読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

まなみのりさ 日本お好み党 「日本お好み党決起集会 ~まなみのりさxお好み焼き写真展~

https://instagram.com/p/3A-qwnGrp-/

今日の現場。

基本情報

感想

そもそも、日本お好み党とはなんなのか、というと、広島出身のまなみのりさが、地元への恩返しとして、広島のソウルフードである「お好み焼き」を応援するプロジェクト。クラウドファンディングで集められた資金で、お好み焼きをより広く知らしめるための活動(写真やWeb)を展開する、ということになっていて、今日のイベントはその写真展でした。

greenfunding.jp

写真展とはいえ、アコースティックミニライブもあるし、今日はメンバーによってお好み焼きが振舞われる、ということで行ってまいりました。
ちなみに、全てフリー。

電車の時間を読み違えて、到着したのは開始時間の12時を5分ほど過ぎてしまったのですが、運よくまだライブは始まっておらず、メンバーとファンが一緒に写真を見てワイワイしている。その距離感がもう驚き。

ライブも、ステージとはいえ、平台が2枚あるだけの上に3人が乗って、すぐその前にファンが立つから距離が近い近い。たまたま写真を見ていた位置がステージに近かったせいもあり、さすがに最前ではありませんでしたが、2列目くらいでりっちゃんゼロズレというね。それでも1メートルくらいしか離れてないから、りっちゃんがニコッと笑いかけてくれると、あまりにもドキドキしてしまい、りっちゃんをまともに見るまでに結構な時間がかかった。

当たり前ですが、みのちゃんもまなさんも近い。みのちゃんはちょうど人の頭に隠れたりする位置だったので、見たい時だけ見ようとすれば見れる感じなので落ち着いてみれたのですが、まなさんは対角線でバッチリ視界に入っており、そちらを見るとまなさんがやはりニコッと笑いかけてくれるので、ミニライブの間中りっちゃんとまなさんの目線にある意味では怯え(?)ながらドキドキしておりました。
新参は大人しくもっと後ろでひっそりと見ていればよかったかも。でも、この距離で見れるのは本当に嬉しい。

アコースティックということで、いつもとは一味違う雰囲気だったわけですが、これがまた、これはこれで素晴らしいですね。
いつものように回ったり、サークル作ったり、指差しがあったりはしないものの、3人が奏でるハーモニーを心地好く聴くことができました。
これは、落ち着いたファンの多いまみり現場ならではだなあ、と。
当たり前ですが場の雰囲気を壊すように騒ぐ人もいないし、なにより3人の歌声に夢中になるので、場の一体感がハンパなかった。

りっちゃんに関しては、距離が近過ぎて、マイクを通さないりっちゃんの声まで聴こえる。その美しさ、特に3人ハモの時のりっちゃんの上ハモの声が直接聴こえてきた時は思わず目を瞑って聴き入ってしまったほどでした。

1曲目は『ポラリス』、YouTubeでアコースティックライブの映像とか見てたけど、『ポラリス』のアコースティックを生で聴くのは初めてです。アップテンポのこの曲をミディアムで、ギターだけの演奏で聴くのはとても新鮮だったし、ダンスも当然ないんですが、その分だけ曲の良さに引きこまれた。

2曲目は『花魁サンダー』で、こちらはYouTubeのアコースティック映像で何度か見ていて、聴きたいとも思っていた。
やっぱこれはカッコイイわ。
そしてやはりこの曲はまなさんですねー。主メロもそうだし、なんといっても途中のラップ。カッコよかったー。

3曲目は初めて聴く曲『ひろしまVOICE』。
広島のソウルフードであるお好み焼きのイベントということで、この曲を聴かせていただきました。
個人的にはこの曲のりっちゃんソロパートの、りっちゃんの歌い方が超ツボだった。りっちゃんの元々の声質というのもあるんだけど、この曲ではとても愛らしい、まるで子どものような声で歌うんですよ。それがもうたまらん。しかもそれが1メートルの至近距離ですからね。
今日は正直、個人的にはりっちゃんデーでした。

