読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

ベイビーレイズ ミニライブイベント@マルイシティ渋谷

http://instagram.com/p/umlKiiGriK/

基本情報

感想

これまでのアイドル現場の中でも1、2を争う神現場になった。
それというのも最前を取れた、ということに尽きると思う。

出かける前にタイミングを図ったように通販で購入していたでんちゃんTシャツが届いた。これはもう着ていくしかないでしょう。
13時から整理券配布(CD予約開始)だったので、12時半ちょっと前くらいに現場に着いたら、前に15人ほど並んでいた。悩んだ(そんなに悩んでない)末に握手と6shot両方申し込むことにする。いやお前6shotはもう撮ったからいいとか言ってたちゃうんかい!と言われそうですが、この日の6shotはですね、チェキではなく、写メということで自分のスマホとかで撮れるんですよ。要するに画質が違うし、デジタルで残せるんですよ、しかも今回のリリイベでは今のところ写メはこの日しか予定されていないんですよ、そしたら撮るでしょフツー? まあそゆことです。

整理番号はランダムで、引いたら29番。悪くない、悪くないよ。
後から来る友人のために、並び直して今度は友人の握手分だけ購入。整理券引いたらこれが驚きの230番台。マジか。というかこの場所に200人以上入るのか?ありえん番号。マジ凹む。
友人と合流して事情を説明したら、早い番号を譲ってもらえたので(マジ感謝)、整列時間になって並んでみたら29番なのに実質は8番だった。ランダム配布ということでかなり抜けがある。
で、前の人たちと「推しは誰?」という話をして最前の配置をおおよそ相談して入場。私はでんちゃんとまなっちゃんの二人推しで、真ん中辺りはさすがに取られていたので、でんちゃんとリコピンの間くらいに立つ。

近い。近すぎてヤバイ。ステージまで約60センチです。リリイベとはいえ、この近さはそうない。マルイシティのスペースの狭さが幸いしました。運営の人が「あんまり前に手を出さないでね」と注意するレベル。そりゃそうだ。これなら下手すりゃ触れちゃう。この近さを自覚してから超緊張。もともと神経が太い方ではないし、目線も合わせられないタイプなので、こんなに近くで目線とか合ったらどうしよう、と心臓バクバクでした。
隣の方とも「マジ近いっすね」と二人で興奮しながらいざ出番を待つ。

まずはリハってことで5人が登場。うわー、近すぎる。でんちゃん目の前。リコピンすぐそこ。まなっちゃんも近い。それこそ、上手のなおすけとりおトンですらよく見えるんだからこれはもうヤバイでしょ。
で、リハなんですが、マルイシティのステージは奥行きがなく、虎虎タイガーで5人が縦並びになるフォーメーションとかがキツイ。先頭のリコピンはステージから落ちないように必死だし、最後尾のでんちゃんは後ろのボードに当たりまくり。それでもなんとかギリギリ並べるという感じ。でんちゃんのマイクが何度かボードに当たって音がしてたけど。
この時に、ほーう、と思ったのは、りおトンがフォーメーションの心配をすごくしていて、「しゃがめる?」とか「流れで一回やってみようよ」と積極的に意見を出していたこと。ダンスが苦手だからこそ、というのはあるのかもしれませんが、こういう場面でしっかりと意見を言っているりおトンちょっと見直した。
ちなみにリハ曲は虎虎とディセンバーでした。

リハ終わって10分もしないうちに本番。メンバー登場で改めてその近さに泣きそう。
1曲目は恋パニ。もはやダンスレッスンのような近さで振りコピ。楽しすぎる。「ちょっと待って」の振りででんちゃんやまなっちゃんと手を振り合ったりできるなんて夢心地。
そして2曲目のディセンバーで奇跡は起こりました。サビの「ハートはサバイバー」のところで、手をガオーポーズにして前に出す、という振りがあるんですが、位置的にでんちゃんと真正面から向き合う形になって、互いに手を出すことになるわけです。それだけでも楽しいのに、ラスサビでのこの振りの時に、でんちゃんが私と目を合わせつつ、手の位置を調整して触れ合わんばかりの位置に持ってきてくれるんですよ。なんだこの幸せの絶頂。目を合わせて手を(ほぼ)合わせて、その振りが終わった時に「よし!」って感じででんちゃんが笑いかけてくれるとか。半分天国の門をくぐりました。

その後も近さゆえの幸せを満喫。リコピンとまなっちゃんの汗、でんちゃんが上着を煽る度に見える身体のライン(エロ目線ではない、と思いたい)、なおすけやりおトンがこっちに来た時に見せる普段は気づかないような仕草(結構いろいろやってる)、そういったものが全部見える。大袈裟ではなく息遣いすらも聞こえるわけで、こんな幸せな現場そうないですよ。

渋谷の街中ということもあり、運営からも「声は7割で。ジャンプはなし」と言われていたのが逆に功を奏して見ることにもかなり集中できた。ベイビーレイズのサビの一発目で我を忘れて一度だけ跳んでしまったのはナイショだ。

いやもうホントに楽しかったというか幸せでした。終わった後も興奮冷めやらず隣の人と「マジヤバかった!」連発。ディセンバーでのでんちゃんとの遣り取りも見えていたらしく、「あれは凄かった」と言ってもらえたので余計に嬉しくなる。

