読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

つりビット 3rdワンマンライブ つりの恩返しVol.3 ~今度は渋谷を釣り上げます♪~

http://instagram.com/p/yjstGLmrni/

つりビットのフリーライブ、6月6日に日比谷公園小音楽堂であります。是非見に来るといいと思うよ。

基本情報

  • アイドル名:つりビット(聞間彩、安藤咲桜、長谷川瑞、竹内夏紀、小西杏優)
  • 開催日:2014年2月1日(日)16:00開場 17:00開演 18:50終演
  • 会場:渋谷duo MUSIC EXCHANGE

感想

いやー、本当に来てよかった。彼女たちの成長ぶりをここまで楽しめるとは。
つりビットに関しては、なんというか親戚のオジサンモード全開でいつも「大きくなったなあ」的な成長を楽しむ感じが強いんですが、今回のワンマンでは一人の観客として大いに楽しませてもらえるレベルまできたなあ、と。
こんなに楽しい成長見守りプロジェクト他にそうないぞ、というくらいに満足しました。

とはいえ、なにせ前日にチケット買ったもんだから、整理番号的にはほぼ最後。後ろは当日券の方のみ、という状態だったので、隅っこで見てればいいかな、くらいの気持ちで行ったら、なんとまさかのオール椅子席で自由席。
単番だったせいもあって、ポツンと空いていた座席を見つけて座ってみたら、前から5列目。duoの場合、柱が邪魔になることは聞いていたんですが、ちょうど柱の横、それも内側に座れたのでラッキーでした。

入場時に、ファーストきすぽ*1の女の子二人が、チラシと、6月6日に日比谷公園小音楽堂で行われるフリーライブの優先整理券を渡してくれたのですが、この整理番号が過去最高の良番だったので震えました。
頼むからこの日は他のイベント被らないで欲しい…。

握手のために物販にいったら、さっきまでチラシ配ってた二人が物販を手伝っていた。れんかちゃんとさくらちゃんと名札に書いてある。さくらちゃんって名前多いな。っていうか、つりビットにさくちんいるしな。

そして今日はオープニングアクトあり。ファーストきすぽの、ゆりんちゃんとめいかちゃん。この二人も前回のワンマンで物販手伝ってたなあ、と思い出す。
で、披露した曲がなんと『愛・おぼえていますか』でしたw 世代的にジャストミート。アレンジは現代風になっていて、それに合わせて二人が踊って歌う。小学6年生ってことだったけど、彼女たちが今後どういう風になっていくのか、つりビットを追いかけていればまた見れる日が来るでしょう。

そしていよいよ、つりビット。
鯉のぼり衣装(と勝手に呼んでいる)で登場。『真夏の天体観測』から『スタートダッシュ!』、そして『Go! Go!! Fishing』と3曲連続。前回が『スタートダッシュ!』からの『真夏の天体観測』での締めだったのと逆パターンですね。
この時点でもう、「つりビット、前より凄く良くなってる!」という感覚はありました。オタの練度が上がってたこともあるけど、一気に掴んで盛り上げてくれたから、こちらもすぐにテンション上がった。

みーちゃんのダンスが激しすぎて多分『スタートダッシュ!』の時には髪飾りが吹っ飛んでたと思う。あの笑顔と激しいダンスがれにちゃんを彷彿とさせるよ。オチ担当だしなw

MCでは、いつもの自己紹介+今年釣りたい魚を各自話す。

ぁゅたん→鮎(船酔いはもう勘弁)
みーちゃん→ワカサギ(氷上釣りしたい!)
ちゃんあや→※ゴメン!忘れた!(お父さんと釣りに行きたい)
さくちん→太刀魚、黒鯛(太刀魚は強風で流れたから再挑戦したい)
なっちゃん→真鯛(みーちゃんへの対抗意識?)