MCでは、写真展で飾られている写真についてのトークが色々とあるんですけど、明日行く人もいるかもしれないので、それは割愛しますね。ただ、トークも含め、楽しいことは請け合いです。

https://instagram.com/p/3BwTUFGriq/

まなみのりさ、お好み焼き写真展。この3枚は撮影可でした。

あ、あと衣装ね。衣装というか私服なんですけど、その上にお好み焼きがあしらわれたエプロン。
カワイイ…。私服にエプロンはマジヤバイ。
また、りっちゃんが肩フリフリのシャツでね、超可愛かった。

ミニライブ終了後は、なんとお好み焼きをメンバーが振舞ってくれるというイベントが。
協賛(?)のオタフクソースが実際にお好み焼きを焼いてくれて、それをメンバーがファンに手渡してくれます。
しかも、人数分焼くとなると、2回転する必要があり、その2回転目は3人がお好み焼きをひっくり返してくれました。

まずは、まなさん。ちょっとひっくり返りきらなくてオタ評価は60点。
続いて、みのちゃん。これまたひっくり返りきらず、オタ評価は55点。まなさん「やった!勝った!」w
そして本命のりっちゃん。見事にひっくり返して100点評価でした。りっちゃんはそのまま2枚目も見事にひっくり返して料理好きの面目躍如でしたね。

運良く2回転目のお好み焼きをいただくことができ、りっちゃんがひっくり返したお好み焼きでした。
オタフクの人がカットまでしてくれて、まなさんがソースかけて、りっちゃんが青海苔かけて、みのちゃんは気合注入、という役割分担。みのちゃん、ノリノリでしたw

普通にお好み焼きが美味しいのはいうまでもありませんが、それをアイドルである3人を介して振舞っていただくわけですから、美味しさ倍増ですよ。
アイドルのBBQイベントとか行ったことがないけど、こういう感じなんだろうな、と。
しかもそれがフリーです。クラウドファンディングのスポンサーの方々には申し訳ないというか本当にありがとうございます。

https://instagram.com/p/3Aq2-CGriq/

りっちゃんがひっくり返してきれた(お見事でした)お好み焼き。美味しゅうございました。

それだけでも満足なのに、メンバーが控え室に戻ってしまうわけでもなく、そのままファンのそばのテーブルで食事しているわ、ファンの周りを歩いて会話してくれるわと、正直なんなんだこの神現場はと思いました。
ソファに座ってオタ友人と話とかしてたら、まなさんとりっちゃんの方から「お好み焼き美味しかった?」とか、話しかけてくれるんですよ。
そのまま目の前でスタッフの人が写真撮影しているのを見てツッコミ入れたり、二人とは何度も話したなあ。
みのちゃんはみのちゃんで写真展の会場でファンと一緒に写真見て話してたみたいで、ちょっと他のアイドル現場では味わえない雰囲気でした。アットホームにもほどがあって、凄く心地好かった。

更に写真展の会場では、メンバーひとりひとりが順番に登場して、トークショー。というかファンの質問に答えてくれる。お好み焼きの好きなトッピングは?という質問に、
みのちゃん「チーズは絶対。あとは納豆とキムチ」
まなさん「最近ハマってるのは大葉とニンニク」
りっちゃん「納豆とキムチとチーズ」
でした。りっちゃん、みのちゃんと丸被りw しかもまなさんに大葉を薦められて、凄く美味しかったと答えてたし、影響受けやすいのかもw

