読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

武藤彩未 [OWARI WA HAJIMARI]

基本情報

  • アイドル名:武藤彩未
  • 開催日時:2014年12月27日(日) 17:00開場 18:00開演 20:00終演
  • 会場:赤坂BLITZ

感想

彩未さん、良すぎた。良すぎにもほどがあった。
多くの言葉を費やし過ぎると安っぽくなる気もするのでいつもよりは簡潔に。

今日の『宙』は間違いなく今年のベストアクトでした。彩未さんも素晴らしかったし、レーザーとライトの演出との完成度が美しすぎ。あれだけを何度も何度も見たいくらい。っていうかすぐに映像にしてくれ!
アイドル自身によるパフォーマンスだけが、ライブステージじゃない、ということを味あわせてくれる最高の演出だったなあ。完全に地蔵になって見惚れていました。あんな美しい場面はそうそう何度もお目にかかれるものではない。

こんなに美しいものが世の中に存在するのか、という。アイドルについての形容詞は可愛いが基本だけど、彩未さんの場合は美しいとしか言えない。※ただしトークの時は除くw(トークのときは「カワイイ」となる)

衣装も素晴らしかった。最初の衣装が白と銀でちょっと未来的。まさかの彩未さん茶髪で驚いたけど、衣装と髪型とはマッチしてた。少しだけ楠田枝里子っぽいと思ったのはナイショだw

二番目の衣装がカラフルで、本人がご満悦で見せびらかしタイムがあったりでこちらとしては眼福。ただ個人的にベストだったのはアンコール衣装。おみ足が、美しすぎました…シンプルな衣装なだけに彩未さんの良さが純粋に引き立った

『宙』の次に今日のお気に入りシーンは『Seventeen』のアウトロでの彩未さん百面相。あのときばかりは美しいというよりも可愛さが溢れ出てたなあ。

新曲の中ではパラレルワールドが好みだったかど、アルバムでちゃんと聴いたら変わるかも。あと、OWARI WA HAJIMARIのイントロでノリノリの彩未さんサイコーです。

そんな彩未さんですが、相変わらずトークの時とのギャップは健在で、トークのオバサンっぽさは通常運転。今日もやってくれましたよ「ちょっとあーた聞いてちょうだい」の手の振りw こういうところもまた彩未さんの良さだと思う。まぶしいほどの輝きばかりだと近づくのが困難だけど、トークの時の親近感がそれを容易にさせてくれる。

基本的にももクロレベルを除けば、派手な演出などがあまりないアイドルイベントに行くことが多く、それはそれでアイドル本来の持つパフォーマンス力などを見ることもできるし、演出が必須だとは思わない、というか演出がアイドル本来の持つ良さを台無しにしてしまうことがある、という事例を直近で見たばかりだったので、尚更そういう思いも強かったわけだが、この彩未さんのライブでは、「演出がアイドルの良さを引き出す」という素晴らしい現象が起こっていた。

こういうレベルのものを感じさせてくれるのは、あとはTPDくらいなわけだが、TPDが「ショー」という一つの形式だとしたら、彩未さんの場合は、あくまでも武藤彩未自身を引き立てるためのものだった。

どちらも非常に素晴らしい演出で特に、大掛かりなセットもなく、大量の人間を投入するわけでもなく、レーザー、ライト、プロジェクションマッピングを活用していることが共通点だが、そうしたものによって作り出される「世界観」がアイドルのライブの良さをいや増すことを体験できたことは素晴らしい経験だったと思う。

まあ、それも全て武藤彩未、というスペシャルな存在があってこそのものなんですけどね。

にしても、見ている場所がセンターの縦バーという位置だったので、彩未さんを見るために、2時間ほとんどずっと体を傾けながら見ていたので、彩未さんから見たらおかしな体勢でずっと見ている変な客がいるなあ、という風に見えていたに違いない。

それでもまあ、彩未さんをセンターから表情がわかる距離で見れたので大満足ですけどね。

 

セットリスト

1. A.Y.M.
2. Seventeen
3. Doki Doki
4. 桜 ロマンス
5. 宙
6. とうめいしょうじょ
7. ミラクリエイション
8. パラレルワールド
9. RUN RUN RUN
10. 交信曲第1番変口長調
11. 彩りの夏
12. 明日の風
<アンコール>
13. OWARI WA HAJIMARI
14. 永遠と瞬間
15. 女神のサジェスチョン
<ダブルアンコール>
16. OWARI WA HAJIMARI

諸情報

  • チケット:4,500円(ワンドリンク+500円)
  • 座席:オールスタンディング(センター縦バー付近)

その他所感

ダブルアンコールのOWARI WA HAJIMRAIの時に、興奮し過ぎたキーボードのnishi-kenさんがキーボードごと倒れる、というハプニングが。どうやらお怪我はなかったようですが、ビックリした。でもまあnishi-kenさんの興奮も理解できるくらい素晴らしいライブでした。

2015年4月29日に武藤彩未バースデイライブが渋谷公会堂で行われます。19歳ということもありますが、多くの人に来てもらうためというのがおそらくは第一義の理由で、チケット代はなんと1,900円です。
ハッキリいって、絶対に損はしない。それどころか、今見ておくべきアイドルだとまったく信じて疑わないので、皆さん是非チケットを買って行きましょう。誓って本当に素晴らしいものが見れると思いますよ。