なっちゃんが「真鯛」と言ってからのみーちゃんのあたふたぶりが笑った(真鯛は本来みーちゃんが釣りたい魚としている)。「取られる、取られる…」とつぶやいて、さくちんに「落ち着いて!」とか言われる始末。そのオタオタぶりに萌え。

そして、『踊ろよ、フィッシュ』なわけですが、この曲は最近ではおそらく一番歌いこんでるし、やり込んでるせいもあって、パフォーマンスとしてはどこに出しても恥ずかしくないレベルになってる。曲の良さももちろんあるけど、完全につりビットのモノにしたなあ、と感じた。なんというか昨年まではまだ恐る恐るの部分もあった気もするんだけど、それを感じなくなった。

続いての『ひまなつり』は前日のフィッシングショーで初披露だった曲。サビの振り指導があって、実際にパフォーマンス見たら、アルバムではちょっとどうかな、と思っていたのに何コレ楽しいじゃん!
あと、振り指導があったせいで、メンバーがサビになると観客を見て笑顔になるのがとてもいい。こういうコミュニケーション好き。
みーちゃんは「よしよし」って感じで見てくれて、さくちんやなっちゃんは「こうだよー」と指導モードで見てくれてた気がする。
この曲は春まではぜひ多用して欲しい。とにかく楽しい。

そして『寿司パラ』で湧いて、なっちゃんセンターで『FISH ISLAND』と、ここはわちゃわちゃ楽しいパートでしたね。『寿司パラ』の時に一番美味しそうな顔してるのは実はちゃんあやだと思う。他のメンバーが楽しそうなのに対して、グルメ的な表情。さすがちゃんあや。

と、盛り上がったところで、ここでいったん企画コーナー。今回は、ちゃんあや、みーちゃん、さくちんチームと、ぁゅたん、なっちゃんチームに分かれての演し物になるらしい。

まずは、ちゃんあや、みーちゃん、さくちんが残って、最初は「嘘つきは誰だ?」ゲーム。ということで、普通のお茶とセンブリ茶が入ったコップが出てきて、この中で一人だけセンブリ茶を飲んだメンバーを当てる、というもの。
みーちゃんがオーバーアクションすぎて、さくちんは演技入ってる感じがして、ちゃんあやはむしろ多少我慢しているように見えたので、ちゃんあやかな、と思って手を挙げたんだけど、正解はみーちゃんでした。みーちゃん普段からオーバーアクションだからわかんないよ!w
そして、試しにセンブリ茶飲んださくちんは全然平気でした。おかしくない?w

続いて、美味しくないものを食べて美味しそうに食レポ。
さくちんが「いかチョコ(裂きイカをチョコでコーティングしてる)」、みーちゃんが「たこ焼きキャラメル」、ちゃんあやが「ジンギスカンキャラメル」。
さくちん「美味しいというと嘘になるけど不味くはない。っていうか私は好きかも」ってオイ。
みーちゃんは舐めて一言目に「ソースの味がする…」。そしてその後「ソースがミントみたい」。いやいや、それはないw
そして、ちゃんあや。自分もジンギスカンキャラメルの不味さは知ってるからなあ。一口含んで「普通のキャラメル」といった後に「うわ、煙の味がする…」。そうなんだよ、それがキツイんだよ。凄く不味そうな表情の後に美味しそうに食レポする、というのを思い出して表情がパッと輝くちゃんあやはさすがだな、と思いました。

そして続いては、爆発する風船回しての山手線ゲーム。お題は魚の名前。結果、みーちゃんが負けるのですが、ここで今日一番の笑いどころがきました。
罰ゲームはヘリウムガス吸って自己紹介、だったんだけど、大方の予想通りみーちゃんの声はヘリウムガス吸っても変わらないw
「変わるもん!さっきやったとき変わったもん!」と言い張って2度リベンジするも、結果変わらずw みーちゃんの声はやっぱり凄いわw マジ笑いしました。

