらメッチャハマって楽しいんだろうなあ、と、ちょっと遠い目で見てしまいましたw

この後、エンディング前のブレイクタイムということで、スベリー・マーキュリーという名前のとおり、QUEENフレディ・マーキュリーのモノマネする芸人が登場して場を持たせてくれたんだけど、個人的にはとてもツボで、この手の繋ぎにしてはえらく楽しかった。大福は後ろからは見えなかったけどw

そのままスベリーがMCとなって、再び3グループ(ただし高校生以上のみ)が登場。
ここでは、dropのはるぴーのトークが冴えてたなあ。さすがは成人。
スベリーから、「@JAM EXPOで楽しみなことはなに?」という質問があり、また乃亜ちゃんが「ケータリング」っていうんじゃないのかなあ、と思っていたら、まず最初のわーすたが「チョコレートフォンデュ!」(楽屋裏に用意されているらしい)と答えたところ、乃亜ちゃんとまいなちゃんが激しく反応。どうやら、それを言おうとしていたらしいw
特にまいなちゃんの興奮ぶりは今日イチで、どんだけ跳ぶのよ! っていうくらいに飛び跳ねてましたw

ここでスベリーから、「みんな食べるのが好きですねー。今日も楽屋で茉凜ちゃんが、「こんなに美味しいチンジャオロースー弁当食べたことない!」って興奮してましたもんね」という逸話が披露され、ルネファン爆笑w
茉凜がアイドルネッサンスの中で一番の食いしん坊と知らないスベリーからその話が出ただけに余計に面白かったw
ブレないなあ茉凜w

そして、エンディングコラボということで@JAM EXPOのテーマ曲である『夢の砂』を全員で歌う。
ここで、出だしの大役をまいなちゃんが任されていて、推しとしては嬉しいやら誇らしいやらで、胸にグッときました。しかも、ちゃんと上手かった。やったね! まいなちゃん!
ちなみに去年りさちーが歌っていた聞かせどころは乃亜ちゃんが担当、こちらもさすがでした。でも、そのあとのアドリブダンスの方が記憶に残っているよ乃亜ちゃんw

@JAMで待ってるにゃあ、を、ということになり、まずはまいなちゃんが披露。
さらに葉月ちゃんも、ということになり、葉月ちゃんが「待ってるにゃあ」してくれて、二人の待ってるにゃあが聞けたのはオレ得だった。
だがしかし、古宵ちゃんの代わりに(?)一番うへぇーという顔したのも葉月ちゃんだったw(あとはるぴー。絶対にやりたくない、と言ってたしw)。

最後に意気込みを、というところで、それぞれお互いにリスペクトの言葉を投げつつも、乃亜ちゃんが「でも、一番はアイドルネッサンスだった、と言ってもらえるように頑張ります!」とブッコんできたのは「おおっ!」と思いました。

セットリスト

わーすた
追記予定

アイドルネッサンス
1. ミラクルをキミとおこしたいんです
2. 恋する感覚
3. Good day Sunshine
4. YOU
5. 夏の決心

drop
追記予定

諸情報

  • チケット:4,400円(+ワンドリンク500円)、リーフレット付き、整理番号60番台
  • 座席:オールスタンディング(わーすたセンター3列目、アイドルネッサンスセンター2列目、drop上手柵前)
  • 特典会:お見送り会(佳奈ちゃん、茉凜ちゃん、古宵ちゃん、理子ちゃん、まいなちゃん、菜奈子ちゃん、乃亜ちゃん)

その他所感

BLAZEは音響がいいイメージだったんだけど、今日はハウリングしまくりだったのは残念。わーすたやdropではそこまで目立ってなかったから、マイクの本数が原因だったのかなあ。

それにしても、MCの最中に大声とか奇声出して邪魔するやつはマジ迷惑。最悪だわ。

https://instagram.com/p/6ovz8Wmrun/

昨日のお見送り会特典券。