読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

寺嶋由芙プレゼンツ「まじめなアイドルたちの5月病」

https://instagram.com/p/2v2ww6mriX/

今日の現場。

基本情報

  • アイドル名:アイドルネッサンス(新井乃亜、石野理子、橋本佳奈、比嘉奈菜子、南端まいな、宮本茉凜、百岡古宵)、じゅじゅ、寺嶋由芙、BELLRING少女ハート ※出演順
  • 日時:2015年5月16日(土) 12:30開場 13:00開演
  • 会場:渋谷 O-nest

感想

アイドルネッサンス目的ではあったものの、以前から一度は見てみたいと思っていたゆっふぃーとベルハーが出るということもあり、楽しみにしていた。
じゅじゅに関しては残念ながら、アイドルネッサンスの特典会と被ってしまうので見ることができず。

整理番号良くなかった上に、プレイガイド共通で番号が振られていたので、結果的には3桁以上の番号だった。
それでも運よく下手段差の真ん中辺りに友人がいて、結果的にその横で見れたので良しとする。
本当は上手段差を狙っていたのだが、そちらは女限だった。

アイドルネッサンスはトップバッター。
一曲目は何で来るのかな、と思ってたら全員が縦一列に並んでからの『Good day Sunshine』。今日は天気がいまひとつだったので、もしかしたら歌わないんじゃないかと思っていたりもしていましたがそんなことはなかった。
早速のクラップ曲で会場いきなり盛り上がる。
続いての『YOU』。位置的に指差しもらうには難しい位置だったなあ。それでもこちらは振りコピ全開で楽しめました。

MCでは、乃亜ちゃんが、
「実は『17才」のMVを公開して、一番最初に反応してくれたアイドルが寺嶋由芙さんで、それ以来ずっとお世話になっています」
という話が出て、さすがはゆっふぃーだな、と思いました。

ここからは3曲連続ということで、『17才』、『恋する感覚』、『ドカン行進曲(己編)』。
楽しくないわけがない。
今のアイドルネッサンスはリリイベや対バンで持ち時間30分くらいだと、『17才』、『YOU』、『恋する感覚』、『Good day Sunshine』、『ドカン行進曲』、の5曲はほぼテッパンで、それに『太陽と心臓』、『ミラクルをキミとおこしたいんです』、『あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう』あたりのどれかが入るセトリ。それでも全然飽きない。むしろそれがいい。

リリイベや対バンってそれでいいんだと思う。今一番力出せる曲、観客を盛り上げられるセトリ。毎回それでもいいじゃない。他にも色んな曲がある、ってのはワンマンで聴かせてくれればいいんだし。まあ、リリイベの場合はどうしてもリリースするCD中心にはなるけど。と、これはまた別の話。

『ドカン行進曲』の時、最近では、前の曲終わり時点で茉凜ちゃんがセンタートップにくるようにフォーメーション組んでたんだけど、今日は前に二人が残ってる状態でドカンイントロ。どうするのかと思ったら二人の間から茉凜ちゃんがトップまでスッと出てきて、それが凄くカッコ良かった。

そして、ラストが『ロングシュート』。
あとでわかったんですが、ゆっふぃーが岡村靖幸の『だいすき』カバーしてるから、今日は『ロングシュート』での締めだったのか。

ライブハウスで距離が近いということもあって、コール&レスポンス煽る煽る。
下手の柵ギリギリまで出て盛り上がってたら、茉凜ちゃんがこっちにマイク向けて「もっと声出して!」的な表情してくるから、これって直で煽られてるのかな、と思ったら、実際にそうでしたw

先日のOTODAMAに引き続き、立ち現場でアイドルルネッサンスということもあり、OTODAMAよりは狭かったとはいえ、全身で振りコピできたし、下手段差にいても距離は近いのでメッチャ盛り上がったし、メッチャ楽しかった。
残念ながらまいなちゃんのレスはもらえませんでしたが…。上手に行ければなあ。

