読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

ベイビーレイズ 第1回「虎虎カルチョ」

基本情報

感想

2014年最後の虎ノ門道場であり、2014年最後のベビレ現場である。
9月18日に初めての虎ノ門道場に訪れ、また、これが単独での初のベビレ現場にもなったわけだが、そこから約3ヶ月。虎ノ門道場に7回通ったことになる。9回行われたうちの7回であり、今年通ったアイドルイベント会場としても最多となった。
それだけに虎ノ門道場に対する思い入れは強く、これが今年最後になるのかと思うと寂しいというか感慨深いというか複雑な気分。

武道館後にベビレメンバーに会える初めての機会ということもあるし、これを逃すと年明けまで2週間以上ベビレに会えなくなるので、どうしても会いたくて、事前にポイントを利用しての優先整理券を申し込んでいたわけだが、眠気のせいで5ポイント使うところを5口(25ポイント)も使ってしまった。
おかげで、これまで最高の整理番号を取得できたわけだが、周囲がTOだったりおまいつの人たちばっかりだったので、並んでいる間ひたすら肩身の狭い思いをしていたのはナイショだ。
整理番号のおかげもあって、椅子席のセンター3列目に座ることができた。

で、MR.カトゥー登場からの開幕。今日はもしかしたらサンタコスとかあるかも、と思っていたのだが、いつものTしゃつに短パン姿だった。まあ、虎ノ門道場らしいといえばらしいか。

虎虎カルチョの前に、まずは年末らしくベビレメンバーの今年を表す漢字一文字は、という企画。
発表順にそれぞれ、
りおトン「来」
いいことも悪いことも色々来たそうなw 悪いことについてはさすがに言及なし。あとなぜか、一本線を消せば「米」になる。という意味不明な理由も。
リコピン「決」
高校も卒業間近で進路を決めなくてはいけない。そんな中での武道館達成でこの先もベビレを続けることができることが決まり、芸能界で生きていくことを決めた、とリコピンの強い宣言。
でんちゃん「感」
まずは感謝。その他にも色々と感じることが多かった年である、というところがでんちゃんらしいなあ、と。
なおすけ「己」
自分を見つめなおしたり、自分という人間を理解した一年、とのこと。確かに最近のなおすけにはそういった発言が多い。
愛夏っちゃん「前」
後ろは振り返らないし、止まっているわけにもいかない。前だけを見つめて、というところが愛夏っちゃんらしい。

ちなみにMr.カトゥーは「道」。ベビレの歩んできた道、そして道場、そして武道館、全部「道」という文字が入っている、と、意外にうまいこと言ってたw

で、いよいよ虎虎カルチョ
虎虎カルチョとは、虎虎タイガーのCDを購入すると、CD1枚につき1枚の投票券が入っており、それを使って出題された問題(メンバー一人につき一問)に答えて、5問全て正解すれば商品(メンバーの目覚ましボイス)がもらえるという相変わらずベビレ運営の大好きなギャンブル企画である。私は20数口注ぎ込みました。

リコピンの虎虎カルチョはまあ、予想通りまずプチトマトが消えてくれた。ここは完全に無しと読んでいた。ゼリーとジュースは読みきれなかったから半々で賭けたんだよなあ。結果的にはゼリー。一口食べるごとにダメになっていくリコピンが面白くて可愛すぎた。最後は頑張ってCMっぽくしてたしw

なおすけがなあ、さすがにそこまではないだろ、と思っていたのが甘かったよ。しかも途中のコメントは期待持たせるしw なおすけ自身が深読みしすぎて自爆した感じ。だがまあ今日イチ笑ったから良し。マジでなおすけネタにハズレなし。

愛夏っちゃんはまったく読めず、3択均等に分けた。シチュエーション的にあれだとおしるこはないわな。まあ、ここは運に賭けるしかなかった。でも何よりもいつもと違う愛夏っちゃん見れたし、可愛かったから良しとする。