この質問タイムの時にお酒の話とか出たんですが、自分的にはアイドル現場でお酒の話とか聞いたの初めてだったかも。特に最近は中高生メインの現場が多いんで、そんなこと考えたこともなかった。
そういう話もできるところがまみり現場の良さだなー、と。オタとの距離感といい、制限されてる感じがほどんどない。もちろんこれまでオタの人が培ってきた信頼によるものだと思いますが、物理的な距離だけじゃなく、精神的な距離も近いんです。もちろん、一線は画しているわけですが、それが限りなく薄い。
オタである我々の側が信頼されている、という感覚はやはりとても気持ちがよいというか、こちらも必要以上に緊張することとかないので、疲れないし、本当にいい現場だなあ、と。

で、さらにこの後もう一回、お好み焼き振る舞いがありました。二回目は写真撮るの忘れてしまった…。

ちなみに二回目は、みのちゃんがソースかけて、まなさんが青海苔かけて、りっちゃんが「召し上がれ」でした。

会場に来るまでは、ミニライブ1回見て、お好み焼き食べたら帰ろうかな、とか思っていたんですが、あまりにも居心地が良く、なかなか離れられないし、ここまで来たら19時からの二回目のミニライブも見たい。
トーク終わった後もメンバーはすぐ近くにいるし、なにかあるごとに声かけてくれるし。ようやく退場する時にも、「また後でねー」とか言ってくれるので、やはり会いたくなっちゃう。

というわけで、3時間近く時間があったのですが、渋谷にいったん移動して、2つほどリリイベ回してから、再びリキッドルームに戻りました。

30分くらい前に着いたら、写真パネル購入したファン*1が特典として、メンバーと一緒の写真を撮るところで、それも我々のすぐ目の前でやってくれる。まなみのりさとファンの隔たりというものが本当に全くと言っていいほど感じられない。だからこっちもがっつく必要もない。そういう好循環がここにはありますね。

19時からのライブは、衣装を変えてきました。
今回のイベントの主催会社である「おくりバント」という会社のTシャツとキャップ。個人的にはエプロンの方が好きではありましたが、こっちも可愛かった。キャップの被り方が3人それぞれ微妙に違ってて面白かったな。

1曲目は『ひろしまVOICE』。1回目のミニライブで初めて聴いた曲ですが、自分の中では早速りっちゃんカワイイ声曲としてお気に入りになっていたので今回も堪能。
あ、位置的には1回目とほぼ同じりっちゃんゼロズレ2列目でした。意図的にそうしたわけでもないのですが、結果的に。明日はまなさん側に行ければ行こうかなー。

1曲目終わってMCに入ったんですが、ここでりっちゃんの咳が止まらなくなっていったん控え場所へ。それでもすぐ側だからりっちゃんの咳が聞こえてきて、なかなか止まらないその咳にちょっと心配になってしまった。
その間、みのちゃんとまなさんがトークを回します。ファンに心配かけないよう、何事もなかったかのようにトーク回す二人もさすがだなと思ってましたが、実際はみのちゃんがMCの流れ間違えて、後で話すことをいきなり話しちゃって、まなさんがオロオロするという一幕もw まあそれらが全部ちゃんと笑いに繋がるところはやはりキャリアの為せる技だなあ、と。

そうこうしているうちにりっちゃんも無事に戻ってきて、2曲目へ。
ここでも、みのちゃんが「これ使います」とスタンドマイクを持ち出すんだけど、まなさん「え? 使うっけ?」。
みのちゃんは自信満々で「使うじゃろ」と準備しますが、全員のスタンドマイクが用意されたところで「あ、使わんかった!」って、みのちゃんw おまけにみのちゃんのマイクケーブルが2回も外れるしねw

2曲目はこれまた自分は初めて聴く曲の『レモンサイダーと夏休み』。もともとがスタンドマイク曲なんですね。
りっちゃん、ちょっとだけ顔赤かったけど、きっちりと歌いこなしてくれました。
なんでも広島はレモンの産地としても有名だそうで、やはり今日は広島に因んだ曲を中心に歌ってくれました。