すぐに特典会ということで、上のロビーに移動。
すぐにメンバーも登場。理子ちゃん、汗まだ引いてないよw
お見送り会の順番は、理子ちゃん→古宵ちゃん→乃亜ちゃん→まいなちゃん→奈菜子ちゃん→佳奈ちゃん→茉凜ちゃん、でした。
最初に順番の説明がなかったので、最後に「今日の順番は?」と思わず聞いてしまったデータ系オタ。
奈菜子ちゃんが「朝起きた順です」と言っていたので、おそらく、朝早く起きた順だったのかな。ガンダム広場の時と同じですが、今日の順番はかなり違ったな。

お見送り会覚書。
理子ちゃん編。
私「今日もいい汗かいてたねw」
り「エヘw ありがとうございます」
私「そろそろ衣替えしないと理子ちゃんが脱水症状になるんじゃないかと心配w」
り「大丈夫です!でもそろそろかな?」
私「新しい衣装も楽しみにしてます」
り「はいっ!」
理子ちゃんホントに汗引いてなかった。前髪がまだ額に張り付いている理子ちゃんと話せるのはちょっと嬉しい。

古宵ちゃん編。
私「古宵ちゃんに会えて嬉しいー」
こ「キャッ(照れてる)」
私「明日も明後日も会えるしね」
こ「(激しく頷く)」
私「明日の2shotよろしくお願いします」
こ「こちらこそよろしくお願いします」
私「プレゼントも用意しましたんで…」
こ「ええーっ!!ホントに?!」
相変わらず推しとはうまく喋れない…。

乃亜ちゃん編。
私「今日のMC凄く良かった」
の「え、そうでしたか?」
私「ゆっふぃーのこと初めて知ったから。あれはいい話。」
の「そうなんですよ!ホントに私たちが生まれたときからお世話になっていて」
私「会うのは?」
の「サワソニの時とか。いつも優しくしていただいてます」
生まれた時からってw、と思ったのはナイショだ。

まいなちゃん編。
私「今日は下手の方で見てましたよ」
ま「ああーん、そうなんだ」
私「明日はもっと近くで見れたらいいなあ」
ま「(ドヤ顔ガンバレポーズ)」
私「まあ、三日連続会えるからそれが一番嬉しいね」
ま「ですっですっ!」
今日も最高に可愛くて上手く喋れなかった…。やっぱりレスが欲しい…。

奈菜子ちゃん編。
私「参った。今日のダジャレは良かった」
な「ホントですか!やったー!」
私「でも明日も明後日もあるからねえ。期待しちゃうよ。ハードル上げたよねw」
な「ドキッ!がんばります!」
奈菜子ちゃんが誉めてもらったときに見せてくれる笑顔毎回素敵なんだよなあ。
ダジャレの判定聞く時のドキドキ顔も好きw

佳奈ちゃん編。
私「佳奈ちゃんのブログが朝更新になったじゃない」
か「そうなんです。朝の方が私の生活スタイルにはあってるみたいで」
私「おかげで朝の楽しみが増えたよ」
か「そう言ってもらえてよかったです!」
私「夜にまとめて読んじゃうのももったいないしね」
か「(ガッツポーズ)」
地味に、以前に自分が「佳奈ちゃんの朝ブログ更新はいいね」といったことがこの結果を生んだんじゃないかと勝手に喜ぶポジティブシンキングオタ(推し以外)。

茉凜ちゃん編。
私「今日のロングシュートの煽り、凄かったw」
ま「え、そうですかあ?」
私「メッチャ煽ってくるからこっちも声出しまくったよw」
ま「あ、いるって見えてたんで。そっちにマイク向けましたw」
やはり勘違いではなかったかw 完全にこっち向いて声出せよモードだったからなw
なんか茉凜ちゃんには弄られっぱなしの気がするがまあしかたがない。嬉しいし。
こういう風に古宵ちゃんとまいなちゃんとも話せたら言うことなしなんだが…。

並行物販で時間がないこともあり、最後は普通に「特典会終わるネッサーンス!」でした。
はけるときに、ゆっふぃーのCD予約受付に来ていたタワレコの人に挨拶しに行っている姿が初々しかった。

