読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

アイドルネッサンス 漲るネッサンス vol.2

https://instagram.com/p/1_J0RCmruF/

今日の現場はここでした。

基本情報

  • アイドル名:アイドルネッサンス(新井乃亜、石野理子、橋本佳奈、比嘉奈菜子、南端まいな、宮本茉凜)※百岡古宵インフルエンザのため欠席
  • 日時:2015年4月27日(月) 18:00開場 18:30開演 19:30終演
  • 会場:AKIBAカルチャーズ劇場

感想

ヤバイ×ヤバイ、で、ヤバイの2乗。あ、もちろん「ヤバイ」ってのはヤバイくらいに楽しすぎた、という意味のヤバイです。という今日のアイドルネッサンス現場になりました…
今日はもう冷静にレポ書く自信ないな…(普段もそうである)。

整理番号20番台が当たっていたので、なんとか3列目の上手の通路側、バミリ0.5から1番の辺りに位置取ることができた。。今日はもうこの位置が重要だったので、それが取れただけでも最初の達成感。

時間になって開演。
今日はメンバー普通に登場して、しかもいきなり自己紹介。「あれ?」というのがまず最初の印象。
乃亜ちゃんは問題なく完了。しかし、奈菜子ちゃんが昨日に引き続き今日は、「13才、あっ!? 15才!」と前日の学年に引き続き、今度は年齢を間違えるw しかも2才もサバ読むw

ちなみに今日の奈菜子ちゃんのダジャレは、「皆さんの座っている椅子、ナイスですね」という微妙なものでしたw

まいなちゃんの今日の気分は、ペットの黒猫ゴロウの誕生日ということで、黒猫色。で、しかもここで「にゃん」が来た。可愛すぎる…
理子ちゃん、茉凜ちゃんも問題なく完了(茉凜ちゃんの指ちょいポーズが高見ポーズだと知って楽しくなってきた)。

そして佳奈ちゃん、今日は覚えたスペイン語を披露、ということで出た言葉が「アディオス!」でした。いきなりかw まだ始まったばかりだぞw 「これしかまだ覚えてないんで」と言っていましたが、そこはそれ、芸人佳奈ちゃんなりのネタでしたね。

そして、来週の一周年を前に、今日は映像でこの一年を振り返りましょう、ということで、スクリーンに一年間の映像が流れる。曲じゃないのか、と思いつつも映し出される映像を見つつ、実際には映像を横目にひたすらメンバーのリアクションを目で追っていました。

理子ちゃん、自分が映る度に激しく地団駄踏んで照れまくるし、歌っている映像が出ると耳まで塞いじゃってるw
まいなちゃんも照れてるんだけど、相変わらずクネクネピョンピョンなのがもう可愛すぎるw
奈菜子ちゃんは恥ずかしがって乃亜ちゃんの胸に飛び込み、乃亜ちゃんは照れつつも、MV初見シリーズの時と同様、映像からは目を離さない。こういう乃亜ちゃんの意志の強さ、好きです。
茉凜ちゃんは結構普通に楽しんで、佳奈ちゃんにツッコミ入れたりしてたんだけど、茶髪の佳奈ちゃん見たときは凄い目で佳奈ちゃん見てたw というか自分もビックリしました。佳奈ちゃん茶髪の時代があったんやー。そんな自分の茶髪姿を「あのころは若かった」と言わんばかりに頷きながら見ている佳奈ちゃん。意外に佳奈ちゃんの奥は深いかもしれんな…。

リリイベ映像を集めたものが、各場所での『17才』の映像を一曲の形に見えるように繋げた、凝ったものになっていて、それを見てメンバー感動。やってみるとわかるんですが、ああいう編集はかなり面倒なので、アイルネスタッフは本当に頑張ってくれてると思う。毎回映像は充実してくれてるし、ありがたいことです。というかメンバーがあれだけ喜んでくれると、作る側の意気込みも持続できるよなあ。

MCと映像で入ったのも、やはり古宵ちゃん不在の影響で曲数そこまでこなせないから、多少はトークとかで時間使おうということなのかな、と、この時点では思っていました。
しかし、そんなことは全くなかった。甘く見た自分がバカでした。