ここでチーム交代。
ぁゅたんとなっちゃん登場なわけですが、なんとヒップホップダンス披露。さっきのチームのぬるっぷりとは全然違う。マジダンス。
一曲目が、少女時代の『I got a boy』。
二曲目が、安室奈美恵『Supernatural Love』。
この時の二人がまた超カッコよかった。ダンスリーダーのぁゅたんがダンス上手いのはわかってたけど、驚いたのはなっちゃんですよ。ダンスがキレキレだったのはもちろん、その表情ね。クールに決めて、目線とかがもう本当にカッコイイ。女の子だったらあのなっちゃんに惚れるレベル。ぁゅたんはぁゅたんでもちろん良かったんだけど、立ち位置的になっちゃんがよく見えたこともあって、この時のなっちゃんにはマジ拍手贈りました。

ダンスを終えた二人が着替えタイムに入って、再び三人が登場。おお! 赤白衣装! 大好き!*2
この衣装は本当に素晴らしいと思っていて、本人たちは「アイドル衣装」と呼んでたけど、個人的にはいまこういう正統派に可愛い衣装着るアイドルはいないと思う。そして、普段の色分けがなく、赤と白だけのシンプルな色遣いで、お嬢様風というコンセプトは統一されながらも、髪型も含めて一人ひとりの個性に合ったアレンジがされていて、それが最高に素晴らしい。なっちゃんだけ、赤がほとんど入っていない(髪飾りだけ)というのもポイント高い。
多分、この衣装の良さだけで10分は語れる自信ある。

まあ、それはおいといて、ここでは3人がファンからの質問に答える、というコーナー。
「一番好きな衣装は?」という質問に。

さくちん→バニラな空の白衣装
ちゃんあや→真夏の天体観測の制服
みーちゃん→旅立ちキラリ。の衣装

ということでした。ただし、バニラの白衣装はもう小さすぎて着れない、というさくちんとちゃんあや。しかし、「だけどみずきちゃん(みーちゃん)は普通に着れるんだよね」とさくちんが一刀両断w

着替え終わったなっちゃんも合流して、再びヘリウムガスタイム。みーちゃん、3度目のリベンジで、ようやくちょっとだけ声変わるw
しかしこの後、ちゃんあやさくちんなっちゃんが挑戦すると明らかに変な声になるのに、みーちゃんはほとんど変わってないんだよな。ホント凄いわ。
なっちゃんのヘリウムガスバージョン「カツオだよカツオだよ」には笑った。
あと、合流してくる時のぁゅたんのヘリウムガスの物真似上手かった。アレは持ちネタになるレベル。

5人揃ったところで、ライブ再開。
そしてここで本日初披露の『ムーンライトキッス』。アルバムで聴いてた時は、まだちょっと彼女たちには早い曲なんじゃないかなあと思っていたんですが、これがね、凄く良かった。

まごうかたなきラブソングなわけですが、みんなホントね、表情が違う。特にみーちゃんとなっちゃんはね、なんというかその想いの深さが伝わってくるかの様な表情でした。なっちゃんは直前のダンスの時のクールな表情から一変しただけに、ちゃんと意識して作れてるんだな、と。
そしてさくちんね。もはや色気すら感じさせる表情と動きでしたよ。オジサンはもうドギマギです。

初披露だし、曲調的にもMIXとかコールとかあまり入らないんで、じっくりと彼女たちのパフォーマンスを楽しむことができ、サビの振りとかは覚えやすいので一緒になって踊ってると、なんというか通じ合ってる感が高まってとても良かった。

続いての『ラムネ色のスケッチ』もそうですが、こういうしっとりした曲を背伸びした感じではなく歌えるようにいつのまにかなっていたんだなあ、と。赤白衣装も含めてそういう意味ではこのパートが個人的には一番好きだったなあ。みーちゃんのレスももらえたし < そこかよ。

と、しっとり聴かせてくれたところで、一気に転調。『恋愛戦線』で大盛り上がりの「オレモー」です。しかも、これが本編ラストの一曲。この切り替わりも見事で、先ほどまでの表情からいつもの彼女たちの元気な表情が爆発して、こっちもニッコリでした。

