読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

ベイビーレイズJAPAN 虎ノ門道場 最終回 -卒業-

https://instagram.com/p/05Liu5mro8/

虎ノ門道場最終回。来れてよかった。

基本情報

感想

虎ノ門道場がなかったら、間違いなく、ベビレにハマっていなかったと断言できる自分としては、道場の終わりはやはり寂しい。まあ、翌日から新しくTORANOMON CIRCLE(虎サー)が始まるとはいえ。

初めてベビレを単独で見たのも道場(署名に行った)なら、昨年最も通った現場も道場(3ヶ月で7回)、ここでりおトンとハイタッチしたのが全ての始まりだったなあ。全員とフィンガーロックしたり、愛夏っちゃんにカプリコ食べさせてもらったりしたり、でんちゃん、なおすけの生誕祝いしたり、巫女姿見たり、思い出がいっぱいです。

18時過ぎに到着して整理券貰ったら190番台。安定のクソ番。これまで道場では優先ポイント使わなかった場合、1度を除いて全て180番台以降。1度の2桁も入場が無料じゃなかった時だからなあ。ライブも含めてベビレ現場からはまったく推され待てません自分。

しかし今日は特典会に参加しないので、そのことを考えると愛夏っちゃんにいたことがバレない方がいいな、と思っていたのでクソ番上等で後ろでこっそり見ていよう、と思っていた。しかし、入場して一番下手に行ってみたら椅子の後ろ、壁際のスピーカー横が空いていて、ここはいてもいいのかな、と思いつつ立っていたらスタッフには何も言われなかったので(むしろ音が出たらうるさいかもしれないので注意してねと、言われた)そのままそこで見ることにする。
椅子席の後ろで前に人がいないので、視界良好。

OK田さんとAO木さん登場。OK田さんが赤のシャツに赤のハーフパンツ、AO木さんが白シャツ白ズボン白ネクタイ。二人合わせて紅白、ということでした。道場が終わることになるので結局前回約束していた道着は用意しておらず、虎サーもこの格好でいくそうです。ちなみにAO木さんは後で「ノンスタイル」と呼ばれていましたw 確かにw

で、メンバー登場。フラゲ日ってこともあるし、新ビジュアルに変わってしまったから、今日は『栄光サンライズ』衣装でした。まあもうジャージやいつものTシャツに短パンってのはないのか。最終回くらいは道場らしい格好が見たかった、という気持ちも正直ありましたけど。

隅っこだから愛夏っちゃんにもバレないかなあ、と思ってたんだけど、入ってきてすぐに愛夏っちゃんに手を振られ、条件反射で振り返してしまったのでバレバレですな…。視界がいいってことは向こうからもよく見えるということだ。まあ、愛夏っちゃんなら気にしないでくれるだろう、と信じる。

今日は一応、「Mr.カトゥーに栄光あれ!」というサブタイトルがついているので、当然MR.カトゥーも登場するので、皆で呼び込もう、という話になるのですが、当然虎ガー的にはノリが悪い。
ここで、リコピン「みんな、本心はグッとこらえてここは呼んであげて」w
ということで、全員でMR.カトゥーを呼び込む。

カトゥーの噛み芸は最終回とあって絶好調で、「2002年8ヶ月続いてきた虎ノ門道場も」とか言い出す。何年続いてるんだよw

最後の稽古は、カトゥーが初めて道場に登場した、第2回虎ノ門道場と同じ稽古、ということで「クイズ 林愛夏」。
しかしここで、カトゥーが「はやしまな“み”」とか言い出したもんだから場内騒然。誰だよそれ! おいおい、2年8ヶ月もやってきてそれかよ!w
なおすけの「どこのキャバ嬢ですか!」のツッコミは最高だったw

「クイズ 林愛夏」は愛夏っちゃん自身がチャームポイントと思っているところをメンバーが当てる、というもの。優勝商品はなんと愛夏っちゃんのチュー(ほっぺ)。ひとつも上げられなかったメンバーは愛夏っちゃんのビンタを食らう、ということに。

挙手制で早い者勝ち。早速でんちゃんが「金髪!」でポイントゲット。しかし、そこからは皆苦戦。笑顔が可愛いとか歌が上手いとか色々出るんだけど、その度に愛夏っちゃんが「ありがとう、でも違う」を繰り返す。
結局なかなか当たらず、6問で時間切れ。愛夏っちゃんの答え(10個)は、以下の通り。

  1. 金髪
  2. 虫歯できたことない
  3. 写真や絵を書くのが得意
  4. 真面目すぎる
  5. どこでも寝てしまう
  6. 白目ができない
  7. アナウンスのものまね得意
  8. 運動神経が悪い
  9. 冗談が通じない
  10. 仕事以外で学校休んだことない