なんとここからノンストップでライブタイム、の宣言。
そして、そこからが最初の「ヤバイ」時間の始まりでした。

ライブでのテンションの上がり方、ってのは基本的に右肩上がりになるものですが、途中途中でMCなどが入ることで、その右肩上がりがストップするか、ちょっとだけ下がる。それでも総じて上がっていく、というのが普通だと思います。
しかし、それがノンストップになればなるほど、テンションは上がり続けていく。それの最たるものがTPDのDANCE SUMMITだと思いますし、だからこそアイドルの多くは連続曲を増やしていく。

アイドルネッサンスの場合は、前回の漲ルネッサンスで5曲連続を2回やっているわけですが、今回はなんと8曲連続。最初の時点で、何曲かは言われてないので、こちらとしてはこの高まりがいつまで続くのか終わりの見えないひたすらに楽しい時間が続きました。

古宵ちゃんがいないことを感じさせないそのパフォーマンスと、天井知らずに上がっていく楽しさに自分の笑顔を抑えられるわけもなく、座りでの現場とは思えないくらい高まり続け、「どうなっちゃんだこれ」と思ってしまうほどに楽しかった。

古宵ちゃん不在の影響もあるにはあって、新曲はなかったし、前回初披露したエアプレインもなかった。しかしそれが逆にファンがよくわかっている曲ばかりをやることに通じたので、楽しさの度合いハンパなかった。座りとは思えないくらいの高揚感ありました。

普段以上の汗を拭うこともせず、普段以上の笑顔で歌い踊る理子ちゃん。
いつも以上に気合が入っていたのか珍しく最初の方からちょっとだけ表情が固く、頬が高潮していた茉凜ちゃん。
理子ちゃんに負けないくらいに汗をかき、顔を真っ赤にしている奈菜子ちゃん。
疲れた表情を見せず、汗をかきつつもいつもの涼しげな表情を保ち続けて歌とダンスでしっかりと場を支える乃亜ちゃん。
ハモりを乱すことなく、下支えする佳奈ちゃん。
そして表情豊かに、前髪が乱れるほどに飛び跳ね、観客を煽るまいなちゃん。
オッサンは楽しさと同時に、みんなのパフォーマンスに軽く感動を覚えてしまいましたよ…。

個人的には、『恋する感覚』、『17才』、『ロングシュート』の流れとかもう最高だった。ただ同時に、古宵ちゃんがいないことを一番寂しく感じたのもこの部分だった。古宵ちゃんがいたら、これで古宵ちゃんがいたらどんだけ最高だったんだよ、と。古宵ちゃんの代わりにホイッスル吹く理子ちゃん見ながら思ってた。

ロングシュートで、二重の円になる部分、内側の円はまいなちゃんと茉凜ちゃんの二人だけになって、二人で顔見合わせて「二人しかいないね」という感じで笑いながら組み合ってた。そういうそこかしこに見える「古宵ちゃんの影」が、なんかじわっときた。昨日は最前に夢中になってて気づいてなかっただけなんだなあ。

『17才』でのまいなちゃんが古宵ちゃんのダンスパートで見せてくれる黒猫ポーズ、『恋する感覚』での乃亜ちゃんの「きゅるり」。昨日見て、聴いて、これはこれで好きだな、と思ったけど、やっぱりそれに慣れてしまうのはイヤだな、と。早く、古宵ちゃんのダンスが、歌が聴きたい!

