読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

Dorothy Little Happy 5th Anniversary Year Live 2015

https://instagram.com/p/0PVl8JGruB/

本日の現場はここ。

基本情報

  • アイドル名:Dorothy Little Happy(白戸佳奈、高橋麻里、秋元瑠海、富永美杜、早坂香美)
  • 日時:2015年3月15日(日)17:00開場 17:30開演 20:00終演
  • 会場:Zeppルーシアター六本木

感想

前にも書きましたが、現時点でのアイドルのライブで最高だな、と思えるアイドルのうちのひとつがドロシーなんですよ。
そして、その期待はまったく裏切られませんでした。
飾りもない、特に企画もない、衣装替えもない。歌とダンス、言ってみればただそれだけなのに、それこそが最高でした。むしろ、それ以上何がいるのか。歌とダンスだけで、観客を満足させてみせる、という彼女たちの自信とプライドすら見せてもらった気がします。

ドロシー現場は今年からという新参で、グッズも何も持ってないし、ツアーも参戦することが決定しているので、まずはタオマフだけでも買っておこう、と思い物販開始時間に現場到着。既に200人くらい並んでましたね。40分近く並んで、タオマフ購入。Tシャツはツアー待ちしようかな、と。
今日は物販で1,000円買うごとに終演後のミート&グリートの抽選用シリアルコードが1枚もらえる。タオマフは2,000円だったので、2枚もらいました。

ドロシーにモバイルサイトがあることすら知らず、昨晩それをドロシー現場の先輩に教えてもらったばかりだったこともあり、どういう仕組みで当選とかまったくわかっていなかった。まあ、とりあえずシリアル番号だけでも入力しておいて、あとは友人に聞けばいいか、と思って入場列に並びながらシリアル番号を入力。
1枚目は何も起こらず、1ポイントが追加されただけ。で、2枚目のシリアルコード入力して、チェックボタン押した途端、画面に「当選! おめでとうございます。」とか表示されて、よく読んだら、ミート&グリート当たってるよオイ…。てっきりシリアルコード入れて、終演後とかにモバイルサイトで当たりかどうか確認するのかと思ってたので、心の準備が全くできてない…。マジか、マジで当たったのか…。嬉しい、けど緊張する…。
仕組み的に、シリアルコード自体が当選番号になってるってことみたいですね。なので、売り場でシリアルコード渡された時点で運命は決まっている、ということか。

開場時間になって着席して、タオマフ装着して準備万端。ステージを見ると、ステージ奥に丸テーブルが2つ置かれていて、その上に水が置いてある。ブルーシアターはモニタスピーカーが足元にないため、水の置き場所としてそうしてあることはわかったのと同時に、これはつまり一瞬たりともステージの上から離れない、ということなんだろうな、と。

開演までの時間の間に隣の方とお話してちょっと驚かされたのですが、これはまた別の話なので、その他所感に書いておきます。

会場のライトが消えて、いよいよ開演。overtureと共に5人が入場。
そして、一曲目、まさかの『デモサヨナラ』でした。初手からエンジン全開モードです。最高の出だしだよ!
あまりに興奮し過ぎて、『デモサヨナラ』で自分が一番好きな、最後のまりちゃんの振り返り笑顔を見るのを忘れてしまったほど。
まあ、前から5列目ということで喜んでいたんですが、ブルーシアターは基本的に座ってみることを前提に作られているので立つと思ったよりも前の人が視界に入る。位置的にはかなり下手だったので、センターを見るのは意外に厳しかった、というせいもあるんですが。

1曲目から会場のボルテージ上がりまくりの中、2曲目が『諦めないで』ですよ。上がったテンション下げるなよ!という、かなちゃんの声が聞えてきそうです*1
「オレモー」のあとは「D!L!H! Let's go!」と叫び続けるというね。最近のかなちゃんの攻めの姿勢、凄過ぎる。

MCでは、簡単な自己紹介とご挨拶だけで、早速次の曲へ。
『colorful life』からの『GET YOU』キタコレ。『GET YOU』大好きおじさんとしてはもうたまりません。前日のリリイベで歌ってたから、下手したら今日は歌わないんじゃないかと心配していたんですが、杞憂だった。『GET YOU』最高。

そして、ようやく生で聴けた『ASIAN STONE』。もうここまでの時点で最高ゲージまできてました。でもね、こんなもんじゃなかったんですよ。とはいえ、最初の5曲に捨て曲なし、と感じられるところがドロシーの凄いところだと思います。