で、あっという間にはけていきw、こちらのアンコールにもあっという間に応えていただき、『バニラ』と『WATER DRIVE』。
もっと待っても良かったから、ここでは衣装換えがあったら嬉しかったかな。

MCで4月1日にニューシングル『負けないガッツ ~いつか世界を釣り上げます~』が発表されて、「発売日はエイプリルフールだけど嘘じゃありません!」を強調するぁゅたんが印象的だったw

で、驚くことにここでもさっくりとはけていってしまったので、再度こちらもアンコール。先ほどよりはやや待たされて、ダブルアンコールに応えての登場。

ここで「私たちにとって大事な歌」ということでデビュー曲である『真夏の天体観測』のアルバム収録バージョンである「next summer edition」を披露。
最後は全員並んでマイクなしの挨拶で終演。

個人的には『旅立ちキラリ。』と『告白スイッチ』が聴けなかったのは残念でしたが、本当に彼女たちの成長とそのパフォーマンスの充実振りを楽しむことができたライブでした。
特に表現力、という点でものすごく成長したと思う。これまではどうしても「可愛い女の子たちが頑張ってる」という側面が大きかったように思うのですが、それがもう「見せることができる」というところまで来ている。
全開のワンマンから半年足らずでここまで来るんだな、若い子の成長ってのは本当に早いな、とあらためて思わされました。

この後は握手会。まだレギュレーション的にも10秒くらいあるし、しばらくはこのくらいのままでいって欲しい。
順番はいつもと同じく並び順どおりで、ぁゅたん→みーちゃん→ちゃんあや→さくちん→なっちゃん、でした。

ぁゅたんには、ヒップホップとってもカッコよかったよ、と言ったら「凄く練習したんですよ。緊張したー」と言ってて、自分的にぁゅたんのキラーポイントである頬っぺたを誉めたら照れてる姿がまたぁゅたんカワイイ。

みーちゃんにはもう、「ただただ可愛かったよ」と言うしかなかった。みーちゃん照れすぎて言葉失ってましたけどw 今日は沢山指差しもらえた気がする、と言ったら「いっぱい指したよ!」と言ってくれたので自分にくれたと思い込む技術。あと、ヘリウムガスは最高だったね、と言ったら「でもホントに変わるの!」とムキになるみーちゃんが愛おしすぎるw

ちゃんあやには、センブリ茶見事に騙された。普通のお茶だったの?と聞いたら「普通でしたよ。でも演技とかどうしたらいいかあんまりわかんなくて」とのことで、その自然さに自分は見事に引っかかったなと。あと、前回のワンマンでのカバネタを思い出した話したら、「ああ、思い出しちゃった…ガックリきた」と落ち込ませてしまったのでこの場を借りて謝っておきますw(カバネタについては前回のワンマンレポ参照)。

さくちんには、前回のワンマンもよかったけど、今日はもっとよかった。最高に楽しかった、という話をしたら「それを目標にしてたから、そういってもらえて本当に嬉しい!」というお答え。でもホントそれが素直な感想だからなあ。表情とか、動きが本当によくなったよね、と言ったら、さくちん目がキラキラして喜んでくれたので、こちらも嬉しかった。色んなアイドル現場行って勉強している成果が出ているんじゃないかな。

なっちゃんにも、ヒップホップ超カッコよかったよ!と言ったら「ホントですか?振り間違えちゃったりしたんだけど」と言ってたけどこちらは全然気づいてないw 表情についてもヒップホップの時はクールで、その後はまた別の表情で、なっちゃんのいろんな表情に魅せられたよ、と言ったら「それ、本当に嬉しい。ありがとう!」と言ってもらえたからよしとする。
まあ、なっちゃんはこういうときの受け答え完璧なんで、こちらを喜ばす心得わかってるとは思うんですけどね。

