読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

チームしゃちほこ ふじいとヨメの七日間戦争 俺のしゃちほこライブ

http://instagram.com/p/xo1hw7Griu/

俺のしゃちほこのお土産。ランダムで配られていて、最初は赤を引いたのですが、青を引いた赤推しの方と交換していただきました。ありがとうございます。

基本情報

感想

いやー楽しかった。やっぱ今のしゃち現場の楽しさは特別。これでハルがいたらもっと楽しかったのかと思うとたまりませんな。

開演前の前説で少女劇団いとおかしの女の子3人が出てきて(名前はわかりませんでしたゴメンなさい)、注意事項。特に推しジャンに関しての注意があるわけでもなかったので飛ぶことに決める。

いつもの『song2』からの出囃子で階段の上にメンバー登場。ハルは鯱詣の時の巫女パネルで登場。そして一曲目がまさかの『でらディスコ』でした。これは意表突かれた。階段を思い思いに降りてくるメンバー。そしてステージには乙女祭りの時のハルのパネルが並びます。

そこから『colors』『いいくらし』と続いて、ほーちゃんの「セット!」の声。この流れだと、『首都移転計画』だと思うじゃないですか。すっかりそのつもりでいたらなんと4曲目に『乙女受験戦争』ですよ。これにも驚き。
特別なサプライズではないけど、1曲目に『でらディスコ』、4曲目に『乙女受験戦争』ってのは「おおっ!」と思わせてくれていい意味でテンションも上がった。

んでもってMC。いつもの「こんにちゆー」からの自己紹介。ハルのパネルの後ろにちゆが隠れてハルの自己紹介。「次、菜緒!」の声は結構似てた。

そこから菜緒ちゃんの「川谷絵音さん作詞作曲の」という紹介入って『シャンプーハット』。その紹介まだいるかしらw
で、次が『みその歌』ですよ。これまた意表突かれた。自分がカラオケワンダーランドの大阪と東京行けなかったせいもあって、かなり久々に聴きましたわ。だいぶ振りコピ忘れてた。

続いて『エンジョイ人生』。やっぱこれ好きだわー。というか、ウリャオイは構わないんだけどイントロの振り、みんなでやったら凄く楽しいと思うんだけどなー。メンバーがステージから見ても手の振りがキレイに揃ったら見ごたえあると思うんだけど。あんまりやってる人がいなくて残念です。

で、一息ついたところで、たこやきレインボーのくーちゃんとさきてぃが登場。まいまいがいないのはわかってたけど、さくちゃんとれんれんも出てこないのね。
で、前日の俺のたこ虹に乱入したことを詫びるゆず。なぜか同罪のはずのちゆと柚姫にも「謝んなさいよ」と無理矢理に頭下げさせられてるゆずがちょっと可哀想(ネタですけど)。
で、乱入返しとばかりに「ユーたち歌っちゃいなよ(by 柚姫)」ってことになるんだけど、「えー、そんな二人じゃ寂しくて歌えないですー」という流れから、なぜか「じゃあ、ユーも歌っちゃいなよ by ゆず」と菜緒ちゃんが無理矢理振られる形になり、歌詞カード渡されてくーちゃんとさきてぃと一緒にステージに残されてからの『15のメランコリー』。

ただこの曲そもそもくーちゃんとさきてぃの二人の曲だから菜緒ちゃんが入るところないw
それでも最初のハモりとかに参加したり、振りの途中で二人の間に入れてもらおうとしたりと菜緒ちゃん奮闘。しかし、くーちゃんとさきてぃガン無視w
そのうち、歌の最中なのに「ねえねえ、絡まないの~?」「一緒に歌おうよ~」と二人に話しかけ始める菜緒ちゃん。それでも二人はガン無視で歌い続けるw 遂には二人の目の前に立って一緒に踊ったり、「おねえちゃんだよ~、しゃちほこのおねえちゃんですよ~」とか甘え声で二人に話しかけ始める菜緒ちゃん。青推しとしては最高のものが見れました。あんな風に甘えた感じの菜緒ちゃんそうそう見れん。
っていうか、見てる方は笑いが止まらないのに、くーちゃんとさきてぃニコリともせず最後までよく歌いきったと思うわ。
結局最後まで二人と菜緒ちゃんが絡むことはなく終了。この演出は最高に面白かった。

で、その流れのままユニット曲に行くのかな、と思ったらステージに戻ってきたのは、ほーちゃん、ちゆ、柚姫。この三人ではて一体何を?と思ったら、いきなりほーちゃんが「上手。下手。センター。」ですよ。マジか!ゆずいるのに!
ほーちゃんの「もう一回」の掛け声に合わせて、会場みんなで「上手。下手。センター。」からの『私がセンター』ですよ!

前日のたこ虹に乱入した際にハルの代わりに入った柚姫が「同じ年だけど選ばせてよ」にしたのは聞いてたけど、今回もそのバージョンでした。
ほーちゃんは「イチゴ星でもないし、ペガサスでもないけど」になってて、そりゃまあゆずもペガサスなわけではないんだけどね、と笑っちまった。
そしてなにより、「ゆずも!」の代わりにほーちゃんのあの声で何度も繰り返される「ほのかもー!」がもうね、反則ですわ。可愛すぎます…。ぶっちゃけ、あの「ほのかもー!」だけずっと聴いてても2時間くらい飽きないかもしれん。それくらい可愛かった。
あと、2番のハルのパートを柚姫が「最近のあたしスゴくない?」みたいな歌詞に変えてたんだけど思い出せず悔しい。結構笑ったんだけどなあ。
そんなこんなで貴重な『私がセンター』を聴くことができて大満足でした。

