読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

つりビット 6thシングル「釣り銭はいらねぇぜ」発売記念 ミニライブ&シングル予約者対象特典会 TSUTAYA JR中野駅前店

https://instagram.com/p/4bnvxXGrn4/

TSUTAYA中野店は相変わらず仕事が丁寧で推せるわー。

基本情報

  • アイドル名:つりビット(聞間彩、安藤咲桜、長谷川瑞、竹内夏紀、小西杏優)
  • 開催日:2015年6月27日(土)一部 13:00開始 二部 16:00開始
  • 会場:TSUTAYA JR中野駅前店

感想

つりビットのメンバーが醸し出す空気というのは、本当に周囲を幸せにする。

それはおそらく、彼女たちがガツガツもしてないし、悲壮感も感じさせないし、なんというか他のアイドルグループとの競争というよりも、自分たちは自分たち、という地に足の着いた感覚がもたらすものだと思う。

もちろん、彼女たち自身は胸のうちに秘する思いや強い気持ちがあるのかもしれない。
しかし、それ以上に、今目の前にある現場を、ファンを、楽しませ、喜んでもらおうとする、その気持ちの方が前面に出ているので、ファンである我々としても必死で応援する、とか自分たち自身がガツガツすることなく、現場を楽しむことができる、それが一番の魅力だと思う。

前作の『負けないガッツ』のリリイベが、ここTSUTAYA JR中野駅前店で行われたのが4ヶ月前。

その時は、さくちんがインフルエンザ、そしてなっちゃんが一部のパフォーマンス終了後に体調不良、ということで、みーちゃん・ちゃんあや・ぁゅタンの3人だけで頑張ることになった、ある意味ではリベンジの場である。
そして、それをキッチリ、だけど悲壮感とかそういうものとは無縁に返してくれるところは彼女たちらしいなあ、と思いました。

自分が本格的につりビットに軸足を置き始めたのが、その前回の中野だったので、個人的にも思い入れがある。
前回は2時間前に店着したら5人しかおらず、結局30分前までは10人くらいしかいなかったというのに、今回は45分前に着いたら既に50人以上が集まっており、最終的には100人くらいになっていた。
日比谷公園のフリーライブの影響もあると思いますが、こうして着実に彼女たちの魅力が少しずつ広まっているのは嬉しい。

このお店は毎回、黒板やPOPなどで派手にリリイベを飾ってくれるので、店着したと同時にPOPの写真を撮ろうとしたら、女の子の二人組がPOPを見ながらわちゃわちゃといちゃついており、ん? と思ってよく見たら、みーちゃんとさくちんの二人だったというねw
驚いて思わず「二人ともこんなところで何してんの!」と言ったら、二人が慌てて振り返り、「あわわー、見つかったー」とかみーちゃんが言うもんだから、いきなり顔が緩んでしまいました。餃子さんが現れて、いそいそと二人を控え室に連れて行きました。二人とも本当に仲良さそうに私服でいちゃいちゃしていたので、いい目の保養になりました。

https://instagram.com/p/4atc7Vmrra/

TSUTAYA中野に到着してすぐ、この写真を撮ろうとしたらパネルの前でみーちゃんとさくちんが戯れていたという超俺得。

下手の4列目くらいに座り、本番を待っていたが、45分前に私服で二人がいたことを考えると、リハーサルはどうなるんだろう、と思っていたら、なんとビックリリハーサルなしでした。

衣装は今日もゴールド衣装。すっかりこの衣装も板についてきたなあ。
いきなりの『釣り銭はいらねぇぜ』から入って、『恋愛戦線異常あり』。一応この会場は声出しOKなのですが、「オレモー」の声がいつもより小さかった。
クラップやいつもは目立つMIXもあまり目立つことなく、Bメロは大概オーイングからのパパン、になることがほとんどなのに、今日はパンパパン、になってたのも、新規の方が多かったのかな、という印象。個人的には好ましい傾向でした。まあ、自分は「オレモー」言ってたけどw