古宵ちゃんパートの歌詞抜けは今日はありませんでしたが、途中フォーメーション移動で理子ちゃんとまいなちゃんがぶつかりそうになったり、奈菜子ちゃんと誰だったかのマイクがぶつかって音を立てたり、ということはありました。
でもそれも、昨日は愛嬌、と感じたのに、そのミスをすぐに取り戻そうとする6人の意気込みみたいなものが今日は伝わってきて、8曲連続を絶対に成功させる、これで観客を沸かせるんだ、という意思がハッキリと見えました。

さらに、アンコールで『YOU』を歌い、告知に入って、まいなちゃんの「特典会で待ってるにゃ」も終わって、締めの挨拶に入ろうとした瞬間、乃亜ちゃんが「これで終わりだと思ったでしょう? でも終わりません! 今日はもう一曲歌います!」からの『空にまいあがれ』でしたよ。
もうホントに驚いた。

気づいたのは私ではなく友人だったけど、ラストを『空にまいあがれ』で締め括ったのも、空で繋がってる、お空の伝道師である古宵ちゃんのことを思ってのことだったのかなあ、と。あー、早く古宵ちゃんに会いたいー(一週間の我慢です)。

そんなわけで、とにかくこの8曲連続+アンコールの2曲はヤバかった…。
テンション的には今年でいえば鯱詣に匹敵したな…。

そして、非常に個人的な、もうひとつの「ヤバイ」がありました。
何かといえば、まいなちゃんのレスです、ハイ。

昨日の2部のお見送り会で、「明日は前から2、3列目取れると思うんでまいなちゃんゼロズレ行きます。レスください」とお願いしていた(恥知らずであることは重々承知しています…)。
そして、その位置が取れた。
そしてそして、レスが来たんです…もうね、嬉しすぎました。
『ミラクルをキミと』で客に歌わせる場面で、まいなちゃんが自分にマイクを向けてくれて、思いっきり声出したら、まいなちゃんが微笑んでくれた辺りからはもはや楽しさと幸せしかなかった…。

実を言えば最初のMCの段階からまいなちゃんにはレスをもらえていたので、その時点から嬉しかったんだよな。それでもただレスをもらうだけじゃなく、こちらからの行動に対するリアクションもらえたのはやっぱり格別だったなあ。昨日、恥を忍んでレスをくださいとお願いしただけの価値はあった。

しかも、それだけでは終わりませんでした。
お見送り会でのこと、まいなちゃんの所に行ったら、まいなちゃんがすかさず、
「3列目にいましたね! レスしましたよ!(ドヤ顔)」
と言ってくれました…オラもう感動で何も言えねえ…
レスもらえただけでも嬉しかったのに、ちゃんと昨日お願いしたことを覚えててくれて、それを実行してくれた。それで感動しないわけがありません。
まいなちゃんのドヤ顔が天使に見えた瞬間でした。
おかげで、その後まいなちゃんと何話したのかまったく覚えていない…たぶん「嬉しかった」しか言ってなかったと思う。

まいなちゃん、本当にありがとう。もうそれしか言えません。最高の一日の締めになりました。

お見送り会の順番は、奈菜子ちゃん→佳奈ちゃん→茉凜ちゃん→まいなちゃん→理子ちゃん→乃亜ちゃん、でした。
ペットを飼った数が多い順(累計)、だそうです。ちなみに一番多い奈菜子ちゃんは9匹。一番少ない乃亜ちゃんは飼ったことがないそうです。
個人的には佳奈ちゃんの、「金魚と泥鰌と…」というセンスに笑わせてもらいましたw

お見送り会覚え書き。

奈菜子ちゃん編。
私「正直、今日のダジャレは誉められないなあw」
な「素直ですねw お世辞とか言ってもいいんですよ」
私「いやまあ、来週に期待、ということでね」
な「お、期待しちゃいますか? 頑張っちゃいますよ」
奈菜子ちゃんのダジャレは屋外向きなのかもしれんw

佳奈ちゃん編。
私「佳奈ちゃんブログは夜よりも朝の方が個人的には嬉しかったりする」
か「え? どうしてですか?」
私「仕事行く時とかに読むと、元気出るし、ホッとするよ」
か「えー、そっかあ。じゃあ、そうしようかなあ」
佳奈ちゃんのブログって夜よりも朝向きだと思うんですがいかがでしょうか。

茉凜ちゃん編。
私「茉凜ちゃん、今日は結構最初からキツかったの?」
ま「そんなことないですよ。どうしてですか?」
私「はじめのうちから頬っぺたが…」
ま「赤かったですか? そっか(ここから早口で一気にまくし立てるが剥がし入って聞き取れず)」
なんか茉凜ちゃんとはすっごく自然に話せるなあ。虎ガー同士だからか?