で、今度はゆずが戻ってきて、ちゆと二人でLiSAの『crossing field』をカバー。ミューコミの時同様、1番だけでしたね。
いやーもう遊びに関しては満足かなー、と思ってたら階段の上に柚姫が登場しての『ロマモー』ですよww
カオスだったw 最後は全員出てきてジャンプにオタゲーに背面ケチャミューコミの遺産使ったなあw

正直普通だったら、持ち歌以外が連打されるとテンション下がったりするんだけど、今のしゃち、そして『私がセンター』の使い方とかで全然そういう空気がない。もちろん、これ以上続いたらわからんかったけど、今日に限って言えばテンション下げるどころかいいアクセントとして利いていたと思います。

とはいえ、くーちゃんとさきてぃはけてからは、しゃち現場らしくアゲアゲです。これまた久々の『ハイブリッド』に、『I'ts New 世界』、『そこプレ』、『777』の連発です。
そこからの『マジ感謝』も意外だった。おそらく今日はアンコールがないってこともあって、この『マジ感謝』でいったん締めに入るイメージだったんだろう。『マジ感謝』も鯱詣で久々に聴けた一曲ということもあって、またすぐに聴けると思ってなかったから今日のセトリは色んな意味で面白かった。

ここで、今日の感想タイム。ハルがいないってことで、基本的には次こそは6人で青年館やったるで、という話だったんですが、柚姫の「ストロベリー・グッバイ・フォーエバーズ」最古参宣言&ドヤ顔には笑ったw かなりムキになってたし。
年末から柚姫の頑張りというか前に出る圧が凄い。今日に関してはゆずの私がセンターがなかったこともあって、ゆずより柚姫の方が圧か強かったくらいだ。煽りも今日は柚姫が独り占め。本当に柚姫、成長したなあ。

アイドンケアでの柚姫の煽り「みんなー、アンセムだと思ったでしょー。でもなんか忘れてない? 俺の藤井だよー、スタダだよー」を聞く限り、千秋楽の俺のエビしゃち、ラストはアイドンケアで全員集合とかなんじゃないかな、と思った。ももクロ込みで。
「アイドンケアからのーアンセムでホントに最後だから踊ってね!」の合図で『アイドンケア』、からの『アンセム』。この組み合わせは本当にヤバイ。体力的にもヤバイけど、なんか脳がもう色んな意味でどうでもよくなるw

そんなこんなでとにかく楽しい時間だった。賞味1時間45分。そりゃ普段のしゃち現場から見たら短くも感じるけど、それでもセトリ、たこ虹乱入、私がセンターなど、刺激が色々あって、それでいてしゃち現場らしくアゲアゲで、これで楽しくなかったらなんだっていうの、という感じ。
セトリ的にはスタダボもスナイパーもピザですもないわけだが、今のしゃちにはそれに代わるチューンがいくつもあるってことだわな。気にならんかったよ。むしろハイブリッドやみそは久々な気がして楽しめた。

あと、気にしていた推しジャンは全然平気だった。まあ、2階のほぼ最後列ということもあったとは思うが。気持ちよく飛ばせていただきました。青年館だとあの位置でもよく見えるから飛び甲斐あったわ。

というわけで、普段なら距離が遠くて嘆きたくなるところですが、そういうことを忘れてさせてくれるだけのものが最近のしゃちにはある。鯱詣の時もレスは全然もらえなかったけど、そんなこと関係なく楽し過ぎたしな。
とにかくもう早く次の現場行きたい、という気持ちでいっぱいです。

去年と同じ、ハルがいない、という状況でも、やはり去年は想定していたからこそ良く準備されていたんだなあ、とは思った。さすがに今日はハルのパート抜けまくりだった。『シャンプーハット』のハルの早口パート、ほーちゃんが代わりだったんだけど、結局は「うにゃうにゃうにゃー」になってたしw だがハルのパート歌う菜緒ちゃんに向かって2回くらい推しジャンしちゃったから人のことは言えない…

2015年もまだ10日も過ぎていないわけだが、現時点で既に「2015年もう一度見たい名場面」に、さきてぃとくーちゃんに絡んでもらおうと甘えた声を出す菜緒ちゃんがエントリーされました。

セットリスト

0. 出囃子
1. でらディスコ
2. colors
3. いいくらし
4. 乙女受験戦争
<MC 自己紹介>
5. シャンプーハット
6. いただきっニッポン!〜おみそれしましたなごやめし~
7. エンジョイ人生
<たこ虹くーちゃん&さきてぃ登場>
8. 15のメランコリー(くーちゃん&さきてぃ from たこやきレインボー with 菜緒ちゃん)
9. 私がセンター(ほーちゃんセンター、ちゆ、柚姫)
10. crossing field(ちゆゆず)
11. ロマンティック浮かれモード(柚姫)
12. 勝手にハイブリッド
13. It's New 世界
14. そこそこプレミアム
15. トリプルセブン
16. マジ感謝
<MC>
17. アイドンケア
18. 抱きしめてアンセム

諸情報

  • チケット:5,800円(一般)
  • 座席:2階H列20番台

その他所感

まあ多分心配することではないと思うのだが、菜緒ちゃんが蹴り上げの振りの時に必ずフラつくのはちょっとだけ気になった。右足蹴り上げで左足のバランスがいちいちブレる。熱とか怪我とかじゃないといいんだけど。

そんなことよりしゃち現場にタオル忘れていくという自殺行為した自分反省しろ。おかげでろくに汗が拭けず、会場でた後、寒さで凍え死ぬかと思ったわ。

そして生写真、売り切れだった…。

関連リンク


しゃちほこ、5人で挑んだ初の青年館「次は6人で乗り込んでやるからな!」 - 音楽ナタリー


これでいいのだ!チームしゃちほこ、映画「天才バカヴォン」OPであの曲歌う - 音楽ナタリー