MCでは、『釣り銭はいらねぇぜ』のレコーディングの思い出話。といっても安定のグダグダでw、話はそこまで広がらず、カッコイイ曲なのでいつもと違って笑顔よりも真面目な顔でレコーディングした、という話でした。
話しぶりからすると、レコーディングは結構前だったのかなあ、と思いました。アイドルの場合、リリース前どのくらいのタイミングでレコーディングするもんなのかしら。意外にそういうことは知らないドルオタ。

MC明けは『踊ろよ、フィッシュ』『負けないガッツ』と安定の2曲。この2曲ではかなりさくちんと目が合ったので嬉しかった。
そして、つりビットの今年の夏曲『レモン海岸』。この曲は本当にいい曲ですね。聴けば聴くほどに思う。サビの「恋の味が知りたい」とか、王道アイドル路線のつりビットらしさがとても出てるし、この曲はユニゾンで歌うつりビットの良さが引き出せてると思います。
そして、「アイラブユーだよ」の部分でみーちゃんからレスもらったからもう最高に嬉しかったw

特典会は、握手会→2shotチェキ→チェキへのサイン会、でしたが、二部の特典会レギュレーションが、2shotならぬ3shotだったので、みーちゃんとさくちんの二人推しである自分はそちらで積むことにして、一部は握手会のみにしました。

順番はいつも通り、ぁゅタン→みーちゃん→ちゃんあや→さくちん→なっちゃん、でした。

握手会覚書。
ぁゅタン編。
私「今日ラメ多くない?」
ぁ「え!? そうかな? このラメね、ジェル式だからたくさん出してから塗るんだけど、乾くとなんかいっぱいになってるw」
私「そうなんだw 今日はなんかアピールしてるのかと思ったw」
ぁ「いやいやそれはないw たぶんあやちゃんとかなつも結構多いんじゃないかなw」
ぁゅタンとはいつも通りフレンドリーに話せて楽しい。

みーちゃん編。
私「もう、元気?」
み「うん! 心配かけちゃってゴメンね!」
私「いや、元気なみーちゃんが見れればそれでいいんだけどね」
み「元気!」
私「レスありがとうございました」
み「いぇーい!」
私「やっぱり元気いっぱいに汗かいて踊るみーちゃん見れるのは幸せだなあ」
み「やったー!」
みーちゃん元気いっぱい、笑顔いっぱいでした。それだけでもう嬉しかった。

ちゃんあや編。
私「相変わらずおキレイですなあ」
ち「いえ、そんなことないです」
私「ちゃんあやのさ、レモン海岸のラストの表情がなんかいつもと違ってて凄くいいよ」
ち「え!? あたしいったいどんな顔してるの!?」
私「なんで驚くのよw」
ち「どんな顔してたっけなあ…気になる」
この日のちゃんあや、色んな意味で適当で良かったw でも相変わらず近くで真正面から見ると可愛すぎて落ちそうになるよね…。

さくちん編。
私「さくちんは本当にキレイになったよねえ」
さ「そんなことないよ! 全然だよ!」
私「苦手だっていってたセクシーポーズも様になってきたし」
さ「嘘だー。全然上手くなってないよー」
私「いやいやホントだって!」
さ「えー」
正直、最近のさくちんの美しさは筆舌に尽くし難いものがある。
このさくちんを見に、一度はつりビット現場に来てください。そしたら、誰かにハマりますw

なっちゃん編。
私「やっぱり5人揃ってるのはいいねえ」
な「そうですね。ある意味リベンジ」
私「あの時のなっちゃんには感動させられたなあ」
な「いや、全然ダメですよ。ホントダメ」
私「なっちゃん、今日レモン海岸のラストでほっぺたプクプクしてたでしょ」
な「あ、見えてました?」
私「あれって毎回やってるわけじゃないよね?」
な「毎回じゃないです! っていうか毎回なんか違うことやった方が面白いかなと思って」
私「それじゃ次も楽しみにしてるわw」
自分に厳しいなっちゃんらしい言葉と、ファンを楽しませるために何ができるか常に考えてるなっちゃんらしい言葉の両方が聞けて凄く良かった。