まいなちゃん編は前述したとおり。

理子ちゃん編。
私「今日はもう最初から理子ちゃんの上着の染みが気になって気になって」
り「あ!? いやあれはその」
私「インクの染みかなんかだよね? 昨日はなかったからサインとかでついたの?」
り「(首を激しく振り)ブルブルブル…そんなものは、ありませんでした。なかったですよね?」
なんか昨日の佳奈ちゃんのデジャヴ?
理子ちゃんの上着のおなか辺りと左腕に青い染みができたのが、最初のMCからずっと気になってたんだよなあ。

乃亜ちゃん編。
私「古宵ちゃんパート歌う時、きゅるりとかもそうだけど、古宵ちゃん風に、とか意識してるの?」
の「え、どうかな…」
私「あ、声が似てるな、と思ったんだよね」
の「昔はもっと高かったんですけど、低くなってきたと思ってるんですよね。そっかあ」
本人はあまり意識してないみたいですが、なんとなくそういう風に聴こえたのです。

で、今日はお見送り会を眺めつつ、最後まで残る。
ここで、佳奈ちゃんがいつもの水筒ではなく、ペットボトルだとわかって友人たちと色めき立つ。これは事件ですよ。
あとはまあ、まいなちゃんが最初から最後まで会話しながら飛んだり跳ねたりしてるのを見て、「8曲連続やってあれだけ汗かいて息切らせてたのに、どうしてあんなに動けるんだ…」とか思ってました。
あと、相変わらず剥がしのタイミングがバラバラなので、たまに時間を持て余しちゃうメンバーとかいるんですが、そういうときの乃亜ちゃんがとても寂しそうな顔するので「ああ!なんとかしてあげたい!」とか思ってました。

そして、本日の特典会の締めは、

「特典会終わルネッサンス
「明日も一生懸命に生きルネッサンス
「5月4日まで突っ走ルネッサンス

の3本でした。
「生きる」ネタを入れるかどうかの時に、まいなちゃんが「生き返る、は?」と提案して、乃亜ちゃんに「それじゃ死んでることになっちゃうから」というツッコミで却下。まあそもそも「生きる」ネタが入ったのは最初に乃亜ちゃんが、「明日は学校だよー。イヤだよー」と嘆いて、理子ちゃんが「頑張って生きよう!」と言ったからなんですけどねw
しかも「生きる」ネタはOKかどうかを乃亜ちゃんが最年長佳奈ちゃんに確認しようとしたら、佳奈ちゃんは茉凜ちゃんと遊んでて(?)話聞いてないw いったいあのゾンビ遊びみたいなものは何をしていたんだが知りたい…。

最後の最後まで楽しく、幸せなライブでした。

来週で一周年、まだ一周年です。
去年の時点では、まだ私の心には刺さらなかった彼女たちが、私が追い始めたこの一ヶ月でも長足の進歩を遂げ、既に10数曲の持ち歌を持ち、8曲連続でのパフォーマンスを披露する、そういうところにいるのが驚きです。
今日のライブでも驚きの連続でしたが、この驚きがまだまだ続くのがアイドルネッサンス現場であり、その驚きをまた見たくて、通いたくなる。

そして、通うのでした。

セットリスト

<MC 自己紹介>
<一年を映像で振り返ってみルネッサンス
1. Good day Sunshine
2. シャングリラ
3. 恋する感覚
4. 17才
5. あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう
6. ミラクルをキミとおこしたいんです
7. ドカン行進曲(己編)
8. 手を打ち鳴らせ!!
<アンコール>
9. YOU
10. 空にまいあがれ

諸情報

  • チケット:2,000円(+ワンドリンク500円)
  • 座席:前方着座(整理番号20番台、3列目、上手バミリ1番)
  • 特典会:古宵ちゃん除く全員とお見送り会

その他所感

アイルネ現場で、少しずつお話できる人が増えたきたので、個人的には嬉しい。
だがしかし、水色Tシャツが在庫切れなのは本当に残念だ…。