イベントの趣旨そのものものそうだし、今日はまなみのりさの広島に対する深い郷土愛に触れた一日でもありました。
彼女たちにとってみれば、昨年からは活動の拠点を東京に移して、余計に地元・広島に対する愛情が高まっているのかもしれません。
それがとても伝わってくるイベントだったし、ライブだったし、トークでした。
しかし、それが一切押し付けがましくないのがまたよかった。素直に広島でお好み焼き食べてみたい、と思ったし、彼女たちのライブもいつかは広島で見てみたい、と思いましたからね。
ロコドルの場合は、そういう部分はとても大切だと思います。

3曲目はやはりこの曲、ということで『ポラリスAb』。まなみのりさの代名詞ともいえるこの曲をアコースティックで。
当然、回ったりはしないのですが、クラップだけでもこの曲の楽しさは十分伝わりますね。クラップもちょっと変わっているので、それがまた会場全体で揃うのが気持ちいい。
また、そのクラップの先導をTOの方がさりげなくしてくれる。なんなのこの親切なアイドルと親切なスタッフと親切なオタしかいない現場。そりゃ幸せな気分になるよ。

2回のミニライブとも3曲で、アコースティック。そりゃもっと聴きたい、となるのが人情というものですが、そんな人のために翌週の土曜日(5/30)にはアコースティックライブがちゃんと用意されているというね。
自分は行こうかどうしようか正直悩んでいました。アイドルのライブでアコースティックかあ、と。ノレるかなあ、と。

で、結論からいえば大満足だったので、来週のアコースティックライブも行こうと思いますw
一緒になって踊って、大きな声で叫んで盛り上がれるライブはもちろん楽しいですが、まなみのりさであれば、アコースティックでも全然楽しめることがわかりました。それだけの歌とハーモニーのクオリティがあり、それによって感じることのできる一体感自体が気持ちよい。
普通のライブももちろん行きたいし、好きですが、こういうライブもいいじゃない! と素直に感じました。

あと15分で写真展も終わり、という時間になったので、帰ろうとしたら入り口のカウンターに3人が来てくれて、帰るファンたちに一言ずつ声掛けてくれる。どんだけ、親切なんだ、と。
今日は楽しかった、ありがとう、あと、ご馳走様でした、と声を掛けたときの3人の嬉しそうな笑顔がね、またこの笑顔に会いたいな、と思わせてくれる笑顔でした。

しかも喫煙所でスタッフの方がまた話してになってくれて長々と話しちゃったり。とにかく一から十まで、全てにおいてアットホームで、高まりとかとは別の、ほんわか幸せな気分に一日中浸りきることができました。
まなさん、みのちゃん、りっちゃん、そしてスタッフの方々、そしてオタの方々、私のような新参でもこんなに心地好くいることのできる空間を作ってくださって本当にありがとうございました。

というわけで、明日も行ってこようと思います。
Twitterでも書きましたが、アコースティックで3曲のミニライブとはいえ、アイドルお宝くじ10週勝ち抜き中のまなみのりさのライブをフリーで至近距離で聴けるし、3人が温かく迎え入れてくれますよ。
明日(5/24)のミニライブは、14時、16時、18時の3回あります。何度も言いますが、フリーです。お時間のある方は是非に。

まなみのりさ official website

セットリスト

1回目(12:00)
1. ポラリス
2. 花魁サンダー
3. ひろしまVOICE

2回目(19:00)
1. ひろしまVOICE
2. レモンサイダーと夏休み
3. ポラリスAb

諸情報

  • チケット:フリー
  • 座席:立ち見(1回目2回目共にりっちゃんゼロズレ2列目(実質最前))
  • 特典会はありませんが、ほぼ全編が特典会です。

その他所感

書きたいことは大概書きましたが、とにかく居心地のよい現場だし、アコースティックな分、まなみのりさの歌の素晴らしさも伝わるし、ひとりでも多くの人に行ってみてもらいたいと思います。

まなみのりさ official website

*1:写真展のパネルのうち何枚かは購入可能です