再びMCを挟んでからの、聴かせパート。
『それは小さな空だった』は、先日のJ-GIRL POP WAVEで、同じブルーシアターで見て、まりちゃんの歌声と共に、静かに立つ4人の表情を見るのがやはり楽しい。残念ながら上手のみもりんとこうみんは今日は良く見えなかったので、下手のるーちゃんとかなちゃんに神経を集中。
るーちゃんは薄目がちでちょっと俯き加減のまま、まりちゃんの声に合わせてずっと曲を口ずさんでいる。ハッキリ言ってこの表情、素敵にもほどがあった。
かなちゃんはアルカイックスマイルのまま、ゆっくりと、とてもゆっくりと観客席を見渡していくんですよ。普段元気いっぱい、そして時に圧が強いと感じられるくらいのかなちゃんの笑顔を見ているだけに、こんな表情を向けられると、なんだか見守られているような気分になってしまいました。

そして、『STARTING OVER』。まりちゃんの歌声、最高すぎました。今日のまりちゃん、ホントに、本当に最高だった。まりちゃんの「ひとりじゃ生きていけないの」に思わず涙ぐんでしまったよ…。

そこからの『風よはやく』。豊洲のリリイベで始めてこの曲を聴いて、大好きになった。5人が奏でる「ラン ララン」のハーモニー。
この3曲のパートは観客も聴き入り体勢に入っていて、それがまた心地よい空間になってた。

一転して『Life goes on』で再びグッとあげてきたかと思ったら、『冬の桜』でまた聴かせてくれて、一緒に手を振りクラップして場の一体感を作り上げていきます。続いての『sky traveler』『set youserlf free』とミディアムなテンポが続きつつも、一緒になって身体を動かせる曲が続いたのも良かった。

続いてのMCパートでは、このライブを機に5年間を振り返ったりした、という話。ここで、いつものるーちゃんいじりw
まだ初期の頃に、まりちゃんがライブで「また会いにきてね」と言ったら、ライブ後にるーちゃんに呼び出しを食らって、「私たちは歌手だから、会いにきて、はおかしい。見にきてね、と言うべき」と説教w 
さらに、ドロシーの中では伝説になっているあの話もしちゃおう、となったんだけど、るーちゃんが「え!?あの話は絶対に秘密だと思ってたし、私はずっと隠したまま生きていこうと思ってたのに!」とか言うし、話の前に落ち着こうと水を飲みにいったるーちゃんが何もないところで躓くくらいに狼狽してたもんだからどれだけの秘密なんだろうか、と思ってちょっとドキドキ。
そしたら、なんとダンスの振り落としの際に、るーちゃんのズボンが破けた、という話なんだよねw るーちゃんどんだけw そんなるーちゃんが大好きです。

そんな会話に続いての『HAPPY DAYS』と『飛び出せ!サマータイム』で5人が見せる表情が、これでもかっ!っていうくらいに楽しそうで、2人で踊るところではお互いの顔見て笑いあっちゃったり、さりげなくちょっかい出したり、その勢いをそのままに観客に向かって煽るわ手を振るわで、さっきまでの聴かせパートが嘘のようにアイドルの顔になってのパフォーマンスで、こっちも笑顔になるしかない。たぶん、会場中が笑顔で溢れていたと思う。

そのままの流れで『恋は走りだした』が来たもんですから、テンションMAX、笑顔に乗せて最高のコール。正直、この部分に関しては後でニコ生見るのが楽しみなくらい。最高の盛り上がりでした。

でもね、そんなもんじゃないんですよ今日のドロシーは、ここからさらに、『Breaking through』『ストーリー』『シークレット』『ジャンプ!』と、なんとこのパート、7曲連続です。それもアゲ曲ばかり。
かなちゃんの「みんな着いてこれるかなー?」と、ほくそ笑む顔が見えるようです。実際途中で汗拭いたりしてたら、みもりんに笑われた気がする(いつもの思い込みです)。
ここまででも最高だと思ってたのに、この7曲連続がきたことで、「ああもう、このライブは最高の最高だわ」とマジで思いました。

一気呵成に駆け抜けてからの「ラスト1曲」コール、新曲の『just move on』。本編ラストに新曲持ってくるかなちゃんの心臓の強さと自信ね。みんなが聴き慣れない曲でも聴かせきる自信がある、という証拠。
私もニコ生でしか聴いてはいなかったし、その時点で激しいロック調の曲であることはわかっていたんだけど、振りがまた激しくて、7曲連続の後にまだこれを持ってこれるドロシーの力強さを感じました。