自分は握手のみであとは特典会の模様を見ているだけでしたが、やはりこれまで以上に人が増えてる。
特に2shotチェキが長い。下手すると握手よりも多かった気がする。チェキへのサインもあったので、一部の特典会が終わったのが15時半近くでした。二部まで30分しかないよ。

私も慌てて店の外に出ておにぎりをひとつだけ食べました。
そしたらちょうど友人がつりビット見に来た。たまたま中野にいて、時間があったから、ということでしたが、そうやって足を運んでくれる人が増えたことが嬉しい。是非釣られていってくれることを祈る。

二部もリハーサルなしで、今度は上手の3列目に座れた。
あ、そうそう。一部も二部も特に運営がなにか言ったわけじゃないのですが、前方5列目くらいまでは座りのまま観覧してました。
前回のこの会場がそうだったということもあり、それを知っていたオタが多かったせいもあるとは思いますが、この空気もまたとてもよかった。今日の人数では前が立ったら後ろは絶対に見えないしね(この会場にはステージがない)。
それもこれも、つりビットメンバーが作り出す空気とは無縁ではないと思うのですよ。

というわけで、二部も座りで見ていて、ここできました『Go! Go!! Fishing』と『FISH ISLAND』。
前述したように、前回この場に立つことができなかったさくちん、そして途中で退場せざるを得なかったなっちゃん、二人のセンター曲をここで持ってきた。これこそが二人のリベンジだったと思います。二人ともとても生き生きとしていました。オジサンは、ちょっと涙ぐんだ…。

その他にもまさかの『おさかなソング』と『はじめのキモチ』で、リリースタイトルである『釣り銭はいらねぇぜ』以外のセトリは一部と二部で全部変えてきた。
ここにもまた、彼女たちの成長を感じました。リハもなしだったし。
本当に、今のつりビットはかつての彼女たちと違って、こちらが見守る必要とかまるでない。彼女たち自身の力だけで、我々を楽しませてくれる。それこそが成長の証だなあと、強く思いました。

MCでは一部の『釣り銭はいらねぇぜ』に引き続き、カップリング曲のレコーディングの思い出、という話。
ここで、カップリング曲のタイトルが明かされた(公式サイトにはもう載ってるけど)。

『裸足のマーメイド』『釣りパーティー』『潮風日記』といつも通り3曲で、一曲は釣り曲、というパターン(前回は釣り曲の代わりにさくちんソロ)ですが、なんと『潮風日記』はバラードとのこと(あれ?『裸足のマーメイド』だったかな? まあどっちか)。松田聖子っぽい曲でなっちゃんは大のお気に入りだそうです。さすがは昭和少女なっちゃんw
それと、これも『潮風日記』だったかな? どの曲だったかは、パート分け、それも1フレーズとかではなく、かなりキチンとしたパート分けがあるそうで、それも非常に楽しみです。オタがコールするを待ち遠しくて仕方ないんじゃないでしょうかw。

そして、特典会。
前述したように、二部の特典会は、握手会→3shotチェキ→チェキサイン会、でした。
ただ、当初チェキサイン会は、チェキ撮ったメンバー1名、というレギュレーションだったので、さすがに2人とチェキ撮って、1人だけサインもらうとかできねえ、と二の足を踏んでいたのですが、餃子さんに確認したら、特典券2枚で、2人からサインもらえる、ということがわかったので、慌てて買い増しです。
というか、このレギュレーション上手すぎるな。