特典会で並んでいる時に、モニターでじゅじゅを聴いていたんですが、去年ドル甲で見たときより全然良くなっていて、あの時は、刺さらなかったんだけど、もう一度ちゃんと見たいな、と思いましたね。
アイドルネッサンスも去年見た時は刺さってなかったんだから、半年で何がどう変わるのかわかりませんからね。

特典会終了時点で既にゆっふぃーがステージに登場していたので、慌ててフロアに移動。
とはいえ、既に人で満杯なので、後方の段差の人の頭の間から見ていました。それでも無意識のうちにセンターゼロズレに立ってしまうレス厨の自分が嫌だ…。

ゆっふぃーの存在は当然前から知っていたし、周囲にも通っている友人は何人もいたので、ずっと見てみたいとは思っていたのですが、なかなかタイミングがなかった。
今回、ようやく見れて、それだけでも嬉しかったわけですが、「古き良き時代から来ました。まじめなアイドル、まじめにアイドル」というコンセプトどおり、正統派に可愛くて、また観客を掴むのが上手いし、観客に勘違いさせるのも上手いw

センターゼロズレにいたおかげで、ゆっふぃーから色々もらえた気がしますが、さすがに今日は距離的にも人の頭の間から見ていたこともあるので、明らかに思い込みですな。でも、そう感じさせるだけの力がゆっふぃーにはあって、素晴らしいと思いました。

MCで、「今日はアイドルネッサンスちゃんが来ているので、私もカバー曲多めで」という話があって、マドンナの『ライク・ア・ヴァージン』が来たときはビックリした。
さらに、岡村靖幸の『だいすき』とシーナ&ロケッツの『YOU MAY DREAM』ですもん。ここでようやくアイドルネッサンスが岡村繋がりで『ロングシュート』歌ったんだな、とわかった。

『YOU MAY DREAM』の時には、スクリーンにシーナ&ロケッツの映像まで流れて、選曲だけでも驚いたのに元気に歌うシーナを見て、ちょっとウルッときましたね。

カバーも良かったし、個人的にはインディーズデビュー曲だという『#ゆーふらいと 』が好きだったな。メロディラインがとてもキレイでゆっふぃーには合っている気がしました。作詞がねむきゅんと友人に聞いてビックリしたけど。

MCがまた楽しくて、「アイドルネッサンスちゃんは会う度に成長して背が伸びてたり、顔が大人っぽくなってたり、毎回会うのが楽しみなんです。なんか親戚のおばちゃんみたいw そんな親戚のおばちゃんが生写真買いましたけどねw」とか。
この時にドロシーの話も出て、まだ心の整理がついていない身としてはちょっとドキッとした。

それと、2部では生バンドで歌います、という話で「イケメンばかりだから」とちょっとイジワルな表情で観客を煽っておいてからの、「ウソウソ、みんなが心配すると思って全員女性のバンドにしました!」なんてところがとてもニクイ。
『カンパニュラの憂鬱』でのサークルについても「いつも以上にゆるいサークルありがとうございましたw 巻き込まれていた人もいたみたいですが大丈夫でしたか?」など、オタに対する気遣いが凄いなあ。

というわけで、初めてのゆっふぃー体験は大満足でした。

そして、続いてのベルハー。
噂ばかり聞いていて、見たいけど怖い、という印象だったベルハー。
始まる前から、スタッフが「今日は前方に柵がありません! 気をつけてください! 最前の人大丈夫ですか? 繰り返します、前方に柵がありません!」とか注意してるから余計にビビった私は最後方から見ることにする。

んでもって一曲目からいきなりメンバーがリフトされてましたw
でも恐れていたようなことは特になく、むしろ離れているところから見ていると、オタの統率が凄く取れてて、全体での盛り上がる力はハンパなかった。
これは、沸きオタにとってはたまらん現場でしょうな。
こんなに「イエッタイガー!」聞いた現場も久しぶりだよw

