読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

モノノフからDDへ

ももクロ一筋だったモノノフがDD化していく軌跡を綴ったブログ

東京女子流 目白大学 新宿キャンパス 第46回「桐和祭」

基本情報

感想

同じ日に別の大学で行われていた学園祭にベビレも出ているので、そちらに行きたい気持ちはあったものの、この歳で学園祭に一人乗り込むというのはあまりにも恐ろしく、同じ学園祭でも同行者のいるこちらに出掛けてみました。まあ、早いうちに女子流の現場にも行ってはおきたいと思っていたので渡りに船ということもあった。

で、現場に着いてみたら早速友人に会うわけだが、会うなり「買っておきましたよ」と握手券を渡される。
ちょっと待て、私がいつ握手すると言ったよ。いやまあしないとも言ってませんけど。とりあえずはまあライブ見てから、といいつつ握手券は受け取っておく。

リハーサルが始まって、リハの一曲目がなんと『ちいさな奇跡』! やった!この曲大好き!これが聴けるだけでもう大満足。前日のチビッ子祭りから「小さい」に恵まれてる(意味不明)。
そこからもう2曲リハーサルがあって、結構な曲数やりそう。期待大。
衣装は@jamの時にも見た赤白衣装だったんですが、できれば違う衣装が見たかったかな。女子流の衣装にハズレなしなので、できるだけ色んな衣装が見てみたい。

いよいよライブ開始。『Rock you!』でいきなりアゲてきたんですが、振りについていけずドギマギ。こういう新しい現場ならではのドキドキってのも最近では嫌いではなくなってきたけど。
まあ、学園祭ということもあり、私以外にも完全には付いていけてない人も結構いたし、置いていかれる感は少なかったのでよかった。両隣は強オタの友人だったけど。

学校という場でこれ歌うのかな、いや歌わないだろう、と事前に思っていた『Partition Love』を歌うとわかって、ほほう歌っちゃいますか、と思った。ゆりちゃん推しとしては嬉しいんだけどね。
『Say long goodbye』は先日公開された動画見て、ゆりちゃんシャウトからの導入と知っていた(リハでもやったし)ので、これまたゆりちゃん推しとしては聴くことができて嬉しかった。
んでもってラストに『ちいさな奇跡』ですからね。自分でもよくわからないが、本当にこの曲はいい。ダンスに関してもステップがとにかくカワイイし、実際に見ることができて言うことなしでした。
『ちいさな奇跡』に関しては楽曲紹介で別記事書いてるのでそちらも参照していただければ。

位置的にゆりちゃんのゼロズレで、私の身長のせいもあって、ひーちゃんとめいてぃんは何とか見えるけど、あーちゃんとみゆちゃんが見づらい位置だったのが悔やまれる。やっぱ身長順で並ばせて欲しい。

とまあフリーの学園祭ライブとしては文句なしの満足感でした。

赤白衣装はお腹が出てる衣装(なんか連日そんな衣装の話してますが)なんですけど、めいてぃんの細さが凄すぎてビックリでしたよ。反ったポーズとかすると肋骨浮き出てくるもんだから心配になるほどでした。
ゆりちゃん推し(予定)としてはいつかはゆりちゃんからのレスもらいたいな、と思わせるくらいにステージ上のゆりちゃんはレスしまくり、笑顔振りまくりでした。メッチャ羨ましい。
ステージがグラウンドにあったせいもあり、やや砂が舞う中、目をしぱしぱさせたり、ギューっと瞑ったりするひーちゃんが超可愛かった。
MCで告知をしている途中、ナチュラルに「髪の毛ボッサボサ」という言葉を差し込んでくるめいてぃん。ちくわ大明神並の「なんだ今の」感でしたわw

で、結局はその後の握手会には行きましたよ。ちゃんとした女子流現場は初めてなのに。まあ友人も行くというからそんなに緊張はしなかったけど。
私の前で友人がいじられているのを羨ましいのかなんなのかよくわからない心境のまま、握手をしてきました。順番はステージでの並び順どおりで、今日は右側からだったので、めいてぃん→ゆりちゃん→ひーちゃん→みゆたん→あーちゃん、でした。

女子流メンバーは本当に華奢。めいてぃんが細いというのは書きましたが、それ以外のメンバーも細いし、骨格的にも太くない上に身長もそんなにないのでなんかもう割れ物のようでした。握手も全員とても柔らか。
さらに他の現場とは一味違った落ち着いた雰囲気の握手会でした。握手会って比較的テンション高めのところが多いと思うんだけど、そういう空気はほとんどなかったな。会場のせいもあるのかもしれないけど。
お話の内容としては今回はもう単純に、初めてです、というご挨拶と今度ライブ見に行きますね、というくらい。時間も短かったし。
ひーちゃんには、最近ひとみぼっちの昔の動画を沢山見てます、と言ったら「えー、そうなんだ」というお返事をいただきましたが。というか、ひーちゃんの眩しさね。同行者によると今日は調子がいい方のひーちゃんだったみたいだけど、ニコーーー、って感じで笑いかけてもらうとそれだけで背後に光輪見える。よく拝まなかったオレ。
テンション高めな握手会に慣れてしまった(慣れるってのもどうなんだよ、と思わなくもない)身としては、会話を弾ませるとか結構大変だなと思いつつも、この落ち着きようはさすがはキャリア4年ってことなんだよな、とも思わせられましたね。自分が今行ってる現場はほとんどまだ2年とか1年とかのところだからなあ。

そんな感じで大変満足しつつ、12月の渋谷公会堂に行きたいけど、時と金の問題からどうするか激しく悩んでいる。日程的に今のところ空いてはいるっちゃあいるんだが…12月はとんでもない現場数になっとるからな。でも見たい…。

セットリスト

01. Rock you!
<MC>
02. Partition Love
03. 孤独の果て
<MC>
04. existence
<MC>
05. Say long goodbye
<MC>
06. ヒマワリと星屑 英語ver
07. ちいさな奇跡

諸情報

  • チケット:フリー
  • 座席:オールスタンディング センターやや上手前から10列目くらい
  • 握手会:全員

その他所感

会場が会場ってこともあるけど、下手に騒ぐオタとかいなくてよかった。場所的には若い人が多いはずなのに、それでもああいう感じの現場なら、女子流現場は楽しそうだな、と素直に思いました。

女子流とは関係ないけど、ベビレの現場ソロ参戦が続いているのはちょっと精神的に辛いな。知り合い欲しい。TPD界隈の知り合いは今日もひとり増えたのでだいぶ充実してきたけど。

 

Say long goodbye / ヒマワリと星屑 -English Ver.- (両A面)

Say long goodbye / ヒマワリと星屑 -English Ver.- (両A面)