二部の握手会は珍しく並び順がいつもと違う。メンバーが適当に考えたそうです。
ちゃんあや→なっちゃん→みーちゃん→ぁゅタン→さくちん、でした。

ちゃんあや編。
私「なんか今日のちゃんあやは色々適当だったなあw」
ち「えー、どこがですか?」
私「MCとかみーちゃんの話聞いてなかったでしょ?」
ち「そんなことないよ。私、真面目な話はちゃんと真面目にするもん」
私「あれは真面目な話じゃなかったのかw」
ち「いやいやいや聞いてましたよ!」
ホント今日のちゃんあや、握手会でのオタとの会話とか本当に肩の力抜けていい感じに適当で、それが個人的には凄く面白かったし、ちゃんあやがああいう感じのときは、こちらも話しかけやすい。

なっちゃん編。
私「今日は絶対にGoGoとFISH ISLANDやると思ってたんだ」
な「お、勘が鋭いですね。当たりましたよ」
私「前回のリベンジで、さくちんセンターとなっちゃんセンターは持ってくるだろうとね」
な「あー」
私「一部でなかったからないのかなーと思ってたけどまとめてくるとはね」
な「でしたー」
私「なっちゃんセンターはやっぱり見れると嬉しいし、なっちゃんもらしくなってきたよね」
な「いーや、全然です。まだまだです」
私「新曲のパート分けの部分も楽しみにしてるね」
な「うっす!」
自分の中でなっちゃんは、尊敬できるアイドルのうちのひとりです。本当になっちゃんの人間性ってのは素晴らしいと思う。

みーちゃん編。
私「みーちゃん、可愛すぎるでしょ…」
み「ええー、そんなことないよぅ」
私「おさかなソングのみーちゃんの笑顔がもう最高すぎて」
み「わーい! 嬉しい! ありがとうー」
私「そのあとすぐに釣り銭ではシリアスな顔見せてくれるし、ホント素晴らしかったです」
み「照れちゃうよー。ありがとうー」
私「この後の3shotでもよろしくお願いいたします」
み「うんっ!」
みーちゃんの「うんっ!」が大好物な私です。この瞬間のみーちゃんの可愛さはなんとも言いようがない。

ぁゅタン編。
私「最近さ、つりビットにハマった友人たちがみんなぁゅタン推しになるんだよね」
ぁ「マジで!?」
私「そうなんだよー。この前のReNYで見た友人もぁゅタンがよかったって言ってたし」
ぁ「きた! 小西モテ期キタ!」
私「まあ、それもわかるくらいぁゅタン可愛くなってるよね」
ぁ「ホントに!? あー嬉しい!」
私「一番成長したもんなあ」
ぁ「いえーい!」
本当に見事に判で押したように最近釣りにハマった友人はぁゅタン推しになる。

さくちん編。
私「最近のつりビットは本当に安心して見ていられる。成長したなあ、って思うよ」
さ「本当に? それ、本当に嬉しい…そう言ってもらえるように頑張ってきたから…」
私「ホントですよ。今日もリハなしじゃない。それでもキッチリこなしてくれるし」
さ「成長できてるなら良かった」
私「人も増えてきてるし、ここからだね」
さ「はい!」
さくちん、途中でグッと手を握る力が強くなるくらいに思いがこもってた。
こういう言葉では見せない態度ってのが伝わってくると、こっちの心も動くよなあ。

3shotは当然、みーちゃんとさくちん。ポーズは↓の写真の通り。
二人推しである自分への戒め的なものにしてみました。最初は二人がちゃんと威嚇しあって見詰め合ってたんですが、みーちゃんのシリアス顔に耐え切れなくなってさくちんが笑ってしまう一瞬前くらいの表情の写真ですw

https://instagram.com/p/4bpNQWGrqk/

あの娘と私、どっちが好きなの!