アンコールは、この5年間と今日来てくれた皆へのお礼の気持ちを込めて、と『14回目のありがとう』。このタイミングで、「ありがとう」の連呼、そして客席近くにきてくれて思いを込めた表情での「ありがとう」には泣きそうになりますよ…。

MCでは5/20に新曲がリリースされることが発表になり、タイトルは『tell me tell me』です(表記はわからないけどたぶんこうじゃないかな)。
callmeからのtell meか、とかちょっと思ったのは私だけじゃないはずw

そして、5周年は嬉しいことだけど、これで終わりじゃない、ここからが始まり、という思いを込めての『未来へ』。
ああもう、この曲でみんながわちゃわちゃするの見るのを楽しみにしていたので(初見です)、嬉しい。

今日は下手の前から5列目、ということで、近くではあったけど、下手2人しかちゃんと見れない、という位置取りだった。
前半はとにかくるーちゃん、るーちゃんでした。後半に行くにしたがって、かなちゃん、みもりんが来てくれるようになって、センターのまりちゃんが数少ない機会にきてくれたときはもう笑顔と手を振るの大盤振る舞い。そして、後半のメインはこうみん、と結果的に全員を満遍なく見ることができてよかったし、全身が見えたので私の大好きなドロシーのステップをしっかりと目に焼き付けることもできた。ライブハウスだとなかなか見れませんからね。

ドロシーのライブから得られる満足感というのは、ある意味でまじりっけなし純粋な「ライブ」の楽しさなんですよね。もちろん全員が可愛いし、レスももらえれば嬉しいんだけど、最初にも書いたように「歌とダンス」というそれだけで十分な満足感が得られる。

それと、今日の衣装はデモサヨナラ 2015 ver.の衣装でした。珍しく5人統一衣装で、MV見た時からわかってたけど、この衣装は動いた時、特にステップした時の服のラインと脚のラインが作り出すシルエットが本当に素晴らしい。
単に可愛い、キレイ、という衣装ではなく、ドロシーの場合は踊った時、ステップした時に、いかに美しく見えるか、いかに5人を映えさせるか、ということまで考えられてる衣装なので、そういうセンスが本当に素晴らしいし、衣装まで含めてのパフォーマンスだな、と思う。

推しは全然決まる気配がないんですが、正直推しを決めてしまって、推しを中心に見てしまうことが勿体無い、と思うほどにドロシーのライブでは全てを見たい。
まりちゃんの歌い踊る姿、かなちゃんの狙いすました笑顔、るーちゃんの精一杯思いを伝えようとする気持ち、みもりんの豊かかつ思いのこもった表情、こうみんのキレのある美しいステップ、どれもこれも見逃したくない。
そういう気持ちにさせられます。

そんなライブの感動に浸りつつ、今日はなんとそれだけじゃなく、ミート&グリートまである。どんだけ幸せなんだ自分。
ライブの感想を、すぐその後に伝えられる接触イベントにかなうものなんてないと思うんですよ。それができる、本当にありがたい。

ロビーで待っていると5人が登場。さっきまで汗だくだった5人が再び髪もサラサラになって目の前に立ってるのを見ているだけで「ああ、幸せだなあ」と思っていました。

ここで、5人から今日のライブの感想。ちょっと感動というか興奮し過ぎててうろ覚えですが。

るーちゃん「本当に楽しかったし、ドロシーでやって来た五年間を出せたと思う。でもこれで終わりじゃないから!これからが始まりだから!」
かなちゃん「いつも大きなライブの時は緊張しすぎてうまくいかなかったり本番でも失敗しちゃったりするんだけど、今日は最高でした!」
みもりん「今日はホントに楽しかった!みんなも楽しかったよね?」
まりちゃん「今日は皆さんの顔がよーく見えて楽しかったー(はぁと)」*2
こうみん「ブログのコメントとかリプライで、今日のライブ楽しみにしてるよー、っていう声が沢山あって、それを見て自分も楽しみにしてたから、今日は本当に楽しめて良かった!」

そして、握手会です。握手順も感想順と同じで、るーちゃん→かなちゃん→みもりん→まりちゃん→こうみん、でした。10秒くらいだったと思います。
握手を待っている間、まだ握手する相手が来てなくて手持ち無沙汰にしているまりちゃんとこうみんに手を振ったら素敵な笑顔で手を振り返してもらって、もうね、今日何回書いたかわからないけど幸せだったんですよ!