でんちゃんのフリースローは、でんちゃんを信じつつも5本連続は相当厳しいと思っていたので、3と4を軸にしており、結果3本連続は悪くない結果だった。フリースローライン中学生と大人は多分違うし簡単じゃないよ。でんちゃんのシュートは綺麗にバックスピンかかってて、さすがだなと思った。

りおトンパシリカルチョに関しては誰が頼むのかは重要だったと思う。その点で愛夏っちゃんに頼まれ(おねだりされ)たらりおトン断らないでしょw その後の愛夏っちゃんとでんちゃんのリアクションが最高だったなあ。

そんな愛夏っちゃん大好きなりおトン、いつにも増して愛夏っちゃんとイチャついて(またほっぺにチューした)、しかも必ずドヤ顔を見せる。センターに座っていたので、そのドヤ顔がまるで自分に向けられたかのように感じ、なんかりおトンに怒られるようなことしただろうかと不安になる自意識過剰系オタ

虎虎カルチョは外れたけど、楽しかった。
ドッキリのネタばらしの瞬間とか、りおトンがまさかの一人で買い物行くシーンとか、とにかくビックリしたときの愛夏っちゃんの目が見開くところ、最高に好きです。マンガみたいなんだもんw
愛夏っちゃんが自分の虎虎カルチョの時、箸でスイートポテト食べるところやミカンを甘くしようとして投げまくってるところを映像で見て照れまくっている姿が今日のベスト愛夏っちゃん賞

にしてもダービーもカルチョもなおすけにやられている…今後は色んな意味でなおすけを信じよう。なおすけなら、なおすけならやってくれる!的な思考大事。マジでやらかしてくれるからなw そういうところが大好きだよなおすけw

ちょっとだけ心配していた虎ノ門道場の今後も、来年も引き続き開催されると知ってホッとした。まあ、整理券の争いは激しくなるかもしれないが。虎ノ門道場があるとないとでは全然違うからなあ。虎ノ門道場がなければ間違いなくここまでベビレにハマってなかったと思う。

そんな虎ノ門道場、Mr.カトゥーからの重大発表というのがいったい何かと思ったら、カトゥーが師範代に昇格し、新たに、O田さんとA木さんが来年から師範代代理としてステージに立つ、とのこと。お二人がまったくの寝耳に水だったらしく、特にA木さんは本気で嫌がっていたのが笑えたw

そんなわけで、自分でも信じられないことだが、ももクリを干して、虎ノ門道場にきたわけだが、悔いはなし(まあ、ももクリ二日目の内容聞いてグギらなかったといえば嘘になるけど)。
なにより愛夏っちゃんに会えてハイタッチだったけど直接言葉も交わせて良かった。いいクリスマスだったなあ。まあ、認知の魔法は既に解けてるっぽいけど…。

来年も当然、虎ノ門道場には通うことになるだろうし、余程のことがなければ最多参戦会場になるだろう。今年は3ヶ月の間だけでしたが、本当にありがとうございました。

ベビレメンバーに2週間以上会えないのは、ベビレにハマってから初めてのことなので、正直この期間のベビレ断ちはとても寂しい。SHOWROOMの放送とかもないし。

それでも、私が出会ってからの3ヶ月間だけでも、本当に休みなく突っ走ってきた彼女たちにはひと時でも休息の時間と、一度足を止めて考える時間も必要だと思うので、この年末年始はゆっくりと休んで欲しいと思います。
そして、来年もまた素敵な笑顔を見せて欲しい。それを楽しみにしています。

3ヶ月間ではありますが、愛夏っちゃん、リコピン、でんちゃん、なおすけ、りおトン、本当にありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。

セットリスト

1. クリスマスがライバル
2. 虎虎タイガー!!
<アンコール>
3. ハッピーエンドレス

諸情報

  • チケット:無料
  • 座席:椅子席センター3列目(優先整理番号予約当選 整理番号10番台)