えーと、正解発表の時になおすけも「それ、チャームポイント?」って言ってましたが、そういうのが結構あって、結果的にでんちゃん4ポイント、りおトン1ポイント、リコピンがちょっとズルして1ポイント、そして、なおすけ0ポイント。やっぱなおすけはわかってるわー。7年間も知り合いなのにw

でんちゃんへのチューは、目を瞑って待つでんちゃんに対し、愛夏っちゃんがひたすら照れてしまいなかなかできない、という展開。「いいんですか?」と虎ガーの許可を得るようにしてから軽くほっぺにチュー。最高の絵面だったな。

そして、なおすけへのビンタ。でんちゃんと同じように目を瞑って待つなおすけに対し、愛夏っちゃん、意外に躊躇なく、それも手のひらではなく、裏から手の甲でビンタw なぜww

稽古終わって、ライブの前に本日の特別イベントであるスペシャル抽選会。
本日PONYCA購入で、1枚につき1枚のくじが配布され、その番号で抽選会があり、メンバーが着ていた虎ノ門ジャージなどが当たる、というもの。19形態全部買うと道場後のサイン会に参加でき、しかもくじは19枚もらえる、ということですな。
私は今日の特典会を干すと決めていたので、余計な金は使わぬ、と決め、くじも貰わなかった。まあ、余計な運は使いたくなかったってのもあるけど。ベビレ現場での運のなさもわかってるしね。

ひとりひとりが箱からくじを引いていき、当選者が決まっていく。やはり推しのグッズを推しの人が当てるってのはなかなか難しいですな。でんちゃんのジャージはでんちゃん推しの人に当たったので良かった。ある意味これが一番後々尾を引く商品ですからねw
でんちゃんがジャージのポケットにグロス入れたまんまだったのは笑った。ジャージよりもそっちが欲しいと思っている人多数でしょw

個人的に一番笑ったのは、MR.カトゥーの道着の帯、という一番どうでもいい商品を当てたのが友人だったことですなw

それから、道場の卒業証書授与式。MR.カトゥー手書きの証書と内容で、ひとりずつ異なっていた。

リコピンは、「私(カトゥー)の横に2年8ヶ月いたことでMCが飛躍的に上達した」
でんちゃんは「苦しい時も悲しい時も萌えセリフで虎ガーを悩殺した」
愛夏っちゃんは「何でも信じるという性格で、数々のドッキリなどの名場面を提供した」
なおすけは「アイドルなら誰もが嫌がる汚れ役をすすんで買って出た」
りおトンは「予測不能な会話やリアクションで、ベイビーレイズJAPANの可能性を広げた」

という理由で卒業でした。
ここで、道場のメニューは全て終了、歌の稽古(ライブ)へ、という流れだったのですが、サプライズでメンバーからMR.カトゥーへ、黒帯をプレゼント。その黒帯の代わりの帯が友人に行くんだけどねw

そしてライブ。この後特典会があるので、『栄光サンライズ』1曲でしたが、当然アンコールがあって、今日歌わずにいつ歌うよ、と思っていた『ゲート・オブ・ザ・タイガー』で計2曲。

この後は特典会、ということで私はそそくさと道場を後にしました。
古参の方々に比べたら全然とはいえ、本当に色んな思い出がある道場なので、最終回に行くことができて良かった。
まあ、明日からのTORANOMON CIRCLE、虎サーにも行くんですけどね。

セットリスト

1. 栄光サンライズ
<アンコール>
2. ゲート・オブ・ザ・タイガー

諸情報

  • チケット:無料
  • 特典会:PONYCA19形態購入で全員サイン会、でしたが今回は予算の都合によりパスしました。

その他所感

虎ノ門道場最終回で、これまでの道場よりも30分遅い19時からのスタート、にも関わらず整理券は枯れなかったみたい(追加のピンクチケットは出たらしい)。まあ、明日のTORANOMON CIRCLEがあるとはいえ。
入れる身としては嬉しいのですが、やはり、もう少し人が集まってもいいのかなあ、とは思いました。界隈の人たちで来てなかった人がいるから、その分人は増えてるのかもしれないけどね。

栄光サンライズ 初回限定盤A(DVD付)

栄光サンライズ 初回限定盤A(DVD付)

 
栄光サンライズ 通常盤

栄光サンライズ 通常盤

 
栄光サンライズ 初回限定盤B(DVD付)

栄光サンライズ 初回限定盤B(DVD付)