そういや、退場の時になおすけが「ベビメタさんの宣伝トラック走ってたなー」と言いながらはけていったのが笑った。

興奮状態のまま握手会に入るわけですが、場所が丸井の9階のイベントスペースになるということで、前の人から誘導される。結果的に握手の順番は2番になってしまった。イベントスペースでは他のイベントもやっており、なぜかキン肉マンがそこにいた。
握手会の場所に移動する途中のでんちゃんがそれを目ざとく見つけて、「キン肉マンがいるよ!」と言ったら、キン肉マンが握手会会場に呼び込まれて、キン肉マンが鍵開けになるという珍事w
私の隣で本来鍵開けになる予定だった人が「キン肉マンの後とかハードル高すぎる…」と言っていたけど完全に同意。2番目で助かった。

握手はもう、「最前最高だった!」という話に終始。さすがにメンバーも最前にいたことは見えているので、話もスムーズだった。あ、順番はいつもの、リコピン→でんちゃん→まなっちゃん→なおすけ→りおトン、でした。
リコピンも「近くて楽しかったねー」と言ってくれたし、みんなのテンションも高めだったのはメンバー的にもあの近さは興奮したってことなのかな、と思った。
そしてでんちゃんです。もう前に立って挨拶した瞬間に目を合わせ、手をガオーにして「これ楽しかったね!」と二人で興奮。握手忘れてた。これ、着てきたよ、とTシャツ見せたら「そうそう!嬉しかったんだー」と言ってもらえただけでもう天国の門75%くらいくぐった。
なっちゃんには、こんなに近くでまなっちゃんを見ることができて最高に幸せだった、と言ったら「えー、そんな、なんでですか、もうー」と照れまくる姿がまなっちゃんらしくてそれがまた可愛すぎる。まあ言ってしまえば握手の時の方が距離は近いんですが、パフォーマンスしている姿とはまた別ですからね。特にまなっちゃんはパフォーマンスしている時と素の時の違いが大きいから余計に。あのまなっちゃんの真剣な目を間近で見れたことが嬉しい。
なおすけには、チャリンコの時のわちゃわちゃで色々メンバーにちょっかいだしてたのがまた面白くてその話したら「見てました?」いやそりゃあの距離なら見るよw
ディセンバーの振りの途中、まなっちゃんとりおトンが向き合うネタの時にりおトンがまなっちゃんの髪触ってたから何してたの?、と聞いたら「ゴミ付いてたから取ってあげた」というりおトン大物。曲の最中にゴミ取るとか。

そんなこんなで最高の握手会を終えて、6shot待ち。興奮しすぎてTwitter連投してた気がする。
で、6shotになって(こっちは3番目)、まなっちゃんの手前、でんちゃんTシャツ露骨に見せてしまうのはアレだな、と思い上着で前を隠しつつ配置について、撮る段になって上着を開けて写真撮ったら、撮り終わった瞬間、なおすけに「誰T?誰T?」と聞かれ、焦りながら、「今日は」でんちゃんTです、と「今日は」を強調して返事してみました。でんちゃんが「そうなのー」と合わせてくれたのは嬉しかったけど、もう早いうちに二人には二人推しであることを告白しといた方がいいなと思った。心臓に悪すぎる。

6shotが始まる前のスタンバイ時間、まなっちゃんがちょっとおねむになっていたのだが、そのポーっとした表情がまた最高に可愛かったのは言うまでもない。

そんなこんなで、なんだったんだこの幸福ゲージレッドゾーン状態、というイベントは終わったわけですが、この日は1時間後に次の現場あるってのに正直頭がなかなか切り替わらなくて困った。思い出反芻するだけで顔はニヤけてくるしで、多分相当怪しい人だったと思う。

最前という点では今年三回あったわけだけど、近さ、レスという点で今回が最高だったなあ。あとタワレコ渋谷地下での菜緒ちゃんソロイベント。あれも近かったしレスもらったし最高だった。甲乙つけがたし。
しかしまあ、今日はなんと言っても、でんちゃんとのサバイバーだな。あんなにアイドルと気持ちが通じあったのは初めてだ。今でもでんちゃんが笑顔で視線合わせながら手を近づけてくれる姿が脳裏に焼き付いて離れないっす。

今週末の関西は行けないので、次にライブらしきものがあるのは11月後半(虎の門道場は除く)。距離はともかくしばらくこういう楽しさが味わえないのは残念ですが、この日の記憶でしばらく食い繋ごうと思います。

セットリスト

1. 恋はパニック
2. 暦の上ではディセンバー
3. チャリンコ・アイドル
4. 虎虎タイガー!!
5. ベイビーレイズ
6. 虎虎タイガー!!

諸情報

  • チケット:フリー
  • 座席:オールスタンディング(最前下手)
  • 全員と握手および6shot(スマホ

その他所感

結果的には230番台の整理券も100番以内で入れたみたいなので友人にはなんとか面目が立ったと思いたいわけですが、それにしてもちょっと抜けがありすぎというか、つまりはやや人が少なかったな、と。優先エリアが埋まらないってのは心配です。
連日のリリイベってこともあるので、どうしてもバラけてしまっているのだとは思うのですが、やはり埋めてあげたい。
もっともっとベビレを広めるお手伝いをしないと、と改めて思いました。

あと公式が上げてる写真にはばっちり写ってたな。まあ最前だから仕方がない。

 

虎虎タイガー!! (初回限定盤B)(DVD付)

虎虎タイガー!! (初回限定盤B)(DVD付)

 
虎虎タイガー!! (初回限定盤C)(DVD付)

虎虎タイガー!! (初回限定盤C)(DVD付)