で、その後はチェキにサインをもらいに。最初はみーちゃんから。
みーちゃん、ちゃんと名前も覚えててくれた…嬉しい。先週、なっちゃんがみーちゃんの代わりに指差しくれたんだよ、という話ししたら「みんなにはね、いつも助けられてるから」とか言うもんだからまた目頭熱くなってしまいました…。

続いてはさくちん。
ポーズ撮った時に笑っちゃった話とかして、名前書く時にみーちゃんが既に書いてくれてたから、その名前見て、
さ「あ、いつもリプくれてる! アイコンがわかりやすい人だw」
私「あ、虎ガーマーク…ゴメン」
さ「ううん! さくも好きだから!」
私「そうだよね、武道館来てたし」
さ「うん、一時期はねLINEのアイコンこれにしてたくらいだよ」
私「そうなんだ! 誰推しなの?」
さ「うーん…(悩む)」
私「ちなみに私は愛夏っちゃん推し(聞いてない)」
さ「りおトン!」
私「りおトンなんだ! 年も1つしか違わないのに」
さ「でも凄いもん。モデルみたいにキレイだし、あの不思議な世界観とか」
私「確かにねえ。最近のりおトンますますキレイになってるしな」
さ「でしょー」
と、遂につりビット現場でも虎ガー認知され、オタ話してしまいました…。

やっぱ、サインタイムはゆっくり話が出来て楽しいなあ。
この3shotはポーズも含めて、サインももらえたしかなりお気に入りの一枚となりました。

そんなこんなで二部は多少人数は減ったものの、それでも特典会終了まで2時間、終わったのは18時過ぎてました。

まあ、強い人たちがレギュレーションによってループした結果とも言えますけどw

特典会終わるまでの間、チェキやサインで呼ばれてないメンバーがわちゃわちゃしているのを至近距離で楽しみ、時には話が出来ちゃったりするのも、今のつりビット現場ならでは。
なので2時間まったく退屈せず、ひたすらに楽しい時間を過ごすことができました。
今日も先週に引き続き、髪をまとめてかきあげるなっちゃんの姿とか見れたのでよかった。あのポーズで写真撮りたい。

てなわけで、今日は一日この現場にいたわけですが、幸せな時間でした。
ガツガツしたアイドルが嫌いなわけじゃないし、そういう現場も好きだけど、つりビット現場がそれとはまた違う空気に包まれているからこそ、他の現場と並行して行きたくなる、他とは一味違う現場として、自分にとっては大事な場所として今はあるなあ、と感じた一日でした。

セットリスト

一部
1. 釣り銭はいらねぇぜ
2. 恋愛戦線異常あり
<MC 自己紹介>
3. 踊ろよ、フィッシュ
4. 負けないガッツ
5. レモン海岸

二部
1. Go! Go!! Fishing
2. はじめのキモチ
<MC 自己紹介>
3. FISH ISLAND
4. おさかなソング
5. 釣り銭はいらねぇぜ

諸情報

  • チケット:フリー
  • 座席:前方着座(一部下手四列目、二部上手参列目)
  • 特典会:全握×2(ぁゅタン、みーちゃん、ちゃんあや、さくちん、なっちゃん)、3shot(みーちゃん、さくちん)、チェキサイン(みーちゃん、さくちん)

その他所感

まあ自分はようやく推しに認知されたレベルだけど、そのレベルでも和気藹々感は味わえるので、通ってて良かったと 思いました。あとは和気藹々感が度を越すようなことなく、新規が増えていってくれればなあ、と思う。

今日のリリイベでは10曲(9種類)が聴けたのはとても嬉しかったし、お得感があった。つりビットは曲の幅が広いし、色んな楽しみがあるから、早くまたワンマンでまとまった曲数をじっくり聴きたいなあ、という気持ちになりました。今日のおさかなソングからの釣り銭とか相当意外性あって良かったよ。

 

釣り銭はいらねぇぜ(DVD付)(初回生産限定盤)

釣り銭はいらねぇぜ(DVD付)(初回生産限定盤)