るーちゃんには、今日は前から5列目だったからるーちゃんが良く見えたし、セトリも何もかも最高でした、とお伝えしたら目を細めて「ありがとー、良かったー」、るーちゃんの面白い話も聞けたしねw、と言ったら「あれはホント忘れて!お願い!」、でもニコ生で流れてるよw、るーちゃん「はっ!?」w

かなちゃんには、今日のセトリもかなちゃんが考えたの?、かなちゃん「うん、そうだよ!」、一曲目にデモサヨナラは驚いたけど素晴らしかった、と言ったら、かなちゃん「よっしゃー!」(ドヤ顔)。かなちゃんのドヤ顔いただきました。なんなのもうカワイイ。
あと、かなちゃんの握手、本当に「ギュっ」と握ってくれるんだよね。普段は殆ど握手の感触って覚えてないんだけど、かなちゃんの握手は力強くて覚えてる。

みもりんには、5列目だったからみもりんの表情が良く見えて嬉しかった、と言ったら「そっかー、良く見えたかー、見えちゃったかー」ってw 見えちゃダメですかw ツアーも行くよ、の流れでcallmeワンマンにも行く流れになっちゃったので、行かないとな…チケット手に入れないと。

まりちゃんには、「今日は下手にいたからまりちゃんのことがあんまり見れなくて…」と言ったら、「ゴメンねー」と、その申し訳なさそうな表情が、でも後半まりちゃんが何度も下手に来てくれて手も振ってくれたから良かった、と伝えたときの「よかったあー」で笑顔に変わる瞬間、私は天使を見ました。

こうみんには、近かったから大好きなこうみんのステップもちゃんと見えたよ、こうみんのステップはやっぱり最高だね、と言ったら、こうみん照れまくって握手してない左手を顔の前で振りながら「そんなそんな」てw 結局こうみんにもツアーも行くよから、callmeワンマンにも行く流れになったw

問題は、callmeワンマンがしゃち大阪とベビレ虎別と被っている、ということや…さて、どうしたら…。

とにかくもう、最高の一日でした。
この週末のドルイベをこのドロシーのライブ一本に絞った甲斐はあった。

ドロシー新参だからこそ、この5周年を祝いたいと思うのは、ドロシーが5年間頑張ってきて、この日を迎えてくれなかったら、自分はこの場にいられなかった、ということがあるから。なので、ドロシーと運営と、支え続けてきてくれたファンの皆様にはありがとうございます、と言いたい。

そして、この日のチケットをなんとか手に入れなくては、と探していた時に、行けなくなったからと、お譲りくださった方にも感謝しないわけにはいかない。前から5列目もそうだし、この場に行けなかったらミート&グリートもなかったわけで、どれだけ感謝しても足りないほどです。本当にありがとうございました。

素晴らしいライブの後は全く眠くならない、といういつもの現象に襲われているので、こんな時間(夜中の3時)ですが、更新しました。記憶が薄れないうちに書き残しておきたかったしね。

ドロシー最高かよ!

https://instagram.com/p/0PXJPaGrvR/

ビキナーズラックかつ、無欲、の威力ってスゴいな。

セットリスト

1. デモサヨナラ
2. 諦めないで
<MC 自己紹介>
3. colorful life
4. GET YOU
5. ASIAN STONE
<MC>
6. それは小さな空だった
7. STARTING OVER
8. 風よはやく
9. Life goes on
10. winter blossom ~冬の桜~
11. sky traveler
12. set yourself free
<MC>
13. HAPPY DAYS
14. 飛び出せ!サマータイム
15. 恋は走りだした
16. Breaking through
17. ストーリー
18. シークレット
19. ジャンプ!
<MC>
20. just move on
<アンコール>
21. 14回目のありがとう
<MC>
22. 未来へ

諸情報

  • チケット:4,200円(+ワンドリンク500円)
  • 座席:5列10番台
  • ミート&グリート:全握(るーちゃん、かなちゃん、みもりん、まりちゃん、こうみん)

その他所感

席で隣になった方に、「ブログ読んでます」と言われてえらいビックリした。「今日5列目って書いてあったからもしかして、と思って」、と声を掛けていただいたのだが、そんなことがまさかあるとは思ってなかったので恥ずかしかったけど嬉しかった。

こんなブログですが、読んでいただいる方がいる、というだけで励みになりますです。

 

ベストアルバム(未定) (CD2枚組+Blu-ray Disc)

ベストアルバム(未定) (CD2枚組+Blu-ray Disc)

 
ベストアルバム(未定) (CD2枚組+DVD)

ベストアルバム(未定) (CD2枚組+DVD)

 
ベストアルバム(未定)

ベストアルバム(未定)

 

*1:セットリストは今日もかなちゃんが考えたとあとでわかる

*2:相変わらず、まりちゃんの台詞の最後にはハートマークが見える。