曲的にもバリバリのロック系がメインなんだけど、音が凄くしっかりしてて作り込まれてる。
何の曲だったか忘れてしまったのですが(そもそもわかってない)、ガリガリにギター鳴ってるのに、そのバックで流れてるピアノが凄く伸びがあってキレイで、こりゃ曲として聴き応えあるな、と思いました。
こういう曲があってこその、オタのノリなんだろうなあ。
歌に関しては正直もうちょっとかな、とは思いましたが、それこそメンバー変わったばかりだし、歌いこなれてきたら、もっともっと面白くなりそう。

といいつつ、自分が気に入った曲は『夏のアッチェレランド』という曲で、ベルハーオタの友人に聞いたら「唯一のアイドルっぽいカワイイ曲」とのことでした。まあ、そもそもがガールポップ好きな自分としては、やはりこういう曲が好きだな。その友人がリフトされてて印象に残った、ってのもあるけど。

そんな感じでベルハーも問題なく楽しむことができました。
0-nestという箱の大きさもあると思いますが。最後方でも余裕で表情とか見えますからね。

終演後、ロビーに移動して、ゆっふぃーのCD予約して握手会へ。
数日前に「ゆっふぃーの特典会行っちゃいそう」と呟いたら本人からファボられたせいもあり、行くしかないな、とw
その話をしたら「エゴサーチ大好きなんでw」と笑ってました。で、今日も激しくファボられましたw
ゆっふぃーのファボられるのは悪い気がしないんで、こっちもエゴサーチ避けとかしてませんw

アイドルネッサンスTシャツのままだったんで、こんな格好で失礼します、と言ったら、「あー!」と一周年エンブレムに反応していて、ゆっふぃーがアイドルネッサンスすきなんだな、ということが伝わってきました。
ゆっふぃーがこのイベントを主催してくれたからこそ、楽しい思いをさせてもらったので、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

https://instagram.com/p/2v21biGril/

ゆっふぃーとも握手してきました。

アイドルネッサンスを楽しむことができて、さらには見たいと思っていたゆっふぃーとベルハー見れて、しかも内容が良かったんで言うことなしでした。
こういう小箱でのライブは本当に楽しいなあ。
ゆっふぃー、ありがとうございました。

セットリスト

アイドルネッサンス
1. Good day Sunshine
2. YOU
<MC 自己紹介>
3. 17才
4. 恋する感覚
5. ドカン行進曲(己編)
<MC>
6. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう

じゅじゅ
後ほど補完予定

寺嶋由芙
1. ふへへへへへへへ大作戦
2. ライク・ア・ヴァージン
3. カンパニュラの憂鬱
4. だいすき
5. YOU MAY DREAM
6. #ゆーふらいと
7. ぜんぜん
※なにか抜けてる気がするのでわかる方教えてくださいませ

BELLRING少女ハート
1. World World World
2. The Edge of Goodbye
3. UNDO
4. ボクらのWednesday
5. Crimson Horizon
6. Starlight Sorrow
7. kUMA GOQLI
8. アイスクリーム
9. 夏のアッチェレランド
10. c.a.n.d.y.

諸情報

  • チケット:3,200円(+ワンドリンク500円)
  • 座席:オールスタンディング(整理番号80番台※プレイガイド被り)、下手段差真ん中辺り
  • 特典会:アイドルネッサンスお見送り会全員(理子ちゃん、古宵ちゃん、乃亜ちゃん、まいなちゃん、奈菜子ちゃん、佳奈ちゃん、茉凜ちゃん)

その他所感

演出的なことだし、箱の関係もあるので難しいとは思いますが、ゆっふぃーが歌っている間にスクリーンに映像を流すのは全然構わないんだけど、プロジェクターの光がゆっふぃーに当たってしまい、ゆっふぃーの顔や衣装に映像の線とかが写ってしまうのはもったいないな、と思った。
自分はアイドル自身が好きなので、ゆっふぃーをもっと可愛く見せてもらいたかったというか。

ベルハーもイメージがあるからなんだろうけど、バックライトが多くて、表情がはっきり見えないライティングだったのは個人的には残念だったかな。

単に、可愛い女の子を可愛く見たい、という単なるオヤジドルオタの意見でしかないんですけどね。