今日の位置的にはセンターは人の頭でよく見えず、バミリ位置的に下手の2番が正面だったので、今日はその位置にきたメンバーを中心に見る形にしました。
ほぼ満遍なくメンバーを楽しむことはできたんですが、どうしてもセンターの位置が多いちゃんあやに関しては見える機会が少なく残念。まあ、みーちゃんとさくちんがよく見えるという自分的には美味しいポイントだったのでよかったんだけど。
みーちゃんにはかなりレスもらえたし。

そういう意味でもメンバー全員の成長、そしてつりビット全体としての成長を感じられるいいライブで、正直に言って予想をはるかに上回る出来でした。もちろん、いまだ成長過程にあることは確かで、完成型ではないんだけど、逆にそれこそが今見てて面白い。


来る前は、どうせ整理番号クソ番だし、親戚のオジサンモードで後方から温かく見守ろう、とか思ってたのに、気づいたらこっちもノリノリだったし。それが出来るようになったことがスゴイね。

ホント、今のうちにつりビットは是非一度でいいから見て欲しいと強く思いました。
最初にも書いたけど、6月6日に日比谷公園の小音楽堂でフリーライブあるんで、まだかなり先ですけど、少しでも多くの人に見に来て欲しいと思います。
なんというか、釣りにまつわるちょっと変な曲もあるけど、基本は正統派だし、エッジの効いたものを求める人には物足りなく感じたりするかもしれませんが、おそらく「これはダメだわ」と思う人はほとんどいないと思うので、騙されたと思って来て見て下さい。
なんせフリーだし。

自分はもっと現場通おうと思いました。まあ、すぐにリリイベも始まるだろう。

セットリスト

1. 真夏の天体観測
2. スタートダッシュ!
3. Go! Go!! Fishing
<MC 自己紹介>
4. 踊ろよ、フィッシュ
5. ひまなつり
6. 寿司パラダイス
7. FISH ISLAND
<企画コーナー>
8. ムーンライトキッス
9. ラムネ色のスケッチ
10. 恋愛戦線異常あり
<アンコール>
11. バニラな空
12. WATER DRIVE
<ダブルアンコール>
13. 真夏の天体観測 ~next summer edition~

諸情報

  • チケット:3,000円(+ワンドリンク500円)整理番号B70番台
  • 座席:椅子席自由(下手側バミリ2番正面5列目)
  • 特典会:物販1,000円以上購入で全員と握手

その他所感

驚いたのがちょっと現場離れてたら、いつのまにかオタの練度がメッチャ上がってたこと。
いつのまにか揃いのコールができてて、それがちゃんと機能してたり、MIXガチガチに入ってた。
なんというかやや地下ノリが激しすぎて(なんでもかんでもジャージャー言い過ぎ)、個人的にはあんまり好きではないんだけど、それはそれとして、このまま置いてかれるわけにはイカンな、という妙な対抗意識みたいなものも芽生えたので、もう少し現場頻度高めようと思いました。

オール椅子席だったことについては、自分も周囲も驚きを隠せなかったのですが、整理番号で判断する限り、運営が予想したよりも数が入ってなかったからなのかな、と(先行140、一般70ちょい、といった感じ)。
ただそれがもったいないと感じるほどにいいライブだったので、ドルオタの皆様におかれましては、今後もっともっとつりビットには注目して欲しいな、と思う次第でございます。
6月6日には日比谷公園小音楽堂でのフリーライブもありますし、ぜひ一度見ていただきたい。

あ、あと晩御飯はお寿司を食べました。スーパーのパックですけど。一人寿司パラダイス。どうでもいい話。

それはそれとしてすぐ隣(O-EAST)にベビレがいるのに会えない寂しさと背徳感ね…。

 

フィッシングライフ

フィッシングライフ

 


つりビットOfficial Website

*1:kisspointレコード所属の研修生

*2:つりビットの公式サイトのトップで2番目